【iPhone/iPad】SIMカードの取り出し方のコツと入れ方

スポンサーリンク

iPhone・AndroidのSIMの取り出し方、入れ方。SIMピンの代用で使える安全ピン・クリップでの取り出し方法も。SIMスロットが開かない・SIMが取り出せない、入れ替えができないときの対処も紹介。SIMピンの購入もこちらから。

iPhoneのSIMの取り出し方・入れ方

1.静電気対策

SIMは静電気に弱い構造をしています。静電気が体に強く帯電されているときにSIMに触れると、SIMの交渉・誤動作を引き起こす可能性があります。

ひどい場合、データがすべて失われる可能性もありますので、作業前には、金属製のドアノブに触れたり流水ですばやく手を洗ったりして、静電気を除去してください。

2.電源をOFFにする

iPhoneのSIMカードを取り出す際は必ず、電源を落とすようにしましょう。

突然抜くとSIMカードやiPhoneに認識障害が発生する可能性があります。

チェックポイント!

iPhone X 以降の電源の落とし方

iPhoneX,再起動方法

  1. サイドボタンといずれかの音量調節ボタンを、スライダが表示されるまで長押しします。
  2. スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。

iPhone 8 以前、iPad、iPod touchの電源の落とし方

iPhone8,以前,再起動方法

  1. 上部のボタン (またはサイドボタン) を、スライダが表示されるまで押し続けます。
  2. スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。

—リライト部分—

3.SIMの取り出し

—リライト終了—

iPhoneの電源が切れたことを確認したら、側面にある小さな穴にSIMピンを挿入します。

iPhone,SIM,取り出し

この時、SIMピンを使わずに小さな穴に通るようなクリップなどで代用もできますが、なるべくSIMピンを使う方が望ましいです。

穴の大きさが適切でないために、本体に傷がついてしまったり、SIMトレーが元に戻らなくなる可能性もあります。

また、SIMカードを取り出すことが及ぼすiPhoneへの影響をまとめましたので、こちらの記事も確認されるとよいでしょう。



Android(Experia)のSIMの取り出し方・入れ方

1.マウント解除する

お使いのエクスペリアにSDカードを挿入している場合は、マウントを解除してからSIMカードを取り外すようにしてください。

マウントの解除方法は、アプリ>設定>ストレージ>SDカードの情報が書かれた右端にある取り出すマーク▲をタップ

エクスペリア,マウント解除

2.SIMの取り出し

マウントを解除したら、SIMカードを取り外していきます。

チェックポイント!

⒈ 本体側面のミゾに指先をかけて、SIMカード/SDカード挿入口のカバーをまっすぐに引き出ます。これで本体からSDカードトレイを取り外すことができます。

エクスペリア,SIMカード取り外し

⒉ SIMカードトレイの突起部に指先をかけてまっすぐに引き出すと、本体からSIMカードトレイを取り外せます。

エクスペリア,SIMカード取り外し

⒊ 取り外したカードトレイからSIMカードを取り外してください。

エクスペリア,SIMカード取り外し



SIMピンがない時に使える代用品での取り出し方法【安全ピン・クリップ】

ここでは手元にSIMピンがないときにiPhone本体からSIMトレーを取り出せるSIM取り出しツールをご紹介します。

が、あくまで自己責任でお願いします。

代用品であり、本来であればSIMピンが一番望ましいです。お近くのキャリアでも「SIMピン貸してください」と言えば快く貸してくれると思いますので、本当に手段がないときだけの参考としてください。

SIMピン

安全ピンでのSIM取り出し方法

SIMカード,代用,安全ピン

安全ピンは、物にもよりますが先端の針の形状がSIMピンに近いものが多いです。

どうしてもSIMピンがない場合は代用できると思います。

しかし、太さがSIMピンよりも太い場合がありますので、場合によってはSIMトレーのSIMピンを刺す穴の形状を大きく変形させてしまう可能性があります。

穴の大きさと安全ピンの太さに注意しながら行ってください。

クリップでのSIM取り出し方法

SIMカード,代用,クリップ

最も安全なSIMピンの代用品はおそらくこのクリップだと思います。

SIMピンの刺す穴の大きさにすっぽり入るサイズで、余り物によって太さが変わっているなんてこともありません。

SIMピンの代わりに使う際は、図のように形を変形させて刺すようにしてください。

SIMカード,代用,クリップ

画びょうでのSIM取り出し方法

画鋲は本当の本当に奥の手。

むしろここまでするのなら買うか、キャリアに持って行って貸してもらう方がいいと思います。

 

その理由は画鋲の形状。

画鋲は根元に行くほど太くなっているものが多く、SIMピンを刺す穴は奥にぐっと差し込まないとトレーが出てこない仕組みになっています。

つまり画鋲を穴に押し込むほど、穴の大きさを広げてしまう可能性があるということです。

大きな故障の可能性も出てくるので、オススメはしません。

SIMピンの購入はAmazonで

一番望ましい手は、おとなしく購入することです。

本来であればiPhoneの説明書などと一緒に同梱されていますが、その小ささから無くしてしまう人も多いと思います。

iPhone,SIMピン

 

あまり知られていませんが、アマゾンでもSIMピンを売っています。

無くしてしまった場合は、いざという時のため購入しておきましょう。

AMAZON,SIMピン

F.Wave【Amazon限定 高品質の5本セット 】



SIMスロットが開かない時の原因と対処

SIMピンを刺す穴にSIMピンを差し込んでいるのに、SIMトレーが取り出せないというときは押し込み不足が原因になっているときが多いです。

SIMトレーはSIMピンをしっかり差し込まないと取り出せないようになっています。

SIMピンを差し込んでいるのであれば、ためらわずグッと押し込んでみましょう!



SIMが取り出せない・出し入れができない時の対処

力を加えているのに、SIMカードが取り出せなかったという事例がいくつかあるのでご紹介します。

iPhoneを水平においていない

力を加えて、SIMピンをしっかり押し込んでいるのになかなかSIMトレーを差し込めない。

そんな場合はiPhoneを水平において差し込んでいるか確認してください。

水平においていない状況で差し込むと、SIMピンが斜めに差し込まれていて、奥まで到達していない可能性があります。

SIMピンを刺す穴にゴミが入ってしまった。

SIMトレーのSIMピンを刺す穴に異物が入り仕込んでしまうと、SIMピンを奥まで差し込めなくなってしまいます。

このような場合は無理に取り外そうとすると、iPhone自体を痛める危険がありますので、AppleStoreかApple直営店に持ち込んで修理を依頼してください。

Appleサポート窓口はこちら



SIMの出し入れに関するQ&A

ここではiPhoneのSIMの取り出しや挿入に関する、よくある疑問について扱っていきたいと思います。

SIMの入れ替えするとiPhoneデータはどうなる?

SIMカードは、キャリアなどの回線情報を記録している媒体です。

そのためiPhoneから抜いてもiPhoneのデータが消えてしまう、なんてことはありません。

バックアップなども必要ありませんので、取り出すときはそのまま抜いても構いません。

 

ですが、挿入するSIMカードのキャリアiPhoneを購入したキャリア異なる場合、4Gなどの電話回線に繋がらなかったり、エラーが表示される場合があります。

これはiPhoneにSIMロックという契約会社以外のSIMは受け付けないロックがかかっていることが原因で、SIMロックを解除することが必要になります。

⇒SIMロックについてはこちら

自分のiPhoneのSIMカードのサイズが知りたい

SIMカードには実は様々な種類があり、機種によって差し込めるものとそうでないものがあります。

しかしiPhoneの場合は機種によって差し込めるSIMカードの大きさが決まっており、機種さえわかればどのSIMカードを購入すればいいかがわかります。

Nano-SIM カードを使用しているiPhone

 nano-SIM カード

  • iPhone XS、iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone 6、iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5

Micro-SIM カードを使用しているiPhone

 

 Micro-SIM カード

  • iPhone 4s
  • iPhone 4

SIM カードを使用しているiPhone

 

 SIM カード

  • iPhone 3GS
  • iPhone 3G
  • iPhone

SIMロック解除可能な端末

端末によっては、SIMロック解除できない場合があります。

主に端末が2015年5月以降にリリースされ、SIMロック解除をサポートするモデルであり、購入から101日が経過していれば、SIMロック解除が可能なようです。

詳細については、以下の各携帯通信会社の情報を確認してください。

SIMロック解除方法

店舗

店舗でのSIMロック解除のデメリットは手数料と時間がかかることにあるでしょう。

大体のキャリアが手数料として3,000円かかります。店舗によっては、窓口が少なくて対応に時間がかかる場合があるため、最短で案内してもらうには、事前に電話して予約をしたほうがよいでしょう。

店舗でのSIMロック解除のメリットはこちらが操作しなくてよくて当日に解除できることにあるでしょう。

SIMのロックを解除するのが初めてで、詳細な質問に進みたい場合は、時間をかけてでも店舗に行くとよいかもしれません。また、SIMロック解除から他社への乗り換えまで終わらせたいのであれば、店舗をまわることで最短で当日にすべてを終わらせることができます。

WEB

WEBでのSIMロック解除の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 「PIN」を入力します。
  2. SIMロック解除を選択します。
  3. IMEI番号を入力します。
  4. 電源をOFFにします。

IMEI番号は、iPhoneの[設定]→ [全般]→ [情報]に移動して、IMEIの項目で確認可能です。

また、SIMロック解除方法の詳細についてはこちらの記事で説明してありますので、ぜひご確認してはいかがでしょう。


安い値段でiPhone用SIMカードを購入

キャリアで契約するとSIMカードに情報を記録し、iPhoneにそのSIMカードを差し込む子でデータ通信が行えるようになります。

実はこのキャリアのプランには不必要なものが多く、あまり出先で使用しない人にとっては損している部分が多いことをご存知ですか?

そんな時にオススメできるのが格安SIM

最低限でしかスマホを使わないという人にとっては、月々のスマホ代がグンッと安くなる最高のSIMカードです。

 格安SIMの選び方とおすすめ比較ランキング!口コミ評判

SNSし放題なのに超激安!LINEモバイル エントリーパッケージ

SIM,LINEmobile

SNSし放題で月額300円から!お得に遊びまくれる格安SIM!!

筆者激推し!

LINEなどのSNSで発生するデータ通信量を全てカウントしないので、SNS以外の目的でiPhoneを使用しない人にはまさに最安値の格安SIMです。

格安SIMを買うのは実は簡単で、amazonからでも購入することができます。

その際、まずはエントリーパッケージというものを購入し、Webページで申込を行います。

すると後日iPhoneに差し込めるSIMカードが送られてくるので、それを差し込めば快適格安SIMライフを始めることができます。



まとめ

今回はiPhoneのSIMカードについてご紹介しました。

うまく取り出せない場合は、

  • iPhoneを水平においているか
  • SIMピンを刺す穴に異物が詰まっていないか
  • SIMピンの代用品の太さがSIMピンを刺す穴の大きさにあっているか

などを確認してみてください。

特に代用品を使う場合は、物によってはなんども言いますがSIMトレーをダメにしてしまう可能性があるので、太さに気をつけつつ行うようにして下さい。


コメントを残す