【図解】iTunesとiPadの同期が認識されない原因と解決方法とは?

この記事は約 8 分で読むことができます。

iPadをPC接続(mac・windows10のiTunes)と同期できない時の対処法。充電できるのに認識しない・古いipodやmini4を同期できないなどのトラブルシューティングも。音楽・動画・写真などの同期が楽になるクラウドアプリも紹介

Mac(iTunes)×iPadを同期できない時の対処法

今回は、iTunesとiPadが同期できないトラブルに関する情報をまとめていきます。
自分の持っているパソコンにiPadのデータをバックアップできずに困っている方は、ぜひ当記事を参考にしてください。

Mac・Windows共通の確認事項

iTunesがiPadを認識してくれない時、最初に以下で挙げるポイントを順番に確認してください
以下の確認事項は、Mac・Windowsのどちらにも共通する確認事項となっています。

【確認事項】

  1. iPadのロックが解除されているか
  2. パソコンのiTunesが「最新バージョン」か
  3. Mac・Windowsのソフトウェアが最新バージョンか
  4. 「このコンピュータを信頼しますか?」と聞かれた際に「信頼」をタップしているか
  5. 関係ないUSBアクセサリがパソコンから取り外されているか
  6. (5まで確認済みなのに同期ができない場合)パソコンとiPadを再起動する
  7. (WiFi経由でiTunesに同期しようとしている場合)iPadとパソコンが「同じWiFiネットワーク」を経由しているか確認する

Mac利用時の対処法

上記の確認事項がチェック済みでも、MacのiTunesが同期を開始しない場合、Mac上で以下の操作を実行してみましょう。

Mac利用時の対処法

①iPadをMacに接続→iPadのロックを解除して、ホーム画面が表示されている状態にする

②「option」キーを押しながら「Appleメニュー」をクリック→「システム情報」または「システムレポート」をクリックする

③画面左側に表示されたリストの中から「USB」をクリックする

④「USB装置ツール」項目の中に「iPad」という表記がある場合、最新の「macOS」を入手、または最新のアップデートをインストールする

⑤他社製のセキュリティソフトウェアを利用している場合、Macからアンインストールする

上記の流れでMacを操作しても、iTunesがiPadを認識してくれない場合、「Appleサポート」にお問い合わせすることをおススメします。

Windows10×iPadを同期できない時の対処法

お使いのパソコンが「Windows」の場合の対処法について説明します。

まずは、共通の確認事項をチェックしてみましょう。
それでもiTunesがiPadを認識してくれない場合、Windowsパソコンを操作して、対処できるか試してみましょう。

ちなみに、Windowsパソコンの操作手順は、iTunesを「Microsoft Store」からダウンロードしたか・「Apple」からダウンロードしたかで異なってきます。

iTunesを「Microsoft Store」からダウンロードした場合

WindowsパソコンにあるiTunesを「Microsoft Store」からダウンロードした場合は、以下の手順で操作してみてください。

Windowsパソコンでの操作手順

①iPadをパソコンから取り外す

②iPadのロックを解除して、ホーム画面を表示した状態で、再びパソコンと接続→iTunesが起動したら、すぐに閉じる

③Windowsパソコンの「スタートボタン」を右クリック→「デバイス マネージャー」をクリックする

④「ポータブル デバイス」を展開する

⑤接続しているiPad名を探して、右クリック→「ドライバーの更新」をクリックする

⑥「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します」をクリックする

⑦ソフトウェアのインストールが完了後、再びiTunesを起動する

iTunesを「Apple」からダウンロードした場合

WindowsパソコンにあるiTunesを「Apple」からダウンロードした場合は、以下の手順で操作を行い、「Apple Mobile Device USB Driver」を再インストールします。

Windowsパソコンでの操作手順

①iPadをパソコンから取り外す

②iPadのロックを解除して、ホーム画面が表示されている状態で、パソコンに再接続→iTunesが起動したらすぐに閉じる

③「Windowsキー+R」を押して、「ファイル名を指定して実行」というウィンドウを起動する

④起動したウィンドウに
「%ProgramFiles%\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers」
と入力→「OK」をクリックする

⑤「usbaapl64.inf」または「usbaapl.inf」というファイルを右クリック→「インストール」をクリックする

⑥iPadをパソコンから取り外して、パソコンを再起動する

⑦再度iPadとパソコンを接続して、iTunesを起動する

【新しいパソコン】iPad内の音楽・写真・動画を移す方法

新しいパソコンを購入した場合、旧パソコン内にあるiTunesの同期内容を新しいパソコンに移行することで、これまでと同じ同期内容でiTunesを利用することができます。

Windowsの場合

WindowsパソコンのiTunes移行手順

【旧パソコンでやること】

①iTunesの「ファイル」→「ライブラリ」→「ライブラリの整理」の順にクリック→「ファイルを統合」にチェックを入れて「OK」をクリックする

②外付けHDDやUSBメモリをパソコンに接続→エクスプローラーを開き、「マイミュージック」フォルダにある「iTunesフォルダ」を外付けHDDなどにコピーする

 

【新パソコンでやること】

①新しいパソコンにiTunesをインストールしたら、iTunesデータをコピーした外付けHDDなどをパソコンに接続する

②新パソコン内の「マイミュージック」にある「iTunesフォルダ」を削除して、コピーしておいた「iTunesフォルダ」を新パソコン内の「マイミュージック」に移動する

Macの場合

Macの場合も、基本は上記手順と同様に、

「iTunesメディアファイルの統合」→「iTunesファイルをバックアップ(コピー)」→「新パソコン内にiTunesファイルを移動」

という流れになります。

ちなみに、「写真や動画、音楽をiTunesに同期することが面倒くさい!」と思っている方は、アプリを活用してみるのはいかがでしょうか?

iPadを同期できない時によくある事例

iPadをお使いのパソコンに同期しようとした際によく発生するトラブル事例をご紹介していきます。

実際に、以下で紹介する事例に悩まされているという方は、ぜひ解決方法も参考にしてみてください。

「このiPadに接続できませんでした」のエラーが出る

iPadとパソコンをUSB接続して同期しようとしたら、「このiPadに接続できませんでした」というエラーメッセージが表示されてしまい、同期が開始されないことがあります。

この場合、上記で紹介した「確認事項」を一つずつ順番にチェックしていきましょう。

基本的には、確認事項をチェックしていくことでこのエラーを解決できます。

充電できるのに、認識されない・同期しない

iPadとパソコンを接続したら、iPadの充電は行われているのに、iTunesには認識されず同期が開始されないという事例が発生することがあります。

この事例の場合、

  • iPadのロックが解除されていない
  • 「このコンピュータを信頼しますか?」のメッセージに対して「信頼」をタップしていない

などの原因が考えられます。

「確認事項」を一からチェックしてみてください。

同期が終わらない

iTunesによる同期が開始されたが、「同期が終わらない」というトラブル事例が見れらます。

この場合、「iTunesが最新バージョンになっているか」確認してみましょう。

また、「一度iTunesをパソコンからアンインストール→再びインストール」という対処法も効果的です。

  【知らなきゃ損!】iTunesの同期が遅い原因と対処方法とは?

古いiPad(mini4など)でどうしても同期できない時の対処法

使っているiPadの世代が古く、どうしてもiTunesとの同期が行われないというケースもあるようです。

その場合は、iTunes接続時に表示される「エラー番号」を確認→「iTunesサポート」にアクセスして、何が原因となっているか追及しましょう。

  iTunesとiPhoneを同期する方法!同期できない、曲が認識できずに消える原因など!

写真・音楽・動画の同期が面倒な人はアプリを活用すべし!

そもそも、iPad内にある写真や動画、音楽などの同期を行うことが「面倒くさい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

iTunesを利用した同期が面倒くさい方は、「アプリ」の活用をおススメします!

写真や動画は「Googleフォト」を利用しよう!

例えば、写真や動画を安全・スムーズ・楽にバックアップ・復元したい場合は、「Googleフォト」を活用しましょう。

Googleフォトとは、写真や動画などを保存できる「クラウドストレージ」サービスです。

アカウントを作成しただけで、自動的に写真や動画をクラウドストレージにアップロードできるため、同期に面倒な作業が必要ありません。

音楽は「ストリーミングサービス」を利用しよう!

音楽の同期を楽にしたい方は、「ストリーミングサービス」を利用できるミュージックアプリを活用してみましょう。

「Spotify」「Apple Music」といったミュージックアプリを利用していれば、機種変更時でも、「アカウントにログイン」するだけでこれまで通りに音楽を聴くことができます

「ダウンロードした曲」や「お気に入りしたプレイリスト」も簡単に引き継ぐことができます。

詳しくは遂に日本上陸!世界一人気の音楽配信サービス「Spotify」とは?をご覧ください!

まとめ

今回は、「iPadとiTunesの同期が上手くいかない」というトラブルに焦点を当てて解説してきました。

同期ができない問題は、多くの場合「共通の確認事項」を順番にチェックすることで解決できます。

まずは焦らずに、一つずつチェック項目を試してみてください。

  【iPhone/iPad/Mac】iTunesが同期できない原因とwifiの関連性とは?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す