「IMEが無効です」の直し方とは?原因や対処法を徹底解説

入力モードが日本語以外の場合、日本語が入力できません。右下のIMEアイコンを右クリックして、「半角英数、全角英数」以外を選択してください。
日本語入力が可能になっている事を確認してください。

②入力言語を日本語に設定

Windows10に複数の言語を登録している場合、使用言語が日本語以外だと日本語が入力できなくなります。右下のIMEアイコンをクリックし、一覧から「日本語」をクリックしてください。その後、日本語入力が可能になっている事を確認してください。

③日本語IMEを既定の言語として設定

既定の入力言語が日本語IME以外になっている場合、日本語を入力できなくなる事があります。日本語IMEを既定の言語として設定するには以下の通りに行ってください。

  1. 「スタート」ボタン→「設定」をクリックします。
  2. 「デバイス」をクリックします。
  3. ウインドウ左側の「入力」を選択し、「その他のキーボード設定」の「キーボードの詳細設定」をクリックします。
  4. 「既定の入力方式の上書き」のボックスをクリックし、「日本語」を選択します。

以上の手順で、日本語IMEを既定の言語として設定できます。日本語入力が可能になっている事を確認してください。

④日本語IMEを登録する

日本語を既定の言語に設定するために、日本語IMEを登録しておきます。

  1. 「スタートボタン」→「設定」をクリックします。
  2. 「時刻と言語」をクリックします。
  3. ウインドウ左側の「言語」を選択し、「優先する言語を追加する」をクリックします。
  4. 「インストールする言語を選択してください」のウインドウが表示されるので「日本語」をクリックし、「次へ」をクリックします。
  5. 「インストール」をクリックしてください。
  6. 「言語」画面に戻ったら、「日本語」をクリックし、「日本語」が一番上に来るように「↑」をクリックします。

以上の手順で、日本語IMEを登録することができます。

まとめ

ここまで「IMEが無効です」の様々な原因とそれぞれに合った直し方、また日本語入力が出来ない場合の直し方を解説してきました。

IMEというものは普段から使用していたとしても特に意識しなくても使うことができ、隠れて身近に役に立っているものというのは、何か問題が起きても何が原因で文字が入力できなくなったのか分からない。という事になりがちです。

自分の思った通りにPCが動いてくれないのはもどかしいものですが、これらの情報を元に「IME」がどういったもので、いつ役に立っているのか、どうすれば思う通りにPCは動いてくれるのか。という事を理解し、ストレス無くPCを利用するお手伝いが少しでも出来たなら幸いです。