【TikTok】シャドウバンって何?原因から対処法まで解説

では、TikTokでシャドウバンされる原因とは一体なんなのでしょうか。

実は、シャドウバンされる原因は、TikTok公式でも発表されてはいません。

なので、シャドウバンされる原因として考えられるものをまとめてみたので、説明していきます。

TikTokガイドライン違反

まずシャドウバンされる原因として考えられるのは、TikTokガイドライン違反をしてしまったということです。

例えばTikTokで投稿された動画を見てみると、言ってはいけない言葉や、いじめ、暴力、危険なコンテンツなどのコンテンツが含まれていることがあると思います。

そうなると、シャドウバンされる可能性が高まります。

新規アカウント

次にシャドウバンされる原因として考えられるのは、新規アカウントです。

新規アカウントには特に厳しい目が向けられており、新しいアカウントのユーザーが良質な動画を投稿するかをチェックしています。

なので、前のアカウントではシャドウバンされなかったのに、新しいアカウントに変えたらシャドウバンされてしまったというケースもあります。

自動ツールの利用

次にシャドウバンされる原因として考えられるのは、自動ツールを利用していることです。

自動ツールは自動でいいねやフォローをしてくれるツールですが、TikTokでは自動ツールを禁止しています。

自動ツールはAIによって監視されているので、自動ツールを使っていいねやフォローをしている場合はすぐにバレてしまうでしょう。

ユーザーからの通報

次にシャドウバンの原因として考えられるのは、ユーザーからの通報です。

TikTokの規約違反となる投稿、特に18禁などの投稿は、動画を見たユーザーに通報される危険性があります。

規約違反となる動画はユーザーから通報され、シャドウバンなどペナルティをくらう可能性があるので、ガイドラインをしっかりと読んで動画を投稿しましょう。

連続投稿

次にシャドウバンの原因として考えられるのは、連続投稿をしたことです。

TikTokに短期間で連続投稿した場合、スパムなどのアカウントと判断されてしまうことがあります。

特にTikTokでは独自性のある動画が求められますが、連続投稿すると他の動画のコピペなのではないかなどと疑われてしまいます。

動画をストックしている場合でも、一定期間あけて投稿することをおすすめします。

他SNSへ誘導が多い

次にシャドウバンの原因として考えられるのは、他SNSへの誘導が多いということです。

TikTokでは他のSNSへの誘導は禁止されているわけではありませんが、あまりにも多いと怪しいアカウントと判断されてしまうことがあります。

特にYouTubeの誘導は厳しくチェックされており、誘導しすぎるとシャドウバンされてしまうこともあります。

ハッシュタグの付け過ぎ