iPad iPhone MacBook

iCloudからをデータを削除して空き容量を増やす方法を解説

大切なデータを手軽に保存してくれるiCloudですが、気付かぬうちに不要なデータでストレージが圧迫されていないでしょうか。

肝心な時に容量が不足しないように、定期的にストレージの整理が必要です。この記事では、各データを削除する方法を説明します。

iCloudからバックアップデータを削除する方法【デバイス】

データをバックアップする機能がiCloudにはあり、デバイスをを紛失してしまった時や、機種変更を行う際にとても役に立ちます。

しかし、写真や動画、ゲームや音楽などをiPhoneなどのスマートフォンで扱うことが多くなっている事から、保存するデータが多くなり、ストレージを大量に使用してしまいます。

パソコンにバックアップをしておくなどで、iCloudにバックアップしておく必要がない場合は、iCloudのデータは削除しておきましょう。

手順

iCloud内のデータをiPhoneやiPadのデバイスから削除する手順は、以下の通りです。

設定アプリを開きユーザー名をタップ

設定アプリをタップし、一番上に表示されている「自分の名前」をタップ

iCloudをタップしiCloudストレージを開く

青い雲のアイコンの「iCloud」を選び、「ストレージを管理」をタップ

iCloudバックアップを開き削除する

下にスクロールし、「バックアップ」をタップし、バックアップの必要がないデバイスの名前をタップ

最後に赤文字の「バックアップを削除」をタップすることで、削除は完了です。

写真を消さずにiCloudから写真データのみを削除する方法【デバイス】

「iCloud写真」という機能をオンにしていると、iPhoneやiPadで撮影した写真が自動でiCloudに移るようになります。

また、同じアップルID のその他の端末にも同期される仕組みになっています。

同じAppleID で管理している端末同士の自動同期はとても便利な機能ですが、写真の枚数が増えるにつれて、データ量も増えるため、ストレージが圧迫されてしまいます。

「iCloud写真」の機能が不要であれば、iPhoneなどのデバイスに保存された写真は消さずに、iCloudにアップされた写真だけを削除することで、iCloudのストレージの容量を節約してみましょう。

また、この時、iCloud上の写真を削除する前に、削除したくない写真は全て必ずデバイスにダウンロードしておくようにしてください。

手順

iPhoneやiPadなどのデバイスから、iCloudにアップされた写真だけを削除する手順は以下の通りです。

設定アプリからユーザー名を開く

削除したくない写真をデバイスにダウンロードしたら、設定アプリをタップし、一番上に表示されている「自分の名前」をタップ

iCloudを開きストレージ管理をタップ

青い雲のアイコンの「iCloud」を選択、「ストレージを管理」をタップ

写真を開き無効化して削除する

「写真」をタップし、赤字の「無効化して削除」をタップすることで、削除が完了します。

なお、上記の手順で削除した写真のデータは、30日以内であれば復元することが可能ですので、間違えて削除した場合も焦らず復元しましょう。

iCloud.comからデータの削除をする方法【PCブラウザ】

iPhoneやiPadなどのデバイスからiCloudのデータを削除する方法を紹介しましたが、他にも、PCのブラウザから、iCloud.comを使って削除することも可能です。

手順

PCのブラウザからiCloud.comを使ってiCloudのデータを削除する手順は以下の通りです。

iCloud.comにアクセスする

PCのブラウザを立ち上げて、「iCloud.com」にアクセス

消したいiCloudにサインインしているAppleIDでログインする

削除するデータがアップされているiCloudにサインインしているAppleID とパスワードを入力し、ログイン

必要の無いデータを削除する

メールやカレンダー、写真などのiCloudを使用しているアプリケーションのアイコン一覧が表示されます

対象のアプリケーションを選択し、必要のないデータを個別に削除してください。

削除した写真や動画を復元する方法

iCloudのデータを誤って必要な写真や動画を削除してしまった場合に、大切なデータを復元する方法をご紹介します。

こちらの方法は、削除後30日以内に行う必要があり、30日以上経過した写真や動画は完全に削除されるため、復元することができなくなります。

手順

iCloud.comにアクセスする

PCのブラウザを立ち上げて、「iCloud.com」にアクセス

iCloudにAppleIDでログインする

削除したデータが保存されていたiCloudにサインインしているAppleID とパスワードを入力し、ログイン

「最近削除した項目」から対象のデータを探して復元

左のメニューバーから「最近削除した項目」を選択し、復元したい画像や動画をクリックします。

右上の「復元」をクリックすると復元されます。

 

データを削除せずにiCloudの空き容量を増やす方法

次のページへ >