偶然落ちているairpodsを拾ったらバレるの?

大人気ワイヤレスイヤホン【airpods】。
街中でairpodsを付けている方も多いのではないでしょうか?
しかし、耳から落として紛失してしまうリスクも多いのです。
もし落ちているairpodsを拾った時バレるのか、リスクについて解説していきます。

偶然落ちているairpodsを拾ったらバレるの?

airpodsはAppleが販売しているワイヤレスイヤホンです。
気軽に装着することが出来、つけ心地も良いことからApple製品ユーザーの使用率は着実に増えています。
しかし、ワイヤレスで気軽に装着できる反面、落としてしまってそのまま紛失することも多いのです。
もしairpodsを悪意のある人が拾った場合、そのまま持ち逃げされる可能性もあります。
airpodsを持ち逃げした場合、バレる可能性について詳しく解説していきます。

airpodsを拾ってもバレない理由を解説!

結論、残念ながらairpodsを悪意のある第三者が拾ったまま持ち逃げした場合、警察などにバレる可能性は低いです。
落としてしまった場合、サイズが小さいこともあり、見つからないまま新しいairpodsを購入せざるを得ない場合もあります。
何故、airpodsを持ち逃げしてもバレる可能性が低いのか詳しく解説していきます。

簡単に初期化されてしまう

第三者がairpodsを拾ってもバレる可能性が低い理由の1つ目が【簡単に初期化されてしまう】ということです。
airpodsはairpodsの背面にある設定ボタンを押し続けた場合、接続がリセットされてしまいます。
紛失モードという設定をあらかじめ有効にしておけば初期化された場合でも再接続できる場合があります。
しかし、紛失モードを有効化していない場合は、再接続出来なくなっている可能性が高いです。
紛失モードが有効化されていないairpodsの場合、残念ながら持ち逃げされてしまうと警察などにバレない可能性が高いです。

充電が切れてしまうと探せなくなる

第三者がairpodsを拾ってもバレる可能性が低い理由の2つ目は【充電が切れてしまうと探せなくなる】です。
airpodsはGPSなどの追跡機能は内蔵されておらず、充電が切れてしまった場合は”探す”アプリで最後に電源が入っていた場所が表示されるか”位置情報が見つかりません”などと表示されます。
上記の理由から、充電が切れてしまった場合正確な位置情報が確認できなくなり、フリマサイトなどで売却されてしまう可能性が高いです。
フリマサイトで売却されてしまうと、追跡するのが非常に困難になってしまいます。
したがって、犯人がバレる可能性が低くなってしまうのです。

airTagのように位置情報を分かりやすく共有する方法がない

第三者がairpodsを拾ってもバレる可能性が低い理由の3つ目は【airTagのように位置情報を分かりやすく共有する方法がない】です。
AppleはairTagという位置情報を視覚的に分かりやすく教えてくれる製品を販売しています。
しかし、airpodsはairTagのように正確な位置情報を追跡してくれる機能が備わっていません。
もし紛失してしまった場合は、探す事が困難になってしまう可能性が高いです。
万が一遠く離れた場所に持ち逃げされてしまった場合は、位置情報を探すのが難しくなってしまうため、airpodsを持ち逃げされてもバレる可能性が低い理由となります。

airpodsが拾われて初期化されてしまうとどうなる?

もし、airpodsを拾われて初期化されてしまった場合、警察などにはバレないのでしょうか?
airpodsを紛失モードに設定していない場合、捜索するのが非常に困難になってしまいます。
airpodsを悪意のある第三者が拾った後に初期化してしまった場合、どうなるのかを詳しく解説していきます。

初期化されてしまうとペアリングが解除されてしまう