Macが重いときの原因と対処方法は?おすすめアプリも紹介

Macパソコンが重いときはバックグラウンドで重い処理が実行されていることが原因でMacパソコン自体の動作が重くなってしまうこともあります。バックグラウンドで動作しているアプリケーションは、目に見えないためいつの間にかMacパソコンのリソース容量不足の原因になってしまっていることもあります。なのでもしMacパソコンが重いと感じた場合は、バックグラウンドで実行されいるプログラムがあるかを確認して不要のバックグラウンドプログラムを停止させると対処できることもあります。

対処法⑫:不要なキャッシュを除去する

Macパソコンを長時間利用していたり、たまにしかMacパソコンの再起動しない場合は不要なキャッシュデータがどんどん溜まってしまいます。通常はキャッシュデータは、アプリケーションを停止した時やMacパソコンを再起動したときにリフレッシュされるのですが、長時間パソコンを利用していたりするといつの間にかキャッシュデータが溜まってしまいMacパソコンの動作を妨げる場合もあります。なので定期的に不要なキャッシュデータが削除することでMacパソコンの動作が重い対処法になることがあるので試してみてください。

対処法⑬:ディスクのエラーを検証・解消する

Macパソコンのハードウエアが原因でMacパソコンの動作が重い状態になってしまう場合は、ハードディスクの状態をチェックしてみましょう。Macパソコンの動作が重い原因としてはリソース容量不足が主な原因ですが、メモリやCPU以外にもハードディスクの容量不足で不具合や動作不慮が発生することもあります。なのでハードディスクのエラーチェックや検証を実行して問題ないことをチェックしてみると良いでしょう。

対処法⑭:システムのアニメーションを無効にする

Macパソコンはデフォルト設定でシステムのアニメーション効果が有効になっています。このシステムのアニメーション効果は、初心者やあまりパソコンになれていない人にとってはとても有効的な機能なのですが、意外とMacパソコンのリソースを利用してしまっています。もしシステムのアニメーションが不要な場合は、システムのアニメーションの設定を無効化して動作が軽減されるかをチェックしてみると良いでしょう。

対処法⑮:アプリケーションのログイン項目を減らす

Macパソコンで複数のアプリケーションにログインしていることでMacパソコンでの動作が重い症状が発生する場合もあります。Macパソコンでは複数のアプリケーションを利用したり、様々なサービスを利用することが多いと思いますが、ずっとログインしっぱなしにしていると常にネットワーク接続が発生することでリソース容量不足が発生することもあります。なのでログインしているアプリケーションを精査するのも対処法としては有効的です。

対処法⑯:NVRAM(PRAM)のリセット

MacパソコンのNVRAM(PRAM)のリセットという機能を活用するとMacパソコンの動作が改善することもあります。NVRAM(PRAM)のリセットとは、Macパソコンが素早くアクセスできるように所定の設定情報が記憶されているのですが、その記録情報が誤っていることでMacパソコンの動作が重くなったり、不具合が発生することもあります。なのでMacパソコンのNVRAM(PRAM)のリセットすることで保管されている間違ったデータをリフレッシュすることもできます。

対処法⑰:セーフブートモードで起動する

Macパソコンの動作が悪いときやそもそも正常に動作しない場合は、セーフブートモードを活用してみましょう。セーフブートモードとは、必要最低限のリソースを使ってMacパソコンの起動させる方法です。そもそもMacパソコンが壊れていたり、ハードウエアに問題がある場合は、このセーフブートモードを活用することで正常にMacパソコンを起動することができることもあります。なのでMacパソコンが重いときの対処法としても活用することができます。

対処法⑱:アンチウイルスソフトでサーチしてみる

Macパソコンにインストールしているウイルス感染ソフトを活用して動作が重い原因を調査してみるのもいいかもしれません。Macパソコンにインストールされているアンチウイルスソフトでウイルスや

動作が重い原因をチェックしてもらい、原因となるプログラムやソフトウェアを削除することでMacパソコンの動作改善があるかもしれません。しかしインストールされているウイルス感染ソフトによっては機能が異なるので事前にチェックしておきましょう。