Macが重いときの原因と対処方法は?おすすめアプリも紹介

Macパソコンの動作が重い原因としては、Macパソコンのハードディスクやディスク容量不足が原因になっていることもあります。ディスク容量不足が発生してしまった場合は、どのような対処を行ええばいいのでしょうか。ここではMacパソコンでディスク容量不足が発生した際の対処法について紹介していきます。

容量不足の解決方法①:外付けHDD・SSDを用意する

Macパソコンでディスク容量不足が発生した場合は、外付けのHDDやSSDを準備しましょう。Macパソコンに標準搭載されているディスク容量は簡単に拡張することはできません。しかし外付けHDDやSSDなら機器を購入してUSBで挿入すれば簡単にディスク容量を拡大することができます。

容量不足の解決方法②:iCloudなどのクラウドサービスを活用する

またクラウドサービスやiCloudのストレージサービスを活用していMacパソコンのディスク容量不足を解消させることもできます。クラウドサービスやクラウドストレージは、インタネットを経由して自分のパソコンにあるデータを保存する方法です。なのでクラウドストレージ上にデータが保存できれば、パソコン上のデータを削除しても問題ありません。しかしクラウドサービスを信頼があるサイトやサービスを利用しないとトラブルが発生することもあるので注意してください。

まとめ

Macパソコンの動作が重い原因は様々あり簡単には原因がわからないこともあります。なのでまずは1つずつMacパソコンの動作が重い場合にどのようなこと要因になっているかをチェックする必要があります。また操作内容によってはパソコン初心者には難しい操作もあるので、その場合はサポートセンターやパソコンに詳しい人に確認してみましょう。