MacBookの簡単な初期化方法!初期化できない時の対処法も紹介

またMacBookを初期化する前にはMacBookがインターネットにアクセスできるかも確認しておきましょう。MacBookを初期化した後にMacBookがインターネットアクセスできないというトラブルが多く報告されています。なのでMacBookを簡単な初期化する前にまずはMacBookのインターネット接続チェックしておきましょう。

MacBookの簡単な初期化方法

ここまではMacBookで簡単な初期化する前に実施しておくべき事前準備の内容や事前確認ポイントについて紹介してきましたが、ここからは実際にMacBookで簡単な初期化する方法について紹介していきます。もしこれからMacBookで初期化を検討してる人は是非参考にしてみてください。

①「command」と「Rキー」を押しながら再起動

まずMacBookで初期化するためには、MacBookを再起動させる必要があります。通常のGUI操作でMacBookを再起動させてもいいですし、「command」と「Rキー」を押しながら再起動させてても大丈夫です。「command」と「Rキー」を押しながら再起動する場合は、「command」と「Rキー」をながおしすることになるので、すぐにキーを離さないようにしましょう。

Appleシリコン搭載の場合

MacBookの場合は、「command」と「Rキー」を押しながら再起動することができますが、Appleシリコン搭載の場合は、アップルメニュー をクリックして、「シャットダウン」と選択しましょう。そして「起動オプションを読み込み中」と表示されるまでパワーボタンを押しにすることでMacBookの再起動をすることができます。

②「ディスクユーティリティ」を選択し「続ける」

MacBookを再起動させたら、macOSユーティリティ画面が表示されたことを確認して、「ディスクユーティリティ」を選択ししましょう。「ディスクユーティリティ」をクリックすると、ポップアップが表示されるので、「続ける」をタップしてください。

③「Macintosh HD」の消去タブを開く

すると「Macintosh HD」の画面が表示されるので、メインハードディスク(システムディスク)を選択し、「消去」タブをクリックしてください。メインハードディスク(システムディスク)意外と選択して、「削除」をクリックしてまうと外部ストレージが削除されてしまう場合もあるので、注意してください。

④フォーマットは「APFS」または「Mac OS 拡張」を選択

メインハードディスク(システムディスク)を選択し、「消去」タブをクリックして、。次に、[ボリュームフォーマット]ドロップダウンメニューが表示されることを確認してください。Mac OS拡張機能(ジャーナリスト)を選択し、[消去]ボタンをクリックすることで、MacBookのプログラムデータの削除を開始されます。

⑤消去ボタンをクリックし、完了を待つ

[消去]ボタンをクリックすると削除プロセスが流れ始めるので、MacBookの初期化処理が完了するまで待ちましょう。MacBookのスペックやデータ容量によってもMacBookの初期化時間が異なるので、時間に余裕がない時はMacBookで初期化しないようにしましょう。

OSの再インストールを行う