BlueStacksのおすすめ設定!ゲームが重いときの設定も紹介

BlueStacksというものは一体どのように設定すればいいのか、そしてどのような設定がゲームにおすすめなのでしょうか。そしてアプリが重いときの対処法も紹介していきますので、興味があるという人はぜひ参考にしてみてください。

BlueStacksおすすめ設定をご紹介!

Androidのゲームを起動させると、ゲームで携帯が重いという経験はありませんか?そんな重いゲームアプリをパソコンでプレイして、携帯には重いゲームアプリを手軽にプレイしたいと考えている人も多いです。そんなときにおすすめなのがBlueStacksです。設定の仕方や対処法などを紹介していきますので、ぜひ対処法やおすすめのBlueStacksの設定を参考にしながら重いゲームを手軽にプレイしてみましょう。

重いゲームには対処法がある

Androidには様々な魅力的なゲームアプリがありますが、起動させるとAndroidが重いということがあります。なぜ重いのかというと、ゲームアプリを起動させると起動させるためのバッテリーがほぼゲームに持ってかれてしまうため、パフォーマンスが重くなってしまうのです。しかし、AndroidのゲームをたくさんプレイしたいのにAndroidが重くなってしまうのはストレスになりますが、1つ対処法があります。

エミュレータを使ってパソコンでプレイ

ゲームアプリを起動させるとAndroidが重くなってしまうので、どうすればいいのかというとAndroidのゲームをパソコンでプレイすればいいのです。パソコンでAndroidやiPhoneのアプリゲームを設定することでプレイすることができるようになるおすすめのエミュレータがあるのです。それがBlueStacksというものです。ではこのBlueStacksとは具体的にどんなエミュレータなのでしょうか。

無料で手に入れられるエミュレータ

BlueStacksは、無料のAndroidのエミュレータですので手軽に手に入れられるのでおすすめです。BlueStacksをパソコンにインストールすると、Androidのゲームアプリをパソコンでプレイできるようになります。BlueStacksを入れることで、Androidの画面で操作していたゲームがパソコンで綺麗な画質で、しかも大きめの画面で操作できるようになるのでゲーム好きの人におすすめです。

様々なメリットがある

BlueStacksのメリットは、プレイ画面が大きくなる、画質が美しくなるだけではありません。なんとBlueStacksをインストールすることで、パソコンとAndroidで同じゲームをプレイできるのです。家ではパソコンの大画面でゲームを楽しめて、外出したら外でAndroidでゲームの続きをプレイすることができるので、BlueStacksはとてもおすすめのAndroid専用無料エミュレータなのです。

アメリカの会社が開発したアプリ

BlueStacksはBlueStacks社というアメリカの会社が開発したアプリです。BlueStacksは、無料のAndroid専用エミュレータなので、Androidのゲームならほぼパソコンで遊ぶことができます。BlueStacksをインストールして、Androidのゲームをパソコンで遊ぶことでAndroidより快適にプレイすることができるメリットがあるので、BlueStacksを使いましょう。

エミュレータとは?

BlueStacksは無料エミュレータですが、ではエミュレータとはなんでしょうか。エミュレータとは、簡単に言うと本来ならその機器ではプレイできないようなゲームをプレイできるようにするアプリということです。本来ならAndroid端末でしかプレイできないゲームなのにBlueStacksを入れることでプレイできるようになるのと同じことです。本来ならエミュレータはとても複雑な手順を踏まなくてはなりません。

複雑な手順が必要

エミュレータを使うには、本来ゲームをプレイできる機器より、プレイしたい機器のスペックが高くないとエミュレータを動かすことができません。しかしBlueStacksはこの条件をクリアしています。よほどパソコンのスペックが低くない限り、Androidのゲームをパソコンでプレイすることができます。また、ゲームを動かすためのデータである、BIOSを抽出して読み込まないといけないという複雑な手順もあるのです。

BlueStacksを使うのは違法?

BlueStacksは本来のエミュレータより手軽に使うことができるおすすめのエミュレータということが分かりましたが、そもそも本来ゲームをプレイできる機器とは違う機器でゲームをプレイするのは違法なのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし安心してください、BlueStacksはアメリカの大手企業が出資していますし、ゲーム会社もBlueStacksをおすすめしているので安心なのです。

おすすめ設定を紹介

ではそんなおすすめのエミュレータであるBlueStacksのおすすめの設定の仕方を解説していきますので、BlueStacksのおすすめの設定の仕方が知りたいと考えている人はぜひ紹介する設定を参考にして設定をしてみてください。設定の仕方1つでゲームのやりやすさが変わってきますので、設定の仕方が分からない人は、まずおすすめの周辺環境の設定を参考にしながらBlueStacksの設定を進めてみてください。

ディスプレイ

おすすめのエミュレータであるBlueStacksをインストールすることで、様々な設定をすることができます。ではまず、BlueStacksのインストール方法を紹介していきます。BlueStacksの公式サイトに行ってください。BlueStacksの公式サイトに行ったら、緑色のボタンでBlueStacksをダウンロードするというのがありますので、それをクリックしてください。ダウンロードが開始されます。

デスクトップに保存

BlueStacksのダウンロードが終わったら、BlueStacksをデスクトップや自分が見やすい場所などにフォルダごと保存してください。BlueStacksのアプリアイコンをダブルクリックすると、デバイスに変更を加えることを許可するかどうかという、ユーザーアカウント制御のボックスが表示されます。もちろんそれはイエスを選択します。すると、BlueStacksがインストールできる画面が表示されます。

ロード中は待機

BlueStacksがインストール可能の画面には、下の方に水色のボタンで今すぐインストールするというボタンと、利用規約に承諾するというチェックボックスがあります。利用規約をよく読んでから承諾するチェックボックスにチェックを入れて、今すぐインストールをクリックしてください。インストールが開始されると、途中でゲームのイラストなどに切り替わることがありますが、慌てずに、どこもクリックせず待機しましょう。

注意ボックスはよく確認

インストールが完了したら、BlueStacksはすぐ使えると言うわけではありません。BlueStacksのインストールが完了すると、パフォーマンス向上という注意ボックスが出現します。この注意ボックスは無視しても、ウイルスに感染するというわけではないので無視しても大丈夫ですが、ゲームをプレイするにあたって、動きが鈍くなってしまう可能性がありますので、様々な設定を行ってから続行するのをおすすめします。

バーチャライゼーションは有効に

BlueStacksをインストールしたときの注意ボックスのなかに、バーチャライゼーションを対象から外してくださいという文面があります。このバーチャライゼーションを有効にしておくとパソコンでAndroidのゲームアプリをするときにスムーズにプレイすることができるのでおすすめです。パソコンでAndroidのゲームをプレイするには外せない設定と言えます。設定をきちんとチェックしてから使ってみてください。

アカウントにサインインする

BlueStacksを正常に起動させると、BlueStacksを使うために、GooglePlayのアカウントにサインインしてくださいという画面が表示されます。サインインをクリックしてログイン画面にいき、メールアドレスか電話番号を入力してください。これでBlueStacksのインストールは完了となりますので、おすすめのAndroidのゲームアプリや、自分が興味あるアプリをインストールしてみましょう。

DPI値を確認

BlueStacksのインストールが完了したら、ディスプレイの設定をしてみましょう。美しい画質でゲームがプレイしたいという人は、DPIの値を上げると、より美しくプレイすることができるのです。DPI160から、DPI240に変更すると、画面がよりクリアに美しくすることができるのでおすすめです。解像度とDPIは、プレイ画面を美しくするのにとても重要な要素ですので、DPI値を事前に確認してみてください。

解像度ってなに?

解像度とDPIは何が違うのでしょうか。DPIとは、解像度の単位のことです。dots per inchの略で、ドットの数が1インチに対して多ければ多いほど、解像度はクリアになり、美しい画面になるのです。ドット数が少なかった時代のゲームは、キャラクターの造形が細かく分かりませんでしたが、現在ではドット数がとても多いのでキャラクターの造形が細かくなっているのと一緒の原理ですので、解像度を確認してみましょう。

高い解像度を設定しよう

BlueStacksで解像度を変更してみましょう。BlueStacks画面の左にある歯車アイコンをクリックしてください。歯車アイコンをクリックすると、ディスプレイの設定をすることができます。ディスプレイをクリックすると、解像度とDPIを選択できる画面になります。解像度で1番高い値は2560×1440、DPIで1番高い値は320DPIです。画面の美しさを確認しながら、ディスプレイの設定をしましょう。

パソコンが重くならない値を設定する

ディスプレイで1番高い値は2560×1440で、DPIで1番高い値は320DPIですが、1番高い解像度とDPIを設定すればいいというわけではありません。あまりスペックが高くないパソコンだと、解像度の値ととDPI値を1番高く設定してしまうと、その処理をしなければいけないのでパソコンがむしろ重くなってしまうのです。プレイ中にパソコンが重くならないように、最適な解像度とDPIの値を設定してみてください。

エンジン

BlueStacksの設定でおすすめなのは、エンジンです。BlueStacksの左にある歯車アイコンをクリックしたら、ディスプレイの下にエンジンというのが表示されています。このエンジンというのは、様々なゲーム要素に関わってくるので、必ず設定することをおすすめします。設定することで、プレイするゲームを快適な環境ですることができるので、ディスプレイの設定が終わったら、必ずエンジンの設定もしてください。

互換性かパフォーマンスか選ぶ

まずエンジンでは、グラフィックエンジンモードというのがあります。互換性とパフォーマンス、どちらを選べばいいのかというと、美しい解像度でゲームをプレイしたい、滑らかな動きでキャラクターを操作したいという人は、互換性を選択してください。特にこだわらないという人は、パフォーマンスモードを選択してください。パフォーマンスモードだと、キャラクターは少しかくつきますが、ゲームをスムーズに進めることができます。

どちらかを選んでチェック

グラフィックレンダラーだと、DirectXかOpenGLを選ばなければなりません。ゲーム内BGMやキャラクターボイスをクリアに聴きたいという人はDirectXを選択してください。OpenGLを選択すると、グラフィックの美しさがよりクリアになりますので、グラフィックを重視しているという人はOpenGLを選択しましょう。自分が音声を重視するか、グラフィックを重視するかで選択する方を決めてみてください。

使えるものは使う

GPU設定のところで専用のコンピュータグラフィックスを使用するというところにチェックを入れるボックスがあります。これはAndroidのアプリゲームをパソコンでやるためのグラフィックスカードがパソコンに入っていれば、チェックボックスにチェックを入れてください。このグラフィックスカードはNVIDIA製のGPUしか利用できないようになっているので、他のグラフィックスカードは使えませんので注意しましょう。

ゲームに適した設定をしよう

ASTCテクスチャというところにチェックを入れると、ゲームのグラフィックが滑らかで美しくなりますし、パフォーマンスは自分のパソコンのスペックと相談して、高くするか中くらいにするかを選んでみてください。自分がやりたいゲームが、どれくらいスムーズに動けばやりやすいか、どれくらいの美しいグラフィックであれば見やすいのかを確かめながら、設定をしてみてください。そうすることで、ゲームに適した設定ができます。

通知モード

BlueStacksの通知モードで、おすすめの設定を紹介していきます。通知モードは、オンにしてもしなくても、特に問題はありません。BlueStacksを起動しているときに、通知モードをオンにしていないと不便なゲームがあった場合は、通知モードをオンにしてみてください。特に通知が来ないゲームをプレイしたいという場合は、通知モードはオフにしておいても大丈夫ですので、臨機応変に対応することができるのです。

通知がきても邪魔をしない

BlueStacksを起動させているときに、通知モードをオンにしておくと、通知はシステムトレイに小さく表示されます。ですので通知が来ても、ゲームの邪魔をすることがないので心配はありません。BlueStacksのアイコンに、読んでいない状態のメッセージが何通あるかのバッヂが表示されているので、分かりやすくて便利です。また、通知モードだとBlueStacksのアプリは閉じているので、注意してください。

通知が来てるアプリを選べる

BlueStacksの通知モードを起動させた場合、通知を表示させたいゲーム、アプリを選ぶことができます。どのゲームに、どれくらいの通知が来ているのか、どのアプリにどれくらいの通知が来ているのかが一目で分かるので、BlueStacksの通知モードは活用しても損はありません。ぜひBlueStacksの通知モードをオンにして、メッセージなどが重要になるゲームなどの場合は活用してみることをおすすめします。

BlueStacksは手動で閉じる

BlueStacksの通知モードを起動させるにあたって、注意点があります。BlueStacksの通知モードをオンにすると、BlueStacksを閉じてもゲームなどの裏で起動し続けるので、パソコンをシャットダウンしようとしてもBlueStacksは閉じていないのです。パソコンをシャットダウンする前に、BlueStacksをタスクバーから完全に終了させてから、パソコンをシャットダウンしてみてください。

詳細設定

BlueStacksの詳細設定をしていきましょう。デスクトップでのアイコンの作成など、様々な設定をカスタマイズすることができるのです。自分の好きなようにカスタマイズをすることで、快適にゲームがプレイできるようになるので、ぜひ設定をしてみてください。そうすることで、自分がやりたいAndroidゲームアプリの環境に適した、環境に整えることができるのです。様々な設定がありますので、ぜひ見てみてください。

詳細設定は変更せずともいい

この詳細設定は、基本的に変更はしなくてもいいものですが、しかしインストールをしたアプリのアイコンを全てデスクトップに追加するというものは、不要であればオフにすることもできますので、チェックボックスをオフにしてください。詳細設定を見てみると、メディアフォルダという項目があります。メディアフォルダの場所は変更することも可能なので、自分が1番分かりやすい場所にフォルダを保存しておいてください。

ユーザーデータ

ユーザーデータも変更することができます。アイコンなどを変更したい場合は、手軽に変更することができますので、ユーザーデータの欄を見てみてください。ユーザーネームなども変更することが可能ですので、試してみましょう。

デバイス設定