MacBookの簡単な初期化方法!初期化できない時の対処法も紹介

MacBookを簡単な初期化したことはありますか。MacBookのデータを初期化したかったり、MacBookを売るために初期化しようとしたのに初期化できない場合はどうすればいいのでしょうか。ここでは簡単なMacBookの簡単な初期化方法についてチェックしていきましょう。

MacBookの初期化前に準備しておくこと

みなさんはMacBookの初期化する際に事前にしておくべきことがあることを知っていますか。MacBookの簡単な初期化する際にはすぐにMacBookの初期化するのではな、事前に準備しておくべきことがあります。ここではMacBookの簡単な初期化する際に事前に準備しておくことを3つ紹介するので、確認してみましょう。

①Time Machineでバックアップを作成

MacBookの簡単な初期化する際に事前しておくべきこととしては、TimeMachineでバックアップを作成することです。TimeMachineとは、Mac に組み込まれているバックアップ機能のことでApp、音楽、写真、メール、書類など、個人のデータを簡単にバックアップを作成してくれるようになっているので、MacBookのデータを初期化する場合は、必ずTimeMachineでバックアップを作成するようにしましょう。

②iTunes/iCloud/iMessageからサインアウト

またTimeMachineでバックアップを作成する以外にもMacBookを初期化して第三者にMacBookを渡す可能性がある場合は、iTunes/iCloud/iMessageのソフトウェアでも事前準備が必要になってきます。なのでMacBookをリサイクルショップで売ったり、メルカリなどのフリーマーケットアプリケーションで販売する場合は、かならずiTunes/iCloud/iMessageからのサインアウトを行いましょう。

iTunes

MacBookをリサイクルショップで売ったり、メルカリなどのフリーマーケットアプリケーションで販売する場合は、iTunesからのサインアウトを行っておきましょう。iTunesには自分が登録下Appleアカウントの情報と連携して音楽情報や今までのMacBookのバックアップ情報が保管されています。そのため第三者にMacBookを渡す可能性がある場合は、悪用防止のためにiTunesからのサインアウトをしましょう。

iCloud

また悪用の観点からiCloudのアプリケーションからもサインアウトをしておきましょう。iCloudにはiTunes同様にデータのバックアップが格納されていたりiCloudストレージを利用していると勝手に写真やデータを第三者に閲覧されてしまう場合もあります。またMacBookをとiPhoneを連携されている場合は、iPhoneの個人情報も流出してしまう場合があるので、注意してください。

iMessage

そして意外と忘れてしまうのがMacBookのiMessageのアプリケーションのサインアウトです。iMessageのアプリケーションには友達や家族との連絡のやり取りが第三者に漏れてしまう可能性がありますので、iMessageのアプリケーションにおいても必ずサインアウトしておきましょう。しかしここで紹介したiTunes/iCloud/iMessageからのサインアウトは、第三者にMacBookが渡らない場合は、初期化の際に実施する必要がないので覚えておきましょう。

③Bluetooth機器のペアリングを解除

そしてMacBookの初期化する際に事前にしておくことしては、Bluetooth機器のペアリング設定の解除です。Bluetooth機器のペアリング設定が残っているとMacBook側で初期化処理の際に不備が発生する場合もありますので、できればMacBookの初期化前にペアリング設定を解除しておきましょう。

MacBook初期化前の確認事項

MacBookの簡単な初期化する際に事前にしておくべきことをいくつか紹介してきましたが、MacBookの初期化する前に確認しておくべきこともあります。ここではMacBookの初期化する前に事前に確認しておくべきポイントについてチェックしていきますので、一緒に確認してみましょう。

MacBookは電源に接続されているか

まずMacBookの初期化する前に確認しておくべきこととしては、MacBookのパソコンが正常に電源を付けることができるかです。MacBookの電源が付かないとMacBookを初期しても電源が付かずデータが紛失してしまうこともあります。なのでMacBookの電源が付くかをまずはチェックしてみましょう。

インターネットに接続されているか