CompatTelRunnerとは?停止する手順も徹底解説!

CompatTelRunner.exeというプロセスが原因でWindowsパソコンのパフォーマンスが悪化したり、リソースを使い過ぎてしまう場合があります。CompatTelRunner.exeのプログラムを停止する手順について紹介していきます。

CompatTelRunner.exeとは?

CompatTelRunner.exeというプログラムがWindows10パソコンで動作しているとパフォーマンスが悪くなったり、パソコンの動作に影響が派生することがあります。ここではそんなwindowsパソコンに影響を与える可能性があるCompatTelRunner.exeというプログラムとはどのようなプログラムであるかについてチェックしていきましょう。CompatTelRunner.exeのプログラムの特徴を知ることで色々な対処法をすることができます。

Windowsのカスタマーエクスペリエンス向上プログラム

windowsパソコンでよく動作しているとCompatTelRunner.exeというプログラムは、Windowsのカスタマーエクスペリエンス向上プログラムの一部の実行ファイルとなっています。Windowsのカスタマーエクスペリエンス向上プログラムとは、Microsoft のオペレーティング システムで発生した不具合やトラブルについての情報をMicrosoftに転送して、品質、信頼性、およびパフォーマンスの向上のために活用されるようになっています。なのでCompatTelRunner.exeのプログラム自体はWindowsパソコンのウィルスソフトではないので安心してください。

Microsoft compatibility telemetryは名称

CompatTelRunner.exeというプログラムをネットで検索するとMicrosoft compatibility telemetryという言葉がヒットすることが多くあります。Microsoft compatibility telemetryとは、マイクロソフト コンパティビリティ テレメトリプログラムのことであり、マイクロソフトがWindowsパソコンの情報収集のためにデフォルトでセットアップされているサービスのことです。Microsoft compatibility telemetryで問題が発生し、WindowsOSのパフォーマンスが悪い場合は大抵CompatTelRunner.exeの実行ファイルが原因となっています。

停止することのできるプログラム

CompatTelRunner.exeというプログラムは、Microsoft compatibility telemetryのサービスの1つであり、マイクロソフト標準の実行ファイルとなっています。そんなデフォルトでセットアップされているプログラムファイルは勝手に停止してもよいのでしょうか。実はCompatTelRunner.exeを強制終了したり、Microsoft compatibility telemetryのサービスを停止することは特にパソコンを利用するうでは影響はありません。なのでもしCompatTelRunner.exeによってWindowsPCのPerformanceが悪い場合は、一旦プログラムを強制終了したり、削除してみましょう。

パソコンの動作が重くなる可能性がある

Microsoft のオペレーティング システムで発生した不具合やトラブルについての情報をMicrosoftに転送してくれる便利なプログラムであるCompatTelRunner.exeですが、データ収集やMicrosoftに転送するためにデータを作るのに一時的にWindowsPCのパフォーマンスを多く利用してしまうことがあります。その結果windowsパソコンの動作が重くなり、正常にアプリケーションやソフトウェアが動作しなくなってしまうトラブルが多々発生しています。そのため会社のルールやポリシー設定に影響がないのであれば、CompatTelRunner.exeを停止して改善するかを試してみましょう。

CompatTelRunner.exeの停止方法〜Windows10〜

ここまではMicrosoft compatibility telemetryのサービス実行ファイルであるCompatTelRunner.exeの特徴やポイントについて紹介してきましたが、もしCompatTelRunner.exeが原因でWindowsのアプリケーションやソフトウェアが動作しなくなってし舞った場合は、どのようにしてCompatTelRunner.exeを停止させればいいのでしょうか。ここではCompatTelRunner.exeを停止させる方法として、タイムスケジューラで停止する方法とレジストリ設定から停止する方法の2パターンについてチェックしていきましょう。

タイムスケジューラを使って停止する手順

CompatTelRunner.exeが原因でWindowsのAPPやSoftwareが重たい場合や動作しない場合は、CompatTelRunner.exeを停止させてみましょう。まずCompatTelRunner.exeをタイムスケジューラで停止させる方法としては、スタートメニューから管理ツールをクリックしてください。そしてタスクスケジューラをクリックして、「Microsoft」-「Windows」-「Application Experience」を展開して、表示された項目を全て選択して「無効化」を選択すればMicrosoft compatibility telemetryのサービスを自動起動されないようにすることができます。もし逆にMicrosoft compatibility telemetryのサービスを有効化したい場合は、同様の手順で元に戻すことができます。

レジストリから編集する手順