【LINE】画面が真っ暗になる原因はダークモード?解除方法を解説

ではAndroid版の手順を見ていきましょう。

Xperia

まずはXperiaの場合です。

Xperiaでは「設定」→「ディスプレイ」→「ナイトモード」をオフにします。

Galaxy

次はGalaxyです。

Galaxyでは「設定」→「画面設定」→「詳細設定」→「機器のテーマ」をライトにします。

Pixel

次はPixelです。

Pixelでは「設定」→「ディスプレイ」でダークテーマをオフにしましょう。

【おまけ】LINEミュージックのダークモードを設定・解除する方法

ではLINEミュージックのダークモードを設定・解除する方法を見ていきましょう。

こんな感じにする方法ですね。

手順

では手順を見ていきましょう。

「ライブラリ」→「歯車マーク」→「テーマ設定」→「ダークモード」。

これで背景カラーを黒背景に変えることができました。

勝手に切り替わっている人もいるようですね。

因みに「ダークモード」と「ライトモード」の2つがあり黒と白の背景を選択することができます。

ダークモードでは画像や文字の視認性があがり目の負担も減ります。

さらにバッテリーやディスプレイの持ちがかなり良くなります。

あのGoogleも導入しています。

反対にライトモードではモノトーンにし余計な配色を省くことで楽曲やアーティストがより目立つようになります。

ただ目がさえていまうというデメリットが。

正直ダークモードのほうが良いような気がしますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

LINEの画面が真っ暗になる原因はダークモードであることがわかりましたね。

LINEではなくOSの設定側からダークモードを変更する作業が必要なんです。

またLINEでのダークモードを変更する手法についても見ていきました。

ライトモードでは目に悪いという声も結構あるので基本ダークモードにしておくことをおススメします。