Macが重いときの原因と対処方法は?おすすめアプリも紹介

Macパソコンでメールやチャットが届いた際に通知が鳴る設定にしている人も多くいるかと思います。実はこの通知設定は、他のプログラムやアプリケーションの動作を中断させて強制的に最優先で通知プログラムが実行されるようになっています。なので処理中に多くのメッセージやメールが届いた際に通知するソフトウェアにリソースっを取られてしまい、Macパソコンの動作が重くなってしまうこともあります。なのでMacパソコンで通知機能を活用する際は、特定に時間のみや特定のアプリケーション、特定の人からの連絡のみにして他の通話機能を無効化しておくとMacパソコンのパフォーマンスが改善する場合もあります。

対処法⑤:ゴミ箱を空にする

Macパソコンでゴミ箱にデータやファイルがたくさんたまっていることもMacパソコンの動作を重くする原因の1つとなっています。ゴミ箱機能とは、ファイルやデータを削除した際に完全削除せずに一時的にゴミ箱に保管しておき、本当に不要であればMacパソコンからの完全削除を実行することを言います。しかしこのゴミ箱の機能を知らないといつの間にかストレージ容量不足になってしまい、本来Macパソコンで利用するためにストレージ容量が足りなくなってしまうトラブルが発生することもあります。なのでゴミ箱の中についても定期的に空っぽにしてデータの完全削除を実行するようにしましょう。

対処法⑥:Bluetoothを切る

またMacパソコンでBluetoothの機能を活用している人はBluetoothの機能が常に有効化されていることで無駄にリソースを活用されて、Macパソコンの動作が重くなってしまうこともあります。Bluetoothの機能とは、無線通信の規格のひとつであり、対応した機器同士は、ケーブルなどを接続しなくてもデータをやり取りすることができる機能である。このBluetoothの機能が有効化されていると常に接続先のデバイスを探してしまうので、バッテリー消費も激しくさらにリソースを活用されてしまうため、Macパソコンが重いと感じてしまう原因となっています。

対処法⑦:システムの透明度を下げる

Macパソコンの設定が原因でMacパソコンが重いと感じてしまうこともあります。Macパソコンの設定でシステムの透明度はどのような設定になっているかをチェックしてことはありますか。システムの透明度とはアプリケーションなどを起動した際に淵や画面の後ろの画像を見やすくする機能になっています。しかしこのシステムの透明度は、以外とMacパソコンのリソースを利用してしまっている処理の一つとなっています。なのであまりシステムの透明度を活用して操作を行っていない人は、Macパソコンの環境設定よりシステムの透明度を調整してみてください。

対処法⑧:Dockのエフェクトを無効化する

またMacパソコンが重いと感じてしまう原因としては、Dockのエフェクトが原因の場合もあります。Dockのエフェクトとは、Macパソコンを起動した際に画面下部に表示されるアプリケーションの一覧です。このDockのエフェクトを活用してアプリケーションを瞬時に起動させたり、他のプログラムを実行することができるようになっていますが、Dockのエフェクトは、アイコン表示にリソースを活用するために稀にリソース容量不足の原因になることもあります。そのためDockのエフェクトをあまり活用していない人は、Dockのエフェクトを無効化しておくこともいいかもしれません。

対処法⑨: Time Machineを一時的に無効化する

またTime Machineが原因でMacのパソコンのリソース容量不足が発生し、Macパソコンが重いと感じてしまうことがあります。Time Machineとは、アップルが開発するmacOSに搭載されているバックアップ機能のことです。Time Machineは、Macパソコン標準のバックアップ機能なのでよく活用している人も多くいるかと思いますが、このTime Machineは定期的に動作しているので逆にこのTime Machineがリソースを使い過ぎてMacパソコンの動作が重いと感じてしまっていることもあります。なのでバックアップ機能を無効化にしても良いタイミングでTime Machineを一時的に無効化にして改善するかを確かめてみましょう。

対処法⑩:MacOSを最新版にアップデートする

Macパソコンが重いのはそもそもMacパソコンのMacOSが原因で動作が重くなってしまうこともあります。MacパソコンのOSのアップデートは定期的に行っていますか。MacパソコンのOSアップデートは定期的にAppleから提供されていますが、ついつい後回しにしてしまっている人も多くいるかと思います。しかしMacパソコンのアップデートを後回しにするとリソース容量不足の原因になったり、セキュリティ面で危険があることもあるので、定期的にアップデートを実行するようにしましょう。

対処法⑪:処理の重いプログラムを止める