iPhone12もUSB-C端子は不採用!移行しない理由とは?

iPhone12での採用が期待されたUSB-C。しかし、今回もLightningケーブルが採用されました。USB-Cが採用されない理由とは?そして新型iPhoneに期待されていたものの採用されなかった別の点を取り上げます。

 

iPhone12発売、今回もUSB-C不採用

iPhone11の発売前からも「新型iPhoneにはUSB-C(USB Type-C)が採用されるかも」という予測がありました。iPad Proや新型iPad AirにUSB-Cが採用されたことから、iPhone12にUSB-Cが採用される期待がありました。

しかし、今回のスペシャルイベントでiPhone12シリーズも引き続きLightningケーブルが採用されると発表され、落胆の声が聞かれています。

付属ケーブルは「LightningUSB-C」という謎仕様

USB-C - Lightningケーブル(1 m)
出典:Apple

今までとは異なり、iPhone12に電源アダプターは同梱されないことも発表されました。イヤホンなども同梱されず、「LightningUSB-C(USB Type-C)」のみ同梱されることになりました。Appleは環境保全から電源アダプターを同梱しないことにしました。

世界中に電源アダプターはかなり存在しており環境保護のため、同梱する必要はないと判断したようです。しかし、存在している多くの電源アダプターはポートの形状が「USB-A」のため、結局、ポートの形状がUSB-Cの電源アダプターを購入する必要があるのではと考える人もいるようです。

初ナイロン網組みケーブル同封か?

既存のApple純正のLightningUSB-A(USB Type-A)ケーブルはゴム製ケーブルでした。コネクタに接触する部分が摩耗し断線してしまう可能性があります。使っているうちに急に充電できなくなり、気づかないうちにケーブルが使えなくなっていたという方もいると思います。

iPhone12に同封されるLightningUSB-Cはナイロン網組ケーブルではないかとのリーク情報があります。ナイロン網組ケーブルは耐久性があります。引っ張り、ねじりなど、ケーブルではよくある動きに強い特徴があります。ゴム製ケーブルよりも断線せず、長く使用できることが期待されます。

しかし、最近Youtubeで上がったiPhone12開封動画やツイートを見てみると従来通りのケーブルで、ナイロン網組ケーブルではありませんでした。期待は薄そうです。

 

iPhoneUSB-Cに移行しない理由

iPhone5の登場とともに採用されたLightningケーブルは優秀です。大きさは、USB-C(USB Type-C)より小さい。裏表関係なく使える。0.48Gbpsの転送速度も十分です。では、なぜiPad ProiPad Air で採用されたのでしょうか?それは、iPadの立ち位置がパソコン側へよっているからだと思われます。

iPadUSB-Cを採用することで様々なメリットがあります。写真を取り込んだり、データを転送しあったりすることができます。さらに必要であればマウスやキーボードなどの周辺機器も使用することができます。iPadUSB-Cを採用することで、よりパソコンのようにiPadを使うことができます。

iPhoneUSB-Cを採用し、写真を取り込んで編集するでしょうか?動画をiPhoneへ取り込んで編集するでしょうか?iPhoneUSB-Cを採用することで、メリットはありますがUSB-Cを採用されないとしてもほとんど困ることなく、iPhoneを使用することができます。いまiPhoneUSB-Cが採用されないとしても不便では無いことも、USB-Cが採用されない理由として考えられます。

ネットで「USB-C」がトレンド入り

日本時間の1014日午前2時のAppleのスペシャルイベントでiPhone12シリーズが発表されました。その直後から「Lightningケーブル」や「USB-C」がTwitterでトレンド入りしました。

USB-C(USB Type-C)の採用が期待されていたものの、Lightningケーブルが採用されたことがTwitter話題になったと考えられます。多くの人がiPhoneへのUSB-Cの採用を待っていたというものの採用されなかったことが話題となり、トレンド入りへとつながりました。

ネットでの声

実際、ネットではどのような声が上がったでしょうか?

「iPhone12も12ProもUSB CではなくLightning端子のままなのか…」

『「え、まだUSB-CじゃないiPhone使っているの?」ぐらい言いまくって、少しでも売れ行きを落としてもらうしか無いですね』

「Lightning->USB-Cという謎のケーブルを売りつけるのか…(USB-Aなご家庭の方が多いのでは…?)」

こうしたネットの声を見ると、Lightning継続よりもUSB-C採用の期待が感じられます。

USB-C以外のiPhone12の不満な点

USB-C以外にもiPhone12で不満なところが色々と出てきています。それを紹介していきます。

iPhone12不満点】①EarPodsと電源アダプタが同梱されない

EarPodsと電源アダプターの同梱が廃止されました。今持っている電源アダプターがUSB-Aの場合、新たにUSB-C(USB Type-C)のアダプターを購入する必要があります。また、ワイヤレスイヤホンを期待していた方もLightningイヤホンを使うか、ワイヤレスイヤホンを購入する必要があり、余分の出費となりそうです。

iPhone12不満点】②指紋認証がない

最近のiPhoneではFace IDが多く採用されています。コロナウイルスの影響でマスクを使用することが多く、Face IDが使えないと感じている方もいると思います。新型iPad Airに指紋認証機能が搭載されたことから、iPhone12での採用も期待されていました。

指紋認証機能が搭載されなかったことから、iPhone12を手にしてもFace ID使用時にはパスコードを入力する手間が必要かもしれません。

iPhone12不満点】③ノッチが残っている

Androidスマホではノッチなしスマホが登場しています。iPhone12ではノッチがなくなると期待する人もいました。ノッチがなくなることで画面に表示される部分は確実に増え、iPhoneの一つの進歩として歓迎されます。

しかし、発表されたiPhone12はノッチが残っていたため不満の声が上がっています。

iPhone12不満点】④日本版はミリ波非対応

iPhone125G対応ということで、通信速度の改善や向上が期待されています。アメリカ版のiPhoneはミリ波対応のようですが、日本版はミリ波に対応していません。ミリ波は5Gの重要な部分であり、ミリ波に非対応ということは、5Gの美味しいところが使えないと言っても過言ではありません。

5Gの凄さを感じたい人や5Gに期待していた人は不満に感じているに違いありません。