MacBookの簡単な初期化方法!初期化できない時の対処法も紹介

MacBookで簡単な初期化をすることができれば、次はMacBookでOSの再インストールを実施ましょう。MacBookで初期化したあとはMacBookのOSの再インストールをしないと再び利用することはできないので、初期化とセットでOSの再インストールの手順を覚えておきましょう。

①ディスクユーティリティメニューからディスクユーティリティを終了

まずmacOSユーティリティ画面が表示されたことを確認して、「ディスクユーティリティ」よりディスクユーティリティを終了させてください。

②「MacOSを再インストール」を選択し「続ける」

「ディスクユーティリティ」よりディスクユーティリティを終了させたら、「macOSを再インストール」をクリックしてください。「macOSを再インストール」をクリックするとポップアップが表示されるので、「続ける」をクリックしてください。

③案内に従い再インストールを行う

すると「macOSを再インストール」のインストールオプションウィザードが表示されます。自分に合ったカスタマイズやデフォルト設定を活用して、案内に従ってMacBookの再インストールを進めていきましょう。

④設定アシスタントは「command」と「Qキー」で終了

またMacBookのOS再インストールがクリーンインストールであれ場合は、「設定アシスタント」でデータ移行を行うようにしましょう。売却用の初期化なら「設定アシスタント」は「Ctrl + Q」で設定するだけでOKです。第三者が利用するかそのまま利用するかに分けて、MacBookの再インストールを進めていきましょう。

初期化・再インストールができない・失敗する場合の対処法

ここまではMacBookの初期化からOSの再インストールまでの流れや手順について紹介してきましたが、MacBookの初期化やOsの再インストールが上手くできない場合や失敗してしまう場合もあります。ここではMacBookの初期化やOSの再インストールが上手くできない場合の対処法についてチェックしていきましょう。

①ネットワーク環境を確認

MacBookの初期化やOSの再インストールが上手くできない場合はネットワーク環境をチェックしてみましょう。MacBookの初期化やOSの再インストールにはネットワークを利用する場面があるため、ネットワークに接続できていないと正常にできない場合があります。

②電源に接続できているか確認