【超簡単】iPhone純正充電器の断線をたった3分で防止する修理方法?

この記事は約 9 分で読むことができます。

iPhoneの純正の充電器が壊れた充電できない!という時にスグできる修理方法(応急処置)対処法を紹介しています。差し込み口の接触不良・故障の場合、無料(無償)交換してもらう方法も解説。コンビニや店頭に駆け込む前に出来る対処があります。

iPhoneの純正充電器が壊れた!と思ったときにまずチェックすること

iPhone,充電,純正充電器

iPhoneが上手く充電できないとき、「純正充電器が壊れた」以外の原因も考えられます。

「純正充電器は壊れていないけれど、充電されない原因」としては、以下の5つが考えられます。

①完全放電(0%まで使用)した後ではないか?

充電器を挿す前に、iPhoneが完全放電していないか確認しましょう。
完全放電とは、iPhoneの電源が0%になった状態のことです。

完全放電の状態で充電を開始しても、すぐには電源が起動しません
10~15分ほど充電を続けてから、再びiPhoneを起動させてみてください。

②充電元のコンセントは正常か?

そもそも、充電元のコンセントが正常でないために、充電が正常に行われていない可能性があります。

コンセントが正常に稼働しているか確認してみてください。

③PC・車・新幹線で充電してはいないか?

iPhoneのバッテリーがほとんど無くなった状態では、PCや車の「USBポート」にiPhoneを繋いだり、新幹線のコンセントを利用して充電しても、うまく充電が行われない可能性があります。

理由は、通常のコンセントとは違い電圧が低いためです。

④純正のアダプター+純正の充電ケーブルを使っているか?

「純正のアダプター+純正の充電ケーブル」を使用して充電していますか?

Appleが公認しているケーブルを使用していない場合、iPhoneと上手く接続されず、充電が正常に行われていない可能性があります。

⑤iPhone本体に問題が無いか?

充電器にもコンセントにも特に問題が無い場合は、iPhone本体に原因があるのかもしれません。

iPhoneの故障が発覚したら、「【iPhoneの故障】修理の出し方!代替機やデータのバックアップ方法も徹底解説!」を参考に、iPhoneを修理しましょう。

充電器を自分で修理する方法【応急処置】

もし、上記5つが充電できない原因ではなく、充電器に不具合が生じていることで充電できないようであれば、応急処置をしてみてください。

ここでは、応急処置の方法を2種類ご紹介します。

1.コネクタ部分をキレイにする

iPhone本体の「コネクタ部分(充電器を挿す部分)」が汚れていることで、うまく充電がされていない可能性があります。

iPhone,充電,コネクタ部分

出典:Apple公式サイト

そのような場合、iPhoneのコネクタ部分の汚れをキレイに拭きとってください

綿棒に「除光液」「エタノール」などを付け、綿棒でコネクタ部分を掃除することで、充電不良が改善する可能性があります。

除光液は100円ショップで販売されているものでも問題ありません。

2.接触不良の部分を固定する

iPhoneの充電器で「接触不良になっている部分」を固定してみましょう。

充電ケーブルのiPhone側の端子は非常に細く、壊れやすいです
もし、充電ケーブルが内部で断線が起こると、充電ができなくなったり、充電がついたり消えたりします。

iPhone,充電器,先端

そのため、接触不良の部分「接着剤」や「テープ」で固定してみましょう。

接触不良部分を固定しても、充電できないようなら、「充電器を無償交換」してもらうことをおすすめします。

Appleで無料(無償)交換してもらう

iPhoneを購入したときに付属している「純正の充電器」は、一定条件を満たしていればAppleで「無料(無償)交換」してもらうことができます。

無償交換できる条件

充電器をAppleで無償交換してもらうためには、以下の条件を満たしている必要があるので注意です。

iPhoneが「保証期間内」か?

現在利用しているiPhoneが、Apple製品の「保証期間内」である必要があります。
保証期間外であれば、無償交換してもらうことができません

Apple製品の「保証期間」とは?

すべてのiPhoneは、製品を購入後「1年間」製品保証が設けられています(以下1年保証)。

さらに、「AppleCare for+ iPhone」に加入すると、保証期間が2年間に延長され、画面修理やその他損傷の修理代金を安く抑えることができます。

「保証期間内」か確認する方法
「保証期間内」か確認する方法

①iPhoneの「設定」から、「一般」→「情報」の順にタップする

iPhone,シリアル番号,情報  iPhone,シリアル番号,確認

 

②シリアル番号を確認する

③Apple公式サイトの「製品の保証状況とサービス期間を確認する」にアクセスする

④確認した「シリアル番号」と「コード」を入力し、「続ける」をクリックする

 

Appleサポート,保証状況,シリアル番号

 

⑤「修理サービス保証」が「有効」になっているか確認する

純正充電器が手元にあるか?

そもそも故障している「純正充電器」が手元にあるかどうかも重要です。
当然のことながら、本体を持っていなければ、新しい充電器と交換することはできません

故障は「人為的」ではないか?

充電器が「経年劣化」により故障していることも条件の一つとなります。
人為的な故障の場合は、無償交換の対象外となる可能性があります。

また、ケーブル自体が分裂してしまっているような「ひどい状態の故障」の場合も、無償交換の対象外となります。

「充電器の配線の調子が割るけれど、手で押さえると上手く充電できる」といった程度の故障であれば、無償交換してもらえます。

無償交換する手順

次に、純正充電器を無償交換する手順をご紹介していきます。
今回は、「インターネットで交換を申し込み→郵送で交換する」手順を解説します。

①Appleサポートに交換を申し込む

まずは、Appleサポートから充電器の交換を申し込みましょう。

Appleサポートへの申し込み手順

「Appleサポートへのお問い合わせ」にアクセスする

Apple,問い合わせ,iPhone

②「iPhone」→「修理と物理的な損傷」→「ヘッドホン、ケーブル、またはUSBアダプタの交換」の順にクリックする

Apple,iPhone,故障

Apple,iPhone,充電器の修理

 

③「配送修理」を選択し、「Apple ID」と「パスワード」を使ってサインインする

Apple,充電器,配送修理

 

④「Apple ID確認コード」を入力しサインインする

iPhone,Apple ID,確認コード

⑤「サポートが必要ですか?」で「ヘッドホン、ケーブル、またはUSBアダプタの交換」を選択し、「交換が必要な部品の種類は何ですか?」で交換したい部品を選択(今回はケーブル)して「続ける」をクリックする

Apple,iPhone,充電器の交換

Apple,充電器,ケーブル

Apple,充電器,ライトニングケーブル

⑥「配送先」を入力して、「続ける」をクリックする

Apple,充電器の交換,配送先

⑦支払い方法を選択し、「修理の詳細を確認する」をクリックする

Apple,充電器の交換,支払い方法

⑧Appleの利用規約に同意して、「送信」をクリックする

Apple,充電器の交換,規約に同意

Q.無償交換のはずなのに、支払い方法が求められるのはなぜですか?
未返却料金が徴収される可能性があるためです。

製品を交換する際は、古い製品を「10営業日以内」に返送する必要があります
この期間に返送ができないと、「未返却料金」が徴収されてしまうので注意です。

②新しい充電器を受け取る/古い充電器を引き渡す

新しい充電器の製品(今回の例ではケーブル)は、申し込みが完了してから「3~5日」程度で届きます。

古い製品との引き換えで、新しい製品を受け取ることができます。

新しい充電器を自分で購入する

「破損が原因」で充電器が機能しなくなったら、思い切って新しい充電器を購入してみるのも良いでしょう。

コンビニや100均のiPhone充電器ってどうなの?

コンビニや100均には、iPhoneを充電できる充電器が販売されいています。

ただ、緊急で充電器が必要な時以外、基本的にはコンビニ・100均の充電器は利用しないほうが良いです。

理由は、「Apple認定の充電器ではない」からです。
Apple認定ではない製品を使用してしまうと、修理・交換などの際に、Appleの保障を受けることができなくなります

Amazonで買えるApple認定の充電ケーブル

Amazonでは、Apple認定の充電ケーブルを購入することができます。

Amazonベーシック Apple認証 ライトニングUSB充電ケーブル
 
 
1,071円
 
この商品の特徴

Appleが設定した基準を満たした「Apple認定」の充電ケーブルになります。
「巻き取り式」を採用しているので、カバンの中でも絡まず、配線も損傷しにくく設計されています

AppleStore・家電量販店で購入する

最もおすすめで安全なのが、AppleStore家電量販電「純正ケーブル」を購入することです。
純正ケーブルの価格は、以下のようになっています。

Apple純正ケーブルLightning – USBケーブル(1m)Lightning – USBケーブル(2m)
価格1,800円3,500円

Amazonや100均で購入するよりも価格は高くなりますが、Apple純正なのでおすすめです。

iPhoneの充電が100%にならないときの対処

純正充電器は特に問題がないのに、iPhoneの充電が100%にならないときは、iPhoneのバッテリーに原因があります

そもそも、長い期間使用しているiPhoneは、MAX充電でも80%までしか充電されない仕様になっているのです。

iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています。

Apple公式サイト バッテリー

「バッテリーが原因で、充電が貯まりにくい」と感じたら、バッテリーを交換していきましょう。

  【これって故障?】iPhoneが熱い6つの原因と対処方法とは?

AppleStoreでバッテリーを交換する

AppleStoreでバッテリー交換してもらうことが、最も安全で・確実です。
バッテリー交換代金は、保証加入の有無で変わります。

iPhoneのモデル1年保証
AppleCare+
保証対象外
iPhone XS/XS Max/XR0円7,800円
iPhone SE~iPhone X3,200円
※2018年12/31まで
※2019/1/1以降は
iPhoneⅩ:7,800円
それ以外:5,400円

上記以外8,800円

自分のiPhoneが保証期間内であれば、無料でバッテリーを交換することができます。

非公式ショップでバッテリーを交換する

Appleの非公式ショップでバッテリー交換を依頼することも可能です。

AppleStoreが近くになく、バッテリー交換を急いでいる方は、非公式ショップの利用を検討してみましょう。

ただし、非正規ショップでのバッテリー交換の相場は、6000円~8000円となっており、AppleStore(保証適用外の場合)と比較してみても「1000円」程度しか差がありません

自分でバッテリーを交換する

バッテリー交換を一番安く済ませる方法は、新しいバッテリーを買ってきて自分で交換する方法です。

Amazonでは「iPhoneバッテリー交換キット」が、非常に安い価格で販売されています。

DIGIFORCE LPB-DIGI6 互換バッテリー 工具付き

 
 
1,880円
 
この商品の特徴

「工具」・「作業マニュアル」もバッテリーに付属しているため、安心してバッテリー交換することが可能です。
価格も1,880円と非常に安価です。

まとめ

今回は、iPhoneの純正充電器の故障についてまとめてきました。

充電器が壊れたら、まずは「応急処置」を試してみてください。
もし、応急処置をしても、充電の状況が改善されない場合は、充電器を新しいものと交換することをおすすめします!

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す