未分類

偶然落ちているairpodsを拾ったらバレるの?

airpodsが完全に初期化されていなければ、”探す”アプリでairpodsの場所を確認する事が出来ます。
もし電源が入っていなかった場合は、最後に接続された場所が表示されます。
airpodsが近くにある場合、airpodsからサウンドを再生することによって場所を特定することが可能です。
ただし、”探す”機能を有効にしていない場合はairpodsを探す事が出来ないので注意しましょう。

airpodsを紛失した場合の対策!

airpodsを紛失してしまった場合、やっておいた方が良い対策がいくつか存在しますのでご紹介します。
対策をしっかりしておくことによって、万が一airpodsを紛失してしまった場合でも回収することが出来る場合があります。
紛失対策されたairpodsを持ち逃げした場合バレる可能性が高くなるので、拾ったら必ず警察に届け出るようにしましょう。

airpodsを購入したらすぐに紛失モードを有効化しておく

airpodsを購入したらすぐに紛失モードを有効化しておきましょう。
紛失モードを有効化しておくことによって、airpodsが発見された場合の連絡先などを拾った人にアナウンスしてくれます。
また、紛失モードを有効化しておけば、airpodsの位置情報が検出出来る状態になった場合、通知で教えてくれます。
さらに、airpodsを初期化された場合でも再接続出来る場合があります。
再接続が出来れば”探す”アプリからサウンドを再生することによって、airpodsが近くにある場合発見できる可能性が高まります。

警察に紛失届けを提出する

airpodsを紛失した場合、紛失したと思われる場所の最寄りの警察署に紛失届けを提出しましょう。
残念ながら遠方に持ち逃げされてしまった場合は、捜索が難しく警察にもバレない可能性が高いです。
しかし、紛失届けを提出しておくことで、他の人が拾って警察署に届けてくれた場合、手元に戻ってくる可能性が高まります。
airpodsを紛失したら、必ず最初に紛失届を提出しておきましょう。

まとめ

今回の記事では、airpodsを拾った場合バレるのかについて詳しく解説しました。
万が一、自分の所有物にしたり売ってしまった場合は前科が付く可能性もあります。
犯罪に巻き込まれる危険を減らすためにも、必ず警察に届け出るようにしましょう。