iOSをダウングレードする方法と出来ない時の対処法をご紹介

iPhoneをお使いの方であれば、新しいバージョンのOSが配信されたらアップデートするのが世の常識ですよね。ただ、アップグレードをしてしまうと不具合が起きるケースも多々起きています。本記事では、iOSのバージョンをダウングレードする方法をお伝えしていきます。

iOSをダウングレードする前の準備

iOSをダウングレードする前に準備が必要です。まずは下記のモノを準備しないとダウングレードできないのでご注意ください。

もし、これらのモノを持っていない方はまず揃えることが前提条件となります。

  1. インターネットに接続されているパソコン
  2. Lightningケーブル(ライトニングケーブル)
  3. iTunes

【ダウングレードする前の準備】①最新版のiTunesか確認する

古いバージョンのiTunesで作業を行うとエラーやダウングレードできない場合があります。なので、お使いのiTunesが最新であるかどうかを最初に確認しましょう。

確認方法はMacとWindowsで若干違ってくるので、下記の手順を参考にしてみてください。

[Windows]

  1. iTunesを起動する
  2. メニューバーの「ヘルプ」をクリックする
  3. 「更新プログラムの確認」をクリックする
  4. 新しいバージョンのiTunesがある場合、ポップアップが表示されるので、画面の支持に従ってインストールする

[Mac]

  1. 「Mac AppStore」を開く
  2. 画面上部のアイコンから「アップデート」をクリック
  3. アップデートがあるかどうか確認が行われる
  4. アップデートがある場合は「アップデート」ボタンが表示されるのでクリックする
  5. 画面の指示に従って操作していく。

尚、詳しく知りたい方は下の記事にてわかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

【簡単5分】iPhoneのiOSをPCのiTunesでアップデートする方法

【ダウングレードする前の準備】②iPhoneのバックアップを取る

ダウングレードが上手く行かなかった場合、iPhoneの中身のデータが消える可能性があります。そうならないためにもバックアップは必ず取っておきましょう。

バックアップの方法ですが、iCloudで取る方法とパソコンで取る方法が主流となっていまので、こちらでは簡単に説明させて頂きます。

  1. ホーム画面にある
  2. 一番上のユーザー名をクリックする
  3. 「iCloud」をタップします。
  4. 「iCloudを使用しているApp」の一番下にある「iCloudバックアップ」をタップして設定を「オン」にします。
  5. 「バックアップを開始」と表示されるので、「OK」をタップします。
  6. 「今すぐバックアップを作成」をタップして終了するまで待ちます。

尚、バックアップについて詳しく解説している記事を下に載せておきますので、もし不明な点がある方はそちらを参考にしてみてください。

iPhoneのバックアップには時間がかかる?原因と対策を紹介!

 

【ダウングレードする前の準備】③「iPhoneを探す」をオフにする

盗難防止の機能であるため、「iPhoneを探す」は基本的に常にオンで大丈夫ですが、初期化をする時は「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。

今回は、ダウングレードが上手く行かなかった時に初期化をする可能性があるため、「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう。

下記にて「iPhoneを探す」の解除の手順を解説するので参考にしてみてください。

【手順】①設定を開く

ホーム画面にある「設定」のアプリを開きます。

【手順】②Apple IDをタップ

「設定」アプリを開いたら一番上に自分のApple ID(名前)が書かれているところがあるのでタップします。

【手順】③「探す」を開く

「探す」と書かれている部分があるので、タップします。

【手順】④「iPhoneを探す」をタップしパスワードを入力

「iPhone探す」をタップすると、さらに「iPhone探す」があるので、タップするとApple IDのパスワードの入力を求められるので入力すると「iPhone探す」を解除できます。

【ダウングレードする前の準備】④旧バージョンのiOSのダウンロード

iOSをダウングレードするために、旧バージョンのiOSのダウンロードも必要になります。こちらも下記にて順番に解説するのでやっていきましょう。

【手順】①ipsw.meにアクセス

ipsw.me」にアクセスします。アクセスすると下記のページに行くので「iPhone」を選択しましょう。

【手順】②ダウングレードしたい端末を選択

上記のページにアクセスしたら、ダウングレードしたい端末をクリックします。

【手順】③ダウングレードしたいiOSをクリック

iOSのバージョンの一覧が表示されているページに飛ぶので、ダウングレードしたいiOSをクリックしましょう。

【手順】④iOSがダウンロードされているか確認する

「Download」をクリックするとダウンロードが開始されるので、iOSがきちんとダウンロードされているか確認しましょう。

 

※補足として説明しますが、過去にiTunesでダウンロードしたiOSは「○○○○.IPSW」というファイル名で保存されています。格納場所ですが、WindowsとMacで違っていて、下記の場所にそれぞれ保存されています。なので、「ipsw.me」からダウンロードしたiOSは下にフォルダに保存すると良いでしょう。

Windows10〜7の場合
C:\Users(または[ユーザー])\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPod Software Updates または iPad Software Updates または iPhone Software Updates

Mac OS Xの場合
/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/iTunes/iPod Software Updates または iPad Software Updates または iPhone Software Updates

iOSをダウングレードする方法

iOSをダウングレードする場合、MacではFinder、WindowsではiTunesが必要になります。

自分の使用しているOSに合わせて下記を参考にしましょう。

【iOSをダウングレードする方法】Windowsを使用する場合

下記はWindowsの手順になります。WindowsではiTunesを使用することが肝になるので、iTunesをダウンロードしていない方は最初にそちらをダウンロードしておきましょう。

【手順】①iPhoneをWindowsに繋ぐ

Lightningケーブルを使用してiPhoneをWindowsに繋ぎます。

【手順】②iTunesを起動する

iTunesを起動させます。Windows 7をお使いの方であれば、「スタート」の「すべてのプログラム」からiTunesを探すと良いでしょう。Windows 10をお使いの方は「スタート」をクリックするだけで、インストールされているプログラムの一覧が表示されるので、一覧の中からiTunesを探して起動させましょう。

【手順】③「アップデートを確認」を「shift」キーと同時にクリック

iTunesを起動させて、自分のiPhone情報が確認できたら「概要」を選択します。そこで「アップデートを確認」という項目があるので、「shift」キーと同時にクリックしましょう。

【手順】④ダウンロードしたOSのファイルを選択

「ipsw.me」でダウンロードしたiOSのバージョンを選択します。尚、この時点でファイルを探すのが難しい場合、わかりやすいところに予め保存しておくと良いでしょう。

【iOSをダウングレードする方法】Macを使用する場合