Macが重いときの原因と対処方法は?おすすめアプリも紹介

みなさんはMacパソコンを利用していて動作が重くいと感じたり、ストレージ容量不足になってしまったことはありませんか。ここではMacパソコンユーザ向けに動作が重いと感じる原因やその対処法、おすすめなアプリケーションについて紹介していきます。

Macが重くなる原因は?

Macパソコンを利用していると急に動作が重いと感じることがあったり、ストレージ容量不足になってしまったという経験をされた人はいませんでしょうか。いつもは問題なく利用できているMacパソコンがなぜ急に動作が重いと感じたり、ストレージ容量不足になってしまうことがあるのでしょうか。ここではまずMacパソコンでなぜ動作が重いと感じること発生してしまうのかについて考えてみましょう。Macパソコンやデバイスは稼働していると不要なデータやファイルが一時領域で溜まっていってしまいます。なのでその一時データが増え続けてしまうと想定しないところでリソースを活用してしまい、本来問題がないアプリケーションやソフトウェアが正しく動作しなくなってしまうことがあります。なので一時的な原因でMacパソコンが重いと感じてしまうことがあるようです。

Macの動作が重いときの対処方法

Macパソコンが重いと感じる原因についてはわかって頂けましたでしょうか。たいていの場合はMacパソコンが重いと原因としては、一時的な動作不具合やリソースの容量不足が原因になっていることがあります。それではここからはもしあなたのMacパソコンが重いと感じている時にできる対処法について紹介していきます。しかしMacパソコンが重いと感じているときにできる対処法は、いくつかあるので、それぞれの特徴を知った上で自分のパソコンに当てはまる対処法を実行する必要あるので注意してください。

対処法①:Macを再起動させる

まずMacパソコンが重いと感じているに最も多くの人がすぐに行っている対処法としては、Macパソコンの再起動です。あなたはMacパソコンに不具合が発生した際にパソコンの再起動を実行したことはありますか。Macパソコンに限らず電化製品や通信機器などは一時的に不具合が発生してしまい正常に動作しなくなってしまうことがあります。一時的にでも不具合が発生してしまうと再起動しないと正常な動作に戻らないこともあります。しかしデバイスやパソコンを再起動する際は、必ずデータを保存してから実行しましょう。中途半端な状態で再起動するとデータが破損してしまうことがあります。

対処法②:デスクトップを整理する

次にMacパソコンが重いと感じた場合の対処法としては、デスクトップ画面のリソース容量不足で発生する動作不具合です。デスクトップ画面は、常に表示される画面のためこのデスクトップ画面に様々なデータやファイル、プログラム実行をしていると毎回デスクトップを表示する際にリソースを利用して、容量不足が発生し、動作が重いと感じてしまうことがあります。なのでMacパソコンのデスクトップを定期的に整理して不要なデータやファイルを削除したりすることをおすすめします。また自分が知らない間にダウンロードしたプログラムやデータがデスクトップにあることもあるので、デスクトップをたまにチェックしてあげることも有効的です。

対処法③:使わないアプリケーションを除去する

一方でMacパソコンで利用するアプリケーションやソフトウェアが原因でMacパソコンの動作が重いと感じてしまうこともあります。Macパソコンのパソコンを利用する際は、インタネットブラウザや動画編集アプリケーション、ゲームソフトウェアを活用している人が多くいるかと思いますが、それ以外にも実は多くのアプリケーションやソフトウェアがMacパソコンにはインストールされています。しかもデフォルトではなく、様々なアプリケーションをインストールしたことで不要なアプリケーションまでもインストールされていることもあるので、定期的にインストールされているアプリケーションをチェックして削除してあげるといいかもしれません。

対処法④:通知機能を切る