MacBook Air / Pro の中古を失敗せず短時間で初期化する方法

MacBook の初期化方法・手順を紹介。初期化に失敗する・初期化できない時の対処も掲載。初期化の注意点や下準備(バックアップ)~初期化後のhigh sierraへのOSクリーンインストールの手順も解説しています。

MacBook を初期化する方法

MacBook の初期化をする手順としては①バックアップ(必須)②サインアウト③ペアリング解除・・・>初期化が基本です。

【下準備】バックアップ・サインアウト・ペアリング解除

初期化をする前には、バックアップが必須ですが、バックアップをするには MacBook とは別売の外付けストレージデバイスが必要になります。

MacBook のバックアップで使える外付けストレージは

  • 外付けHDD(ハードディスクドライブ)
  • Air Mac Extreme ベースステーション
  • Air Mac Time Capsule

などがありますが、Amazonで販売している一般的な外付けHDD(6000円程度)などでOKです。

Time Mac hineアプリを使ってバックアップを取っておく

外部ストレージメモリを用意したら、 MacBook の「Time Mac hine」アプリでバックアップを取ります。

  1. 外付けHDDを MacBook につなぐ。
  2. 「バックアップディスクを暗号化」(推奨) を選択。
  3. 「バックアップディスクとして使用」をクリック。
  4. 「バックアップ完了」が表示されたらOK。

 MacBook Pro/AirをTime Machineでバックアップ復元する方法と使い方!

iTunes/iCloudからサインアウトする

iTunesのサインアウト

  1. iTunesを起動。
  2. MacBook の画面上部にメニューバー>「Store」>「このコンピュータの認証を解除」

iCloudのサインアウト

  1. Appleメニューを選択。
  2. 「システム環境設定」を選択。
  3. 「iCloud」を選択。
  4. 「 Mac を探す」のチェックを外す。
  5. 「サインアウト」を選択。

iMassageのサインアウト

  1. メッセージApp>「環境設定」を選択。
  2. 「アカウント」を選択。
  3. 使用しているiMessageアカウントを選択し「サインアウト」を選択。

Bluetoothデバイスとのペアリングを解除する

キーボード、マウス、トラックパッドなどの Bluetooth デバイスを Mac とペアリングしていて、これらのデバイスを今後も使う場合は、ペアリングを解除しておきます。この手順は必須ではありませんが、実行しておけば、コンピュータと Bluetooth デバイスの持ち主が変わった後でお互いが Bluetooth の通信範囲内に入ってしまっても、Mac で誤入力が起きる事態を防げます。参考:Apple

  1. Appleメニュー>システム環境設定
  2. 「bluetooth」を選択。
  3. デバイス横の「×」をクリック。

【手順】 MacBook 初期化

作業前に電源アダプタで電源に接続されていること、インターネットに接続されていることを確認してください。

  1. アップルメニュー>「再起動」を選択。
  2. グレイの画面が表示されたらすぐ「Commandキーを押しながらRキー」を押す。
  3. 「ディスクユーティリティ」>「続ける」を選択。
  4. 左側にあるハードディスクを選択>「消去」を選択。
  5. 「フォーマット」メニュー>「 Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択。
  6. 名前を入力して「消去」を選択。
  7. 「ディスクユーティリティ」>「ディスクユーティリティを終了」を選択。
  8. 「OS X を再インストール」>「続ける」を選択。

初期化に失敗する例と対処法

初期化に失敗する事例として多いのが下の2つです。

  • エラーコード「2002F・2003F・2006F」が表示される
  • 「このOS Xインストールアプリケーションを検証できません」と表示される

いずれも手動の設定で解決できるので参考にしてみてください▼

エラーコード「2002F・2003F・2006F」がでる

エラー,2002Fこの3つのコードが出ている場合は、インターネットの接続環境に問題があると考えられます。

この場合は、自宅以外(スタバ・マクドなど)の別のWi-Fiを使って1度ネット接続することで解決できます。

ポケットWiFi端末やiPhoneのテザリングでインターネット接続する方法もあります。

 

エラーメッセージ「このOS Xインストールアプリケーションを検証できません」がでる

旧OSをUSBなどからインストールしようとした場合、インストーラーが認識している日時よりOSが古いと表示されるエラーです。

この場合は「インストーラーの日付を指定の日時まで手動で戻す」ことで解決できます。

インストーラー>ユーティリティ>ターミナル>日付を入力

High Sierraをクリーンインストールする方法

コメントを残す