Macが重いときの原因と対処方法は?おすすめアプリも紹介

対処法⑳:SMCをリセットする

またMacパソコンのNVRAM(PRAM)のリセット同様でSMCをリセットすることでもMacパソコンの動作重い場合の対処法になることもあります。SMCをリセットとは、システム管理コントローラの機能をリセットすることであり、電源や照明、ファン等の不具合などのハードウエアの危機に問題がある場合にリセットを行う事で改善することがあります。SMCをリセットを行う際は、不要な周辺機器を外してから実行することをおすすめします。

対処法㉑:Macを初期化する

またここまで紹介した方法でもMacパソコンの動作が重い原因が解消されない場合は、Macパソコンを初期化してみましょう。Macパソコンを初期化することで不要なデータをクリーンアップすることができます。しかしMacパソコンを初期化する前には必ずMacパソコンのデータをバックアップを取っておきましょう。Macパソコンを初期化すると全てのデータが削除されるので、バックアップがないとデータを復元することができなりますので、注意してください。

Macの高速化に便利なアプリケーションを紹介!

Macパソコンの豪差が重くなる原因やリソース容量不足になってしまう原因について紹介してきましたが、わかって頂けましたでしょうか。ここからは現状のリソース状況のままでMaxパソコンを高速化させる便利なアプリケーションについてチェックしていきましょう。今のMacパソコンをより快適に利用するためにもここで紹介する高速化におすすめなアプリケーションについて紹介していきます。

①OnyX

まずMacパソコンを高速化させるのにおすすめなアプリケーションとしては、OnyXというアプリケーションがおすすめです。OnyXとは、Operating system utilities for Macというアプリケーションのことであり、快適な動作の妨げになるものを綺麗にクリーニングしたり、Macのデフォルトの仕様を編集できるアプリケーションとなっています。

②DaisyDisk

またDaisyDiskもMacパソコンのリソース容量不足や動作が重い原因を解消してくれるアプリケーションの1つです。DaisyDiskは、HDDやSSDのリソース使用量を、視覚的に確認することができるソフトとなっており、ディスク容量を無駄に消費しているファイルを見つけて、ドラッグ&ドロップで簡単に削除することもできます。

③smcFanControl

そしてMacパソコンを高速化させるのにおすすめなアプリケーションとしては、smcFanControlを利用することもおすすめです。smcFanControlを利用することで対処できることしては、組み込まれたファンの最低速度を設定できるため、インテルマックの冷却速度を下げるために最低速度を実際に上げることができます。これによってMacパソコンが高温で動作が重くなっている場合は解消できることもあります。

Macのディスク容量不足を解決する方法は?