アプリケーション

【TikTok】シャドウバンって何?原因から対処法まで解説

2022年8月16日

TikTokでは、事前に通知されることなく突然科せられるペナルティのシャドウバンが存在します。

シャドウバンされると、動画を投稿してもおすすめに載らなくなるので要注意です。今回は、TikTokシャドウバンの原因から対処法まで解説していきます。

目次

TikTokシャドウバンとは運営から迷惑行為を行うアカウントへのペナルティ

TikTok

TikTokでは、迷惑行為を行うアカウントに対して突然科せられるシャドウバンが存在します。

シャドウバンをされてしまうと、投稿した動画がおすすめに載らなくなるといったことが起こり、アカウントバンに近い状態にされてしまいます。

TikTokでシャドウバンされてしまうとどうなるのか、詳しく解説していきます。

TikTokでのシャドウバンの内容

TikTokでシャドウバンされてしまうと、投稿した動画がおすすめに載らなくなってしまいます。

TikTokでは、おすすめに表示された動画をスワイプしてどんどん見ていくといった視聴方法となっていますが、シャドウバンされてしまうとおすすめに動画が載らなくなるため、明らかに視聴者が減ってしまいます。

シャドウバンされてしまったアカウントの動画を見る場合、アカウントのページからやっと動画を見ることができます。フォロワーがいない場合は、視聴者が0となってしまうこともあるでしょう。

TikTokでのシャドウバンについての通知や発表はない

TikTokでシャドウバンされる前には、通知や発表はないです。

シャドウバンされる前・された後もTikTokからの通知や発表はありません。そのため、いつもどおり動画を投稿し、視聴回数が一気に減ったことから、やっとシャドウバンされたことに気づくケースが多いようです。

また、シャドウバンされる原因もいろいろあるため、気づかないうちにシャドウバンされていることが多いでしょう。

TikTokシャドウバンの解除までの期間は不明

TikTokでシャドウバンされたときに解除されるまでの期間は、不明となっています。

TikTokでシャドウバンされると、通常2~5週間続きます。しかし、いつ解除されるかは不明となっており、場合によっては永遠に解除されない…なんてこともあります。

シャドウバンされて2~5週間は、自分の動画の質をチェックされている期間とも言えます。そのため、シャドウバンが解除されるまで、おとなしく待っておくか、規約違反とならない動画を投稿することを心がけるといいでしょう。

TikTokのシャドウバンではアカウント停止は行われない

TikTokでシャドウバンされてしまった時は、アカウント停止まではされません。

TikTokでシャドウバンされても、アカウント停止まではされず、通常通り動画を視聴したり投稿したりすることができます。だだ、投稿した動画がおすすめに載らなくなるといった状態になります。

シャドウバンされてもアカウント停止はされないため、TikTokを視聴するためだけに使用している人はなにも問題ないでしょう。

TikTokのシャドウバンされているかの確認方法

先ほども紹介したように、TikTokでシャドウバンされても分かりづらくなっています。では、TikTokでシャドウバンされているか確認する方法とは、

  • 極端に再生数が落ちる
  • フォロワー以外からいいね・コメントがこない
  • (インサイト)おすすめから見に来てくれているユーザーが0%

といった確認方法があります。TikTokでインサイトを動画を投稿した次の日にチェックすると、おすすめから見に来てくれているユーザーを確認することができます。おすすめから見に来てくれているユーザーが0%だと、シャドウバンされていることが確定です。

シャドウバンになってしまった場合の解除方法

Tik Tok

シャドウバンされてしまったときに解除する方法はないのでしょうか?

シャドウバンされてしまったときに解除する方法は、解除されるまで放置する、規約違反の危険性がある動画は投稿しない、再生数が全く伸びていない動画の削除、コメント・いいねが増える動画投稿をするといった方法があります。ちなみに、お問い合わせや新規アカウント作成は効果なしです。

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

①解除されるまで放置する

まずは、解除されるまで放置するということです。

TikTokでシャドウバンされてしまったら、解除されるまで待つしか方法はありません。シャドウバンされている状態で動画投稿を続けてしまうと、さらに危険なアカウントと認識されてしまう可能性もあります。

シャドウバン中は視聴者も激減してしまうため、動画投稿をする意味もあまりないといえます。

シャドウバン中に規約違反となる動画を投稿や迷惑行為をしてしまうと、火に油を注ぐ結果となってしまうため、解除されるまで放置しておくという方法は賢いかもしれません。

②規約違反の危険性がある動画は投稿しない

続いて、規約違反の危険性がある動画は投稿しないということです。

TikTokでシャドウバンされてしまった原因は、もともと規約違反となる動画を投稿していたことが引き金となっている可能性もあります。

そのため、シャドウバン中にも規約違反となる動画を投稿してしまうと、火に油を注ぐ結果となってしまいます。

シャドウバン中にはTikTokのどのような動画が規約違反となるのかしっかりとチェックし、今後シャドウバンが解除されたとしても規約違反となる動画の投稿はやめましょう。

③再生数が全く伸びていない動画の削除

続いて、再生数が全く伸びていない動画の削除をするということです。

TikTokで再生数が全く伸びていない動画は、もしかするとシャドウバンされた原因となっている動画で、途中からシャドウバンされたため再生数が全く伸びていないのかもしれません。

シャドウバンされたときに、原因となった動画を削除したらシャドウバンが解除されたという声もあるので、再生数が全く伸びていない動画は削除してみましょう。

そして、再生数が全く伸びていない動画が規約違反となっていないか、しっかりチェックする必要があります。

④コメント・いいねが増える動画投稿をする

続いて、コメント・いいねが増える動画投稿をするということです。

TikTokでシャドウバンされているときは、TikTok側が自分の動画の質をチェックしている期間ともいえます。自分の動画にコメント・いいねが増えていれば、動画の質が高いと判断され、シャドウバンが解除されるかもしれません。

なので、シャドウバン中に動画投稿をするなら、コメント・いいねが増えるような動画投稿をしてみましょう。

コメント・いいねが増えるのはいいことですが、コメント・いいね欲しさに過激な動画を投稿してしまうと、さらに運営からペナルティを喰らってしまう可能性があるので、注意しましょう。

⑤お問い合わせや新規アカウント作成は効果なし

シャドウバンされたときに、お問い合わせ・新規アカウント作成の効果はないです。

まずお問い合わせについてですが、「シャドウバンを解除してほしい」とTikTokの運営にお問い合わせをしても、なにも返答がないのが現状なため、期待はできないでしょう。

続いて新規アカウントについてですが、新しいアカウントを作ってもシャドウバン状態となっているため、意味はありません。SIMを新しくしたら大丈夫だったという話もありましたが、どちらにしろ新規アカウントに対しても厳しく規制されているのは間違いないでしょう。

TikTokでシャドウバンされても、お問い合わせ・新規アカウント作成は、意味がないためやめておきましょう。

シャドウバンになってしまった場合にできるだけ早く解除される対処法

TikTokでシャドウバンされた場合は、できるだけ早く解除されたいですよね。シャドウバンの解除を早める方法として、

  • シャドウバンの原因とみられる動画の削除
  • 放置をする

といった方法があります。シャドウバンの原因とみられる動画を削除することで、シャドウバンが解除される可能性もあります。シャドウバンの原因とみられる動画を削除したら、あとは放置しておきましょう。

TikTokシャドウバンを科される原因

TikTokでシャドウバンされる原因とは一体何なのでしょうか?

シャドウバンされる原因は、TikTokガイドライン違反・新規アカウント・自動ツールの利用・ユーザーからの通報・連続投稿・他SNSへの誘導が多い・ハッシュタグの付け過ぎ・自動ツールとして誤判定・複数デバイスで同時にTikTokアカウントにログインという原因が考えられます。

それぞれの原因を、解説していきます。知らず知らずのうちにやってしまっている可能性があるので、十分注意しましょう。

TikTokガイドライン違反

最初の原因は、TikTokガイドライン違反をしたということです。

TikTokガイドライン違反の動画を投稿してしまうと、シャドウバンされてしまいます。禁止ワード・危険・いじめなどの内容が動画に含まれている場合にガイドライン違反となってしまうため、注意が必要です。

今一度TikTokのガイドラインをチェックし、自分の動画がTikTokのガイドラインに違反するような内容ではないか、チェックしておきましょう。

新規アカウント

続いての原因は、新規アカウントだということです。

新規アカウントは投稿数が少なく、良質なコンテンツがないと判断されることによりシャドウバンされてしまいます。新規アカウントだから何も違反していないと思っていても、シャドウバンされていることがあるため注意が必要です。

新規アカウントがシャドウバンされることは、実はよくあることなのです。動画を投稿する際は、いいね・コメントがつくような動画投稿を意識しましょう。

自動ツールの利用

続いての原因は、自動ツールの利用をしたということです。

自動ツールはいいね・フォローを自動でしてくれるツールとなっていますが、自動ツールを利用していると判断されると、シャドウバンされてしまいます。また、自動ツールを利用していなくても利用していると判断されればシャドウバンされるので、注意が必要です。

自動ツールは便利ですが、シャドウバンされたくなければ使用を控えましょう。

ユーザーからの通報

続いての原因は、ユーザーからの通報があったということです。

ユーザーから通報されて規約違反となる投稿が判明した場合、シャドウバンされてしまいます。ユーザーから通報されるということは、明らかにいけない投稿である可能性があるので、注意が必要です。

ユーザーから通報されない為にも、TikTokのガイドラインをしっかりとチェックしておきましょう。

連続投稿

続いての原因は、連続投稿をしたということです。

TikTokであまりにも連続投稿をしていると、BOTと認識されシャドウバンされてしまいます。また、連続投稿しすぎると動画のクオリティが下がってしまうため、あまりオススメはできません。

TikTokでは、連続投稿をしないようにしましょう。

他SNSへ誘導が多い

続いての原因は、他SNSへ誘導が多いということです。

TikTokでは他のTwitter・Instagram・YouTubeなどのSNSに誘導することができますが、誘導が多いとシャドウバンされてしまいます。TikTokをきっかけにほかのSNSの集客につなげようと考えている人は、注意しておきましょう。

TikTokアカウントでは、他のSNSへ誘導することは程々にしておいた方がよいでしょう。

ハッシュタグの付け過ぎ

続いての原因は、ハッシュタグの付け過ぎということです。

投稿した動画にハッシュタグを付け過ぎると危険なアカウントと認識され、シャドウバンされてしまいます。こちらはシャドウバンの原因として最も多い原因となっているため、注意しておきましょう。

より多くの人に動画を届けたい気持ちはわかりますが、ハッシュタグを付け過ぎないようにしましょう。

自動ツールとして誤判定

続いての原因は、自動ツールとして誤判定されたということです。

TikTokはいいね・フォローを自動でしてくれる自動ツールの利用を禁止しています。しかし、自動ツールを利用していなかったとしても、自動ツールと誤判定されてシャドウバンされてしまったということもあります。

あまりに頻繁にいいね・フォローをしていると自動ツールとして誤判定されてしまうので、適度にいいね・フォローをしましょう。

複数デバイスで同時にTikTokアカウントにログイン

続いての原因は、複数デバイスで同時にTikTokアカウントにログインしたということです。

複数デバイスで同時にTikTokアカウントにログインすると、アカウントがハッキングされたと判断されてしまいシャドウバンされてしまいます。特に海外からのログインとなると、ペナルティは悪化してしまいます。

複数デバイスを持っていたとしても、同時にTikTokアカウントにログインすることはやめておきましょう。

TikTokでシャドウバンされないために注意すること

TikTokでシャドウバンされないためにはどうしたらよいのでしょうか?

TikTokでシャドウバンされないためには、ガイドライン違反となる投稿をしない・自動ツールを利用しない・連続投稿をしない・ハッシュタグを付け過ぎない・複数デバイスで同じTikTokアカウントにログインしないといった方法があります。

それぞれ、解説していきます。

ガイドライン違反となる投稿をしない

まずは、ガイドライン違反となる投稿をしないということです。

ガイドライン違反となる投稿をしてしまうと、シャドウバンされる原因となってしまいます。ガイドライン違反となる投稿は禁止ワード・危険・いじめなどの内容が動画に含まれている場合のため、投稿する前にしっかりチェックしておきましょう。

動画を投稿する前に、TikTokのガイドラインもしっかりと読んでおきましょう。

自動ツールを利用しない

続いて、自動ツールを利用しないということです。

TikTokではいいね・フォローを自動でしてくれる自動ツールを禁止しています。また、手動だったとしてもいいね・フォローを頻繁にしていると自動ツールと認識されてしまう場合があります。

自動ツールを使用しないことはもちろんのこと、むやみやたらにいいね・フォローをしないようにしましょう。

連続投稿をしない

続いて、連続投稿をしないということです。

あまりにも連続投稿を繰り返すと、BOTと認識されてシャドウバンされてしまいます。また、視聴回数の低い動画を頻繁に投稿することもリスキーです。

1つ1つの動画のクオリティを高めることを意識して、投稿しましょう。

ハッシュタグを付け過ぎない

続いて、ハッシュタグを付け過ぎないということです。

自分の投稿にハッシュタグを付け過ぎると、シャドウバンされてしまいます。こちらはシャドウバンされる原因として最も多いので、注意が必要です。

動画を投稿する前に、ハッシュタグを付け過ぎていないか、チェックしておきましょう。

複数デバイスで同じTikTokアカウントにログインしない

続いて、複数デバイスで同じTikTokアカウントにログインしないということです。

複数のデバイスから同じTikTokアカウントにログインすると、ハッキングされたと認識されてしまうため、シャドウバンされてしまいます。特に他のデバイスが海外だった場合、事態は深刻となってしまいます。

TikTokアカウントを色んなデバイスでログインするのは便利かもしれませんが、シャドウバンの原因となってしまうのでやめておきましょう。

TikTokでアカウントバンや削除される原因と対処法

TikTokのシャドウバンについて解説してきましたが、実はアカウントバンされてしまうこともあります。

TikTokでアカウントバンされる原因は利用規約違反となっており、アカウントバンは事前に通知がきて投稿することができなくなってしまいます。

BANされてしまったアカウントの復活方法や、削除されてしまったアカウントの復活方法など、アカウントバンについて詳しく解説していきます。

TikTokでアカウントバンされる原因は利用規約違反

TikTokでアカウントバンされてしまったら、原因は利用規約違反となります。

利用規約違反とはどのようなものかというと、

  • 暴力の宣伝や性的な表現
  • 他ユーザーの嫌がらせ
  • 人種・宗教・性別・国籍などによる差別
  • 第三者へのプライバシー侵害
  • 虚偽やスパムコンテンツの投稿
  • 短期間にアカウントの大量作成

といった内容の利用規約違反があります。利用規約違反をしてしまうと、最終的にはアカウントバンされてしまうので、注意が必要です。今一度TikTokの利用規約をきちんと読んでおきましょう。

TikTokでアカウントバンされた場合は原則通知と共に投稿できなくなる

TikTokでアカウントバンされたら、アカウントバンされる前に通知がきて投稿することができなくなってしまいます。

TikTokのアカウントバンはシャドウバンとは違い、アカウントバンされる前に通知がくることが多いようです。しかし、中には通知が全く来なかったのにアカウントバンされていたという声もあるので、注意しておきましょう。

アカウントバンされると、以下の症状が出るためチェックしておきましょう。

  • フォローしている人の動画を見れない
  • フォロー・フォロワーが0になる
  • 動画を投稿できない
  • 投稿した動画の視聴回数が0

BANされたTikTokアカウントの復活方法

TikTokでアカウントバンされてしまったときの、アカウントの復活方法はないのでしょうか?

結論、アカウントバンされてしまったらそのアカウントは復活することはできません。アカウントバンされた場合、別のアカウントを作って1から投稿し直すしか方法はありません。そのため、他のSNSにフォロワーを集めておくことも忘れずにしておきましょう。

しかし、アカウントバンの原因が重大な規約違反だった場合は、新しいアカウントを作れないということもあります。

削除されたTikTokアカウントの復活方法

TikTokでアカウント削除されてしまったときの、アカウントの復活方法はないのでしょうか?

結論、アカウント削除されてしまったらそのアカウントは復活することはできません。まずアカウント停止されて30日後にアカウントの情報が完全削除されてしまうため、アカウント停止されてしまったら早めに違うアカウントで再登録しましょう。

そもそも、アカウントが削除されるような規約違反となる迷惑行為をしないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

TikTokでシャドウバンされてしまうと、投稿した動画がおすすめに載らなくなってしまいます。

シャドウバンされる原因は、TikTokガイドライン違反・新規アカウント・自動ツールの利用・ユーザーからの通報・連続投稿・他SNSへの誘導が多い・ハッシュタグの付け過ぎ・自動ツールとして誤判定・複数デバイスで同時にTikTokアカウントにログインという原因が考えられます。

シャドウバンされてしまったら、解除されるまで放置する、規約違反の危険性がある動画は投稿しない、再生数が全く伸びていない動画の削除、コメント・いいねが増える動画投稿をするといった方法をしましょう。ちなみに、お問い合わせ・新規アカウント作成は効果はありません。

シャドウバンされないためには、ガイドライン違反となる投稿をしない・自動ツールを利用しない・連続投稿をしない・ハッシュタグを付け過ぎない・複数デバイスで同じTikTokアカウントにログインしないということを注意しましょう。