格安SIMの選び方とおすすめ比較ランキング2018!口コミ評判

この記事は約 18 分で読むことができます。

最近増えてきた、MVNOサービス。今回は3つのMVNOを比較してみました。あなたにおすすめのSIMカードはこれだ!格安SIMやSIMフリースマホ端末、MVNO(仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator))など、最近はCMの露出も増え使い始めている方も相当増えましたね!月額利用料が大幅に節約できますが、「音声通話プラン、速度プランが複雑すぎてどれを選んだらいいかわからない!」「業者がたくさんありすぎてよくわからない!」「専門用語ばかりでめまいが…」「通話オプションやかけ放題オプションがありすぎて選べない」「音声通話プラン・データプランの違いがよくわからない」といった理由で乗り換えられていない方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方のために格安SIM、MVNOの失敗しない選び方とおすすめの格安SIMをランキングで紹介していきます!

sim

 

↓今すぐランキングに移動する!

 

Sponsored Links


迷わない!自分に合った格安SIM選び5つのポイント!

1.SIMの種類はどれにする?

2.どれくらいデータ量を使用するか?

3.通信速度を選ぶ!(ネットやアプリ速度の使用感)

4.料金の安さ

5.SIMカードのサイズ

 SIMの種類はどれにする?

◆通話・アプリ・電話のすべてを使いたいなら?

→『音声通話SIM』

音声通話を重視する人は次のポイントにも着目!

  • 通話定額プランやかけ放題プランがあるかどうか?
  • 今の番号を使えるMNPに対応しているか?

◆アプリとネットだけを楽しみたいなら?

→『データ専用SIM』

◆LINEやTwitter,YouTubeなどの特定のSNSやアプリをよく使うなら?

→『カウントフリー』のあるSIMを選ぶ!

カウントフリーとはデータ量としてカウントしない、ということ。たとえばLINEモバイルの場合にはLINEアプリの通信データをカウントしないのでどれだけ使っても値段は基本料金のまま。今回の記事で紹介しているBIGLOBE SIMの場合にはYouTubeやApple Musicなどがカウントフリーになる月額サービスを提供しています。カウントフリーSIMのまとめはこの記事の最後にまとめています。

 くらいデータ量を使用するか?

◇まずは現在のデータ使用量をチェックしよう!

キャリアの場合にはそこそこ大きなデータ量のプランに加入していないとデータの繰り越しができないということがあります(SoftBankの場合には5GB以上のプランしか繰越せない)が、格安SIMの場合にはほとんどの場合、最低データ量プランから翌月へのデータ繰り越しOKなのがGoodポイント。月々のデータ使用量に差があるという人でも無駄なくデータを消費できます。

各キャリアでの データ使用量確認方法はこちら。

SoftBank

Myソフトバンクにログイン > 『ご利用のデータデータ通信量を確認』> 『確認する』

※過去のデータ通信量はwebの利用明細の詳細から確認できます。

au

お客様サポート『昨日までの利用料金・データ通信量の確認』にログイン > 『LTE通信量合計』

※過去のデータ通信量はwebの利用明細の詳細から確認できます。

docomo

dメニュー > 『お客様サポート』> 『料金・通信量などの確認』> 『ご利用のデータ量確認』

※過去のデータ通信量はwebの利用明細の詳細から確認できます。

大体の通信データや通話量を確認したら、自分にあうSIMを見ていきましょう!↓↓

格安SIMデータ通信プランの種類

SIM会社からリリースされているデータプランの種類は主に3つ。

  1. 一日定額プラン:毎日のデータ上限が決まった量に設定されているプラン。(OCNモバイルONEなど)
  2. 段階定額プラン:従量制で使った分だけ月額で支払うプラン。(FREETEL-SIM / b-mobile)
  3. 無制限プラン:上限を気にせずネットを使えるプラン。ただしお値段は少し高め。

毎日同じデータ量を消費するという人であれば一日定額のプラン、週末や旅先などで通信量が変動するという人であれば段階定額プラン、月のデータ量をかなり消費する見込みがある人は無制限プランなどがオススメ。

 速度を選ぶ!(ネットやアプリ速度の使用感)

回線速度はそれぞれの格安SIMや時間帯、(昼の12時前後はどのSIMもスピードが遅くなりやすい)や端末のスペック(LTE SIMフリー端末かどうか)などによっても変わりますが、今回の記事ではそれぞれMVNO事業者のサイトで公式に発表されている速度数値(最大速度)を記載しています。

Q. 通信速度の『上り』と『下り』、かなり数値が違うけど?

通信速度は『下り』(受信速度)をチェックしよう!

上り・下りの速度が○○Mbpsと書かれていることが多いですが、ほとんどの場合は『下り』、つまり受信速度をチェックすればOK。ネットでサイトを見たり、動画や音楽を視聴・ダウンロードする場合に関係するのが『下り』速度です。(※かなり重いデータをネット上にアップロードしたりする場合を想定している人は『上り』もチェック!)

高速通信は75Mbps以上、低速通信は200Kbps前後と言われますが、どの程度の違いがあるのか具体的に言うとこんな具合↓

  • 高速通信(75Mbps):メールや写真の読み込みはもちろん、動画や写真の多いwebサイトの読み込みで止まることはない。
  • 低速通信(200Kbps):メールやLINEのみでは問題なく読み込みできるが写真の読み込みには多少時間がかかる。埋め込み動画やYouTubeの読み込みはかなり重い。

200kbpsと75Mbpsの違いを見たい人はYouTubeに動画が出ていますので参考にしてみてください↓

200kbpsの読み込みスピード↓

75Mbps(LTE)の読み込みスピード↓

 の安さ

格安シムは基本的に大手キャリアプランに比べるとどれも安いところが魅力!自分の月のデータ通信量に大体予想がつくという人はちょうど良いデータ量のついたプランをチョイスすればOK! 大きな価格帯でざっくり分けるとこのような感じ↓

  • 月額1000円以下のプラン:月3GB程度
  • 月額1500円程度のプラン:月5GB程度
  • 月額2500程度のプラン:月10GB程度

これに音声通話を付けたい人はここに500円プラスくらいになると考えておけばOK。

 カードのサイズ

格安SIMを使う時にはSIMが端末に対応しているサイズであることが条件になります。なので現在持っている端末を格安SIMに差し替えて使いたいという人は端末に対応したSIMを、新しい端末の購入を希望する人はSIMに合った端末を購入する必要があります。

手元にある端末を利用する場合

格安SIMによって網羅しているSIMサイズが多少違いますが、シムフリーのiPhone端末やメジャーなAndroid端末などはほとんどの格安SIMに対応しています。現在持っている端末をそのまま格安SIMで使いたいという人は念のために自分の機種が利用したい格安SIMに対応しているかを確認しましょう!(それぞれの格安SIM公式サイトから確認できます。)

新しい端末を購入する場合

格安SIMのりかえと同時に新しい機種を購入する人は、格安SIMの新規契約と一緒に購入すると安くなる端末などをチェックするのがオススメ。欲しい端末がすでに決まっている人は端末の割引キャンペーンなどを実施しているSIMを選ぶのも一つの手です。

 

MVNOランキングTOP3

 mineoマイネオ

mineo

 公式ページはこちら

 mineoマイネオのメリットとディメリット

◆メリット

  • 5分はなし放題850円のプランがスタート!
  • au回線 / docomo回線の2種類があるのでau・docomo系の人は乗り換えカンタン。
  • MNPに対応しているので電話番号が変わらず今までの番号を使える。
◆ディメリット
  • SoftbankのiPhoneの人は端末のSIM解除する手間がかかる。
  • iPhoneはAプラン(au回線)の場合テザリングが使えない。(Dプランを選択した場合は可能)

◆通信速度(Dプランが早くておすすめ!)

≪公式情報≫

Aプラン(au回線)

受信:au 4GLTE相当(225Mbps)

送信:au 4GLTE相当(25Mbps)

Dプラン(ドコモ回線)

受信:ドコモXi(クロッシイ)相当(225Mbps)/ FOMAエリアは14Mbps

送信:ドコモXi(クロッシイ)相当(50Mbps)/ FOMAエリアは5.7Mbps

※ 公表されている通信速度はAプランもDプランも同じですが、mineoで定期的に行っている実際の速度調査ではDプランのほうが速度が出ていることが多いですね。(参考:mineo公式ブログ)

mineoマイネオの特徴

5分かけ放題サービス:5分以内の通話なら月に何回かけても月額定額の850円のサービス。2017年3月スタートしたばかりの注目のサービスです。

◆通話定額30/60:一か月30分・60分までの通話を定額にできるサービス。通話定額30は月額840円、通話定額60は月額1,680円です。

mineoマイネオはこんな方におすすめ!

  • ちょっとした通話(1回の通話が5分以内)をすることの他はインターネットが利用できればOK。
  • タブレット(データ通信SIM)でインターネットを安く利用したい。
  • 通話とセットのSIMプランを安く使いたい。

料金プラン

データプラン( シングルタイプ )の値段はau回線(Aプラン)もdocomo回線(Dプラン)も共通。

データ量値段
500MBプラン700円
1GBプラン800円
3GBプラン900円
5GBプラン1580円
10GBプラン2520円

500MBプラン~3GBプランまでは200円の差しかないので3GBにしておいてもそれほど高くなく、そこそこデータを消費する人も安心ですね。音声通話をプラスする場合はdocomoだと700円プラスauだと610円をプラス( デュアルタイプ )にすればOK。通話料は通常20円/30秒です。電話をよく利用するという人は次のプランを併用するとお得になります。

利用者の申込事例

  • もともと持っている端末でmineoに乗り換え!通話プランはほとんど受信用に利用→3GB デュアルタイプ =1,600円
  • 通話を5分以内にしてあとは今まで通り利用!→ 3GB デュアルタイプ+かけ放題= 2,450
  • ネットも通話も余裕をもってたっぷり欲しい→10GB デュアルタイプ + 通話定額60= 4,900

mineoでおすすめの端末

 

mineoマイネオで販売している端末のなかでアツいのがFUJITSUからリリースされているAndroidフォンの『arrows M03』24回分割払いなら月々の支払い額は1,325円。さらに今ならキャンペーン中の特典としてAmazonギフト券が2,000円分もらえます。ROM容量は16GB、RAM容量は2GBでSNSアプリやクラウドアプリを使う人なら十分な仕様でしょう。

mineoマイネオでよくある質問と回答集!
Q. 使わなかったデータの繰り越しは可能?
余ったデータは次の月に繰り越しできます。
 
Q. データの繰り越し限度はある?
データの繰り越しに限度はありません。
 
Q. 090以外の電話番号も引き継げるの?
070・080・090の番号を引き継ぐことができます。
 
Q. mineoの回線が遅くなりやすい時間帯は?
お昼休みの時間帯(12:00~13:00)が最も回線の利用が集中し速度が落ちやすい時間。このほか、朝の通勤時間(AM7:30~9:00)、夕方の帰宅時間(18:00~20:00)も多少混雑があることも。参考:公式サイト
mineo

 BIGLOBE SIM/スマホ

biglobe sim

 

公式ページはこちら

 

 BIGLOBE SIMのメリットとディメリット

メリット

  • 通話3分かけ放題で650円のプランがある。
  • エンタメフリーなどのオプションが充実している。
  • MNPに対応しているので電話番号が変わらず今までの番号を使える。

◆ディメリット

  • 対応はdocomo回線のみ。
  • 3分のかけ放題では通話時間が3分をオーバーする場合が多い。

通信速度 : docomo回線 受信最大375Mbps / 送信最大50Mbps

BIGLOBE SIMの特徴
オプションが充実!
エンタメフリー:BIGLOBE SIM最大のメリットといっても過言ではないオプションサービスが『エンタメフリー』(月額480円/ 980円)YouTubeなどの対象のサイトならどれだけ利用しても月のデータ量にカウントされないというもの。
YouTubeを1日1時間見る人の場合には月のデータ量はそれだけで7GB超えになってしまいますが、このエンタメフリー(480円)をつけていればどれだけ利用しても7GB→0GBに。YouTubeのほかにも対象のサービスはあります↓気になる方はチェック!
利用できるユーザ6GB以上のプランの人
データプランの場合980円
通話付きプランの場合480円

≪カウントフリー対象サイト・アプリ≫

YouTube・Apple Music ・Google Play Music・AbemaTV・Spotify

【そのほかのオプション】ウイルス感染を防止する『セキュリティセット・プレミアム』(月額380円)や詐欺サイトを見抜いてフィッシング詐欺を防ぐ『インターネットサギウォール』(月額300円)、容量無制限の『BIGLOBEスマホバックアップ』(月額500円)、中古のAndroid端末が壊れた場合も安心の『BIGLOBE SIM端末保障サービス』(月額500円)などもあります。

BIGLOBE SIMはこんな方におすすめ!

  • YouTubeやApple Music,Google Play Musicなどをかなりの頻度で使う。
  • 通信速度には妥協できない!
  • Androidでのウイルス対策をしっかりしたい。

料金プラン

プランの種類データ通信のみデータ通信+SMS※データ通信+SMS+通話
1GBプラン1,400円
3GBプラン900円1,020円1,600円
6GBプラン1,450円1,570円2,150円
12GBプラン2,700円2,820円3,400円
20GBプラン4,500円4,620円5,200円
30GBプラン6,750円6,870円7,450円

※ データ+SMSの『SMS』とは電話番号でやりとりできるメールのこと。キャリアメールを引き継げるという意味ではないので注意。

利用者の申込事例

  • ネットでの動画視聴は家のWi-Fiを利用するので外出時のデータ量は3GBでも十分 → 通話付きプラン(3GB)=1,600円
  • 外出時や移動時にも無制限でYouTube動画や音楽アプリを利用できる →通話付きプラン(6GB)+エンタメフリー=2,680円
  • 余裕のあるデータ量で繰越して使う→通話付きプラン(12GB)=3,400円

BIGLOBE SIMでおすすめの端末

無題

BIGLOBEでスマホを買うならキャンペーン中のこちらの端末『HUAWEI nova』がおすすめ。ROM 32GB / RAM 3GBと余裕のあるスペックなので写真や動画データを撮りためたり重めのアプリやゲームをプレイすることが多い人もサクサク操作できます。カメラ性能も優秀(Out:2300万画素/In:800万画素)なので写真にこだわりたいひとにもGood。

2017年3月26日までならHUAWEI novaと3GB以上のSIMプランの申し込みで10,000円のキャッシュバック、音声通話SIMの申し込みならさらに6000円キャッシュバック、さらにさらに3000円のクーポンがついて合計1,9000円分もお得!端末代金が37,680円なのでキャンペーン適用の実質価格は18,680円といことになりますね。

BIGLOBE SIMでよくある質問と回答集!

Q. 余ったデータは次の月に繰越せるの?
最大2カ月分のデータ量を使うことが可能です(例:2月に1GB余った>3月に繰り越し>4月には2月ぶんは消失し3月分が繰越される)
 
Q.090以外の電話番号も引き継げるの?
070・080・090の番号を引き継ぐことができます。
BIGLOBE SIM

 UQ-mobile

uq mobile

 UQ mobileのメリットとディメリット

◆メリット

  • カウントフリーの節約モード(300kbps)をアプリで切り替えできる。
  • 通話付きプランの種類がシンプルで選びやすい。
  • 1回5分までかけ放題の通話料金が月額料金に含まれている。

ディメリット

  • S・M・Lプラン 契約が2年間縛り。(更新付き以外の解約は9,500円がかかる)
  • データ高速プランの契約は1年間縛り

通信速度 : 受信速度150Mbps / 送信速度25Mbps

UQ mobileの特徴

節約モードならデータ使用量カウントフリー!
UQモバイルの専用アプリを使うと回線速度を2段階で切り替えて使うことができます。ターボ時は225Mbpsで重い動画データなどもサクサク読み込み、300kbps節約のモードではデータ通信量カウントフリーでSNSやLINEチャットのやりとりを利用するのにぴったり。データ容量を用途にあわせて無駄なく消費したい人に重宝する機能ですね。

UQ mobileはこんな方におすすめ!

  • 無料通話が月額料金に含まれているプランを選びたい。
  • 通信速度をコンテンツ内容に応じて切り替えて使いたい。
  • 端末代・無料通話を込み込み料金で使いたい。

料金プラン

通話付きSIMの料金プランはS・M・L、 データ高速プラン( 音声通話付き) の4種類。S・M・L の場合、 通話は月額料金に無料通話が含まれる『ぴったりプラン』と5分までの通話が無料の『おしゃべりプラン』の2種類から選ぶことができます。Sプランの場合にはぴったりプラン60か、おしゃべりプランをチョイスできる、ということになります↓

プランの種類プランS(2GB)プランM(6GB)プランL(14GB)

データ高速プラン

(3GBデータのみ)

データ高速プラン

(3GB+音声通話)

金額1,980円2,980円4,980円980円1,680円
 通話

ぴったりプラン60

or

おしゃべりプラン 

ぴったりプラン120

or

おしゃべりプラン 

 ぴったりプラン180

or

おしゃべりプラン

20円/30秒

20円/30秒

利用者の申込事例

  • 月60分までの無料通話とネットを少し使う→プランS+ぴったりプラン60 =1,980円
  • 通話はほとんどしないが、いちおう通話をつけておきたい→データ高速プラン(音声通話付き)=1,680円
  • 通話もネットも余裕をもってたっぷり使いたい→プランL+ぴったりプラン180=4,980円

UQ mobileでおすすめの端末

無題

KYOCERAからリリースされているのが『DIGNO W』。防水・防塵・耐衝撃性能が高く丈夫で長使えるのが特徴。おサイフケータイにも対応し、カメラ性能も十分。(OUT:1300万画素 / IN:500万画素)ROM16GB / RAM2GBの容量なので、SNSやメールなどがメインの人、データはクラウドアプリに保存するという人であれば十分のスペックです。

SIMとセットで購入すれば端末料金を月々950円~1,450円、2年間割り引いてもらえるの端末代を込みにしても月額料金がお手頃価格なところがウレシイところ。(プランS端末込:2,480円 / プランM端末込:2,980円 / プランL端末込:4,980円

↑もう一度自分に合った格安SIM選び5つのポイントを確認する!

TOP3社を比較

上記MVNO事業者3社を比較するとこんな感じ。

会社名データ+通話最低価格データのみプラン最低価格かけ放題プラン通信速度(受信) 
mineo1,310円(au回線)700円(500MB)月額850円(5分) 225Mbps
BIGLOBE SIM1,400円900円(3GB)月額650円(3分) 375Mbps
UQ mobile1,980円  980円(3GB)0円(5分)  150Mbps

音声通話SIMプラン・データSIMプランの両方に最もお得なのがmineoマイネオ。大きいデータの読み込みやYouTubeなどのカウントフリーを利用したいならBIGLOBE SIMがおすすめ。UQモバイルは他2社とシステムが少し異なり、通話や端末代金を込み込みにしても月額料金がかなり低く抑えられることがメリットといえるでしょう。

【番外編】カウントフリーのある格安SIMまとめ

  • BIGLOBE SIM 月額料金480円:(データプランの人は980円)YouTube・Apple Music / Google Play Music / AbemaTV / Spotify 
  • LINE mobileコミュニケーションFreeプラン(定額料金に込み):LINE / Twitter / Facebook / Instagram
  • FREE TEL SIM(定額料金に込み):LINE / WhatsApp / WeChat(微信)/ ポケモンGO / Twitter Facebook / Messenger / Instagram

 まとめ

今のデータ使用量、通話使用頻度などを把握すればどのsim会社で何GBプランがあっているか、通話無料込み込みの定額プランがよいのか、使い放題の無制限プランがよいのかなどもはっきりとわかるハズ。ガラケーからの乗り換え候補としても格安SIMは魅力的な要素が多くあります。
また、これまでデータ量を抑えるためにWi-Fiを使ってきたひとも、格安SIMのモバイル通信サービスで今までより安く快適に利用できる可能性もあります。
今回紹介した3社のほか楽天モバイル、ワイモバイル、イオンモバイルなどの格安SIMもメジャーですね。3月から4月は初期費用が安くなるキャンペーンも多く行っていますので要チェック!

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す