【TikTok】シャドウバンって何?原因から対処法まで解説

次にシャドウバンの原因として考えられるのは、ハッシュタグを付け過ぎているということです。

ハッシュタグの付け過ぎはシャドウバンされる原因として可能性が特に高く、特に動画とは関係のないようなハッシュタグばかりつけているとシャドウバンされてしまうこともあります。

ハッシュタグは文字数内だったらいくらでもつけることができますが、付け過ぎも注意が必要です。

自動ツールとして誤判定

次にシャドウバンの原因として考えられるのは、自動ツールと誤判定されたということです。

自動ツールは自動でいいねやフォローをしてくれるツールですが、AIの判定により自分でいいねやフォローをしている場合にも、自動ツールと判定されてしまうことがあります。

自動ツールの使用はもちろん辞めた方がいいですが、短時間で一気にいいねやフォローなどをすると、AIが誤って判断してしまうことがあるので、注意しましょう。

複数デバイスで同時にTikTokアカウントにログイン

最後にシャドウバンの原因として考えられるのは、複数のデバイスで同時にTikTokアカウントにログインをしたということです。

複数のデバイスで同時にTikTokアカウントにログインすることで、ハッキングされたと判断されてしまい、シャドウバンされてしまうことがあります。

特に、他の国でのログインはシャドウバンされる可能性が高まります。

TikTokでアカウントバンや削除される原因と対処法

ここまでシャドウバンについて解説していきましたが、アカウントバンされたり、削除されたということもあるかもしれません。

TikTokのアカウントバンについて、解説していきます。

TikTokでアカウントバンされる原因は利用規約違反

TikTokでアカウントバンされる原因は、利用規約違反をしてしまったことです。

TikTokには利用規約がありますが、あまり読まずにTikTokを使用しているという方もいるのではないでしょうか。知らず知らずのうちに、利用規約違反をしてしまって、アカウントバンされてしまうということもあります。

なので、今一度TikTokの利用規約をチェックすることをおすすめします。

TikTokでアカウントバンされた場合は原則通知と共に投稿できなくなる

TikTokでアカウントバンされた場合は、原則通知と共に動画を投稿することができなくなります。

TikTokのシャドウバンでは通知が来ないものの、アカウントバンされたときはアカウントがバンされたことを知らせる通知がくるようです。

また、アカウントバンされたら動画投稿もできなくなります。

BANされたTikTokアカウントの復活方法

TikTokでアカウントバンされたときは、復活できるかは時と場合によります。

アカウントバンされた時は、新しいアカウントをつくることによって復活することはできますが、重大な規約違反をしてしまった場合は、他のメールアドレスや電話番号を使ったとしてもアカウントがつくれない場合があります。

新しいアカウントではフォロワーや動画は0になってしまうため、他のSNSなどを使ってアカウントを作り直したことを知らせましょう。

削除されたTikTokアカウントの復活方法