【iPhone/iPad】SIMカードの取り出し方のコツと入れ方

この記事は約 9 分で読むことができます。

こんにちは!Apple Geek LABOです。今回はiPhoneのSIMカードの取り出し方について、ちょっとしたコツを伝授します。携帯ショップの店員さんは手慣れた感じでSIMカードを出し入れしていますが、初めてやるときは誰だって緊張するもの。でも大丈夫。そんなに難しくありませんから。リラックスしてやってみましょう。

そもそもSIMカードって何?

SIMカードとは、iPhoneを始めとする殆どのスマートフォンやガラケーの中に入っている、プラスチック製のICカードです。

NTT_DoCoMo_FOMA_card_chip_new_white
SIMカードの一例

 

このカードにはチップが入っており、中には携帯電話番号など、電話やネットを使うために必要な情報が入力されています。

みなさんのiPhoneも、実はこのSIMカードの情報を読み取って、契約している携帯電話キャリアの回線に接続しているというわけです。

ちなみに、SIMカードは簡単に取り出すことができるので、SIMフリーのiPhoneであれば、SIMカードを入れ替えることで、その場に合わせてベストな通信会社の回線に切り替えられるという利点があります。

普段日本にいるとあまりピンとこないかもしれませんが、例えばヨーロッパのように隣国と地続きで国境を超えた往来も盛んな土地では、入国後に現地キャリアのSIMを購入して入れ替えることで、自国キャリアの高額な国際ローミング料金を回避するのがポピュラーです。

また、日本でもここ数年MVNOキャリアがSIMカードを売ることが市民権を得始めたので、これから先SIMカードを触る機会はもっと増えることでしょう。

SIMカードについては、こちらの記事でも解説しているので、合わせてどうぞ。

【豆知識】iPhoneのSIMカードを取り出したらどうなるの?

補足:SDカードとは違います

gatag-00004086
SDカードの一例

 

Androidやガラケーユーザーからよく挙がるのが、「SDカードとは違うの?」という質問。

確かに、SIMカードとSDカードは名前も形も大きさも、非常によく似ています。

しかし、これは全くの別物なのです。

御存知の通り、SDカードはAndroidスマホやガラケー、デジカメなどに入れて、撮った写真や動画などを保存するための物で、いわば本棚のようなもの。

対するSIMカードは、これも皆さんご存知の通り、電話やデータ通信に必要な設定情報が入っている、いわば鍵のようなもの。

似ているのは姿形と名前だけで、役割は全く違うのです。

iPhoneやiPadはSDカード非対応なので問題ありませんが、もしAndroidやガラケーユーザーにSIMカードのことを説明されるときは、この点に注意してくださいね。

iPhoneのSIMカードを取り出す手順

それでは、実際にiPhoneからSIMカードを取り出す手順を確認してみましょう。

でも、その前にいくつか注意点を。

注意点

  1. SIMカードを紛失しないようにする
    • iPhoneに入っているSIMカードは、microSIMあるいはnanoSIMという非常に小さな物です。
    • 息を吹きかけただけでもどこかへ吹っ飛んでしまいますので、特に屋外で入れ替え作業をする際は、扱いに十分注意してください。
    • 事前にトレーなどを用意しておくと楽ですよ。
  2. 静電気対策をする
    • SIMカードは静電気に弱く、下手をするとデータが消えてしまうこともあります。
    • 作業前には金属製のドアノブに触ったり、帯電し易い服を避けるといった対策を取っておきましょう。
  3. 作業前に手を石鹸でよく洗う
    • 手に水や油、その他汚れが付いていると、それがSIMカードに移り動作不良や故障の原因となる場合もあります。
    • 作業前にきちんと手を洗っておきましょう。

SIMカードの取り出し方

さぁ、ここからいよいよ本番ですよ!

iPhoneの電源を切る

SIMカードの出し入れを行う際は、エラーの発生を防ぐため、iPhoneの電源を切っておくようにしましょう。

SIMピンを用意する

iPhoneの箱の中には、説明書等が入った小さな紙袋が入っています。

それを開けると、真っ先に出てくるのが輪のような形をしたピン、俗に言う「SIMピン」です。

このSIMピンがあれば簡単にSIMを取り出すことができます。

ない場合は、ペーパークリップの先を伸ばしたもので代用可能です。

SIMトレー横の穴にSIMピンを差し込む

iPhoneの側面には、SIMを入れるためのSIMトレーがあります。

そのすぐ横にトレーを取り出すスイッチが付いた穴が開いているので、先程のSIMピンを思い切ってそこに差し込みます。

SIMピンを押し込んでトレーを取り出す

穴に差し込んだSIMピンを押し込むと、SIMの乗ったトレーがぴょこんと顔を出します。

上手く反応しない時は、ぐいっと少し力を込めて押し込むと出てきますよ。

後は、SIMトレーを取り出し、入っていたSIMカードを無くさないように気を付けながら回収します。

ちなみに、各キャリアから購入したiPhoneの場合、SIMロックというソフトウェア的なロックが入っており、そのままでは他社のSIMカードを認識できません。

購入から一定の期間が経った端末は、各キャリアの窓口などでそのロックを解除できるようになるので、まだの方はこちらの記事で手続方法をチェックしてみてくださいね。

iPhoneのSIMロック解除方法と仕組みとは?ソフトバンク/au/ドコモ編

iPhoneのSIMカードを取り出せない時に試す3つのコツとは?

SIMカードの取り出しには、ちょっとしたコツが必要になることもあります。

なかなかうまく取り出せないという方は、こちらを試してみてください。

本体を平らな場所に置いて作業する

本体を平らなテーブルなどの上に置いて作業することで、力のかけ具合などが安定し、上手く取り出せるようになります。

力を込める

SIMカードの乗ったトレイは、誤作動で外に出てこないよう、固めにロックされています。

SIMピンを差し込む時は、ただ押し込むのではなく、ある程度力を込めてやることで上手く取り出すことが可能です。

何かが引っかかるときは

稀にですが、内部にゴミなどが入り込み、SIMトレイが上手く取り出せなくなってしまう場合があります。

その時は無理に外そうとせず、Apple直営店や正規サービスプロバイダーに持ち込みましょう。

Appleサポート窓口はこちら

水没したiPhoneの場合

iPhoneがまさかの水没!?

そんな時、応急処置の1つとしてよく登場するのが、SIMカードの取り出しです。

取り出し方は先に触れたとおりなのですが、水没時はそれに加え、出てきたSIMカードを乾いたタオルでくるみ、しっかりと水気を取ってあげることが大切。

水没時は慌てがちなので、しっかり落ち着いて、SIMカードを失くさないように注意しながら作業を行いましょう。

iPhoneにSIMカードを入れる方法

さて、取り出し方がわかったら、次はいよいよ入れる方法です。

これもとっても簡単ですよ!

入れ方と手順

iPhoneの電源が切ってあるか再確認する

iPhoneの電源が入ったままSIMカードの出し入れをすると、エラーを起こす原因になります。

作業前に今一度、iPhoneの電源が切れているか確認しましょう。

SIMトレイSIMカードを載せる

カードには向きがあります。トレイの切り欠きとカードの形状を合わせるようにすれば大丈夫です。

トレイやiPhone本体側にホコリや汚れが付いていないかチェック

ホコリが入ってしまうと、内部でSIMカードを上手く読み取れず、エラーになってしまうこともあります。

SIMカードを載せたトレイをiPhoneにゆっくり差し込む

SIMカードをトレイに載せたら、iPhoneにゆっくりと入れていきます。

途中で変に引っかかるような感じがしたら、一旦戻してもう一度。

最後は、出す時とは逆にグッと力を込めて押し込めば完成です。

iPhoneの電源を入れて正常に電話やメールができることを確認する

SIMトレイが無事に入ったら、iPhoneの電源を入れて、正常にSIMカードを認識するか試してみましょう。

上手く認識できない場合は、次の項目を読んでみてくださいね。

SIMカードを認識しない場合

もし、iPhoneの起動後に上手くSIMを認識してくれない場合、こちらの項目をチェックしてみましょう。

SIMロックされていませんか?

大手キャリア経由で購入したiPhoneの場合、最初は販売した通信キャリア以外のSIMが利用できない「SIMロック」という状態になっています。

このロックは、購入から一定の期間が経ってから、購入したキャリアの窓口等で解除してもらうことが可能です。

SIMロックについては、Apple Geek LABOのこちらの記事でも解説しているので、あわせて読んでみてください。

iPhoneのSIMロック解除方法と仕組みとは?ソフトバンク/au/ドコモ編

SIMカードを交換してもらう

NTT_DoCoMo_FOMA_card_chip_new_white
キャリアショップならSIM交換もできます

 

SIMカードも機械なので、稀に上手く読み取れないエラーが発生する事があります。

そんなときは、お使いのキャリアショップへ持ち込み事情を説明すれば、SIMカードの再発行をしてもらうことが可能です。

注意点は、「キャリアショップ(ドコモショップ、auショップ、SoftBankショップ)」へ持ち込むこと。

Apple Storeなどキャリアショップ以外の販売店では、SIMの再発行ができない場合が殆どなので、面倒臭がらずキャリアショップへ持ち込みましょう。

MVNOキャリアをご利用の場合は、各キャリアの問い合わせ窓口へ連絡して、対応を依頼してください。

データ通信ができない

MVNOのSIMカードの場合、iPhoneに通信の構成プロファイルをダウンロードするまで、データ通信(メールやネットなど)が出来ません。

各MVNOキャリアでは、HP等で構成プロファイルを公開しているので、ご利用のキャリアのHP等からダウンロードするようにしましょう。

まとめ

今回は、『【iPhone/iPad】SIMカードの抜き方のコツと入れ方を徹底解説!』と題して、SIMカードの扱い方や注意点、陥りやすい落とし穴などを解説してみました。

従来、SIMの入れ替えをされるのは海外へ出かける方が殆どでしたが、最近ではMVNOの普及や、AppleオンラインストアでのiPhone購入などで、それ以外のユーザーもSIMに触れる機会が増えています。

「私は関係ないわ」と思っていたあなたも、この機会に是非SIMカードの扱いを覚えて、一歩進んだiPhoneライフを楽しんでくださいね。

それでは!

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す