SIMフリーとは何か?3分で理解する格安スマホのメリットデメリット

この記事は約 25 分で読むことができます。

『”SIMフリー” “格安SIMスマホ” “MVNO”って一体なに?』『安いのはわかったけど裏があるんじゃないの?』『色々と契約手続きが面倒クサそう…!』など、素人のわたしたち消費者にとってすごく難しい悩みです。また、SIMをあつかう業者の種類が多すぎてどれを選べば良いのかさえ悩みますよね。今回は「SIMフリーとは何か?」を中心に、スマホ初心者でも簡単にSIMフリースマホデビューできる方法手順メリットデメリットを理解した上で1番最安でお得な使い方ができるよう、SIMデビュー前の悩みを解決していきましょう!

sim iPhone

  格安SIMスマホ・MVNOのオススメTOP3はコチラ

 いま人気No.1の最新格安SIMフリー!

mineo

公式ページはこちら docomoとauの回線を選べる!

 最低利用期間なし、解約金なし!

 IP電話アプリ『LaLa Call』が基本料無料に!

この記事の目次

SIMフリーとはナニ!?

SIMカードとは?

simカード

SIMカードとは、スマホやタブレット端末でインターネット・通話などを利用するために必要なカードのことです。

私たちがいつも使用しているスマホ端末の中には、この各キャリアごとのSIMカードが入っています。

このSIMカードには、固有のIDが割り振られていて電話番号や契約者情報が記録されているのです。

つまり、どのスマホもSIMカードが差さっていないと使えないという仕組みで、例えると『スマホに命を宿す』役割をSIMカードが持っています。

sim01

SIMフリーとは?

au・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリアが提供するスマホでは『SIMロック』といって、契約したそのキャリア間でしか利用できなくなっています。

例えば、auのSIMカードを抜いてドコモに差し込み、契約情報を引き継いで使用することはできません。

つまり、契約情報を引き継いでの機種変更は、同じキャリア間でしかできない仕組みなのです。

他社キャリアへ契約情報を引き継ぎできないよう制限をかけていることを『SIMロック』制限がないことを『SIMフリー』というわけです。

iPhoneであれば、au・ドコモ・ソフトバンクが販売している『SIMロックiPhone』、Apple Storeで販売している『SIMフリーiPhone』があります。

なぜキャリアはSIMロックをかけるの?

 せっかくキャンペーンで囲いこんだユーザーを逃がさないため

 確実に『通信費・コスト・端末料金』を回収するため

 短期解約して端末を転売する違法業者を取り締まるため

 au・ドコモ・ソフトバンクなどのキャリアは、SIMにロックをかけることで契約後すぐに他社キャリアへ乗り換えされるリスクを防いでいます。

より多くのユーザーを獲得するためには“高額な端末を気軽に購入しやすくする必要”があり、様々なキャッシュバックや割引キャンペーンを行なっています。

しかし、そのコストの多くはユーザーが毎月支払う通信費から回収する仕組みがとられているのです。

短期解約されて他社へ乗り換えされた場合、後で通信費から回収することができなくなってしまうため、SIMロックをかけています。

 格安SIMスマホ・MVNOのオススメTOP3はコチラ

スマホを購入・契約する方法は4つある!

 キャリアで購入&契約(一般的)

 SIMフリー端末を別途購入しキャリアで契約

 MVNOで購入&契約(格安SIM)

 SIMフリー端末を別途購入しMVNOで契約(格安SIM)イラスト

今まではau・ドコモ・ソフトバンクなどのキャリアと契約することが常識でしたが、そこに低価格を売りにしたMVNO業者が参入したことで、スマホを購入&契約する選択肢は広がりました。

格安SIMスマホ(MVNO)とは?

MVNO構図

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、auやドコモのキャリアから余った通信インフラを借りることで、格安にてユーザーへ通信回線を提供するサービス事業者。

今までスマホを使うにはau・ドコモ・ソフトバンクとの契約が常識だったが、『MVNOは第2のキャリア』と考える方がわかりやすい。格安SIMとも呼ばれている。

なぜMVNO事業者は通信料金が安い?なんか怪しくない?

MVNOが安い3つの理由

 実店舗を持たないWEB完結型

 通信品質のコストを削っている(混雑時に通信速度が遅い)

 端末価格が安いスマホとセット販売

『なんでそんなに料金が安いの?』『なんか裏があるんじゃないの?』など、安いだけに色々な疑念がありますよね!

確かに、auやドコモなどのキャリア通信回線が使えて毎月の料金も格安なら、わざわざ高額なキャリアと契約する人なんていません。

もちろんデメリットもあります。

 実店舗を持たないWEB完結型

格安SIMを提供するMVNO事業者は実店舗を持たず、インターネット上で申し込みからサポートまで完結するため、人件費・場所代のコストが発生しません。

 通信品質のコストを削っている(混雑時に通信速度が遅い)

mvno キャリア

MVNOはau・ドコモの通信インフラを借りて、ユーザーに提供しています。

そのためランチタイム時など、スマホのネット利用者が多くなる時間帯はそのキャリアと契約しているユーザーへ優先的に通信回線が分配されます。

つまり、MVNOユーザーに通信回線が回ってくるのは最後になるため、混雑時にネット接続が遅くなるのです。

通信品質が多少悪い変わりに、通信費用も安くなっている仕組みですね!

 端末価格が安いスマホとセット販売

zenfone

Apple社の『iPhone』やSONYの『Xperia』などは1台7~10万円する高額スマホですが、MVNOが扱っているスマホはASUSの『zenfone』や富士通の『arrows』などの格安スマホで、1万円〜高くて5万円代になります。

端末価格が安いスマホとセットにして販売しているので、毎月の通信費用も安くなるというわけですね。

SIMフリー端末だけ別途購入するより、MVNOでセット契約した方がカンタン!

SIMフリー端末だけ購入しても、SIMカードがなければ電話やインターネットを使うことはできません。

そこでキャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)または格安SIMを提供するMVNO事業者のいづれかと契約する必要があるのです。

しかし、SIMフリー端末とSIMカードを別途で購入契約した場合、端末とSIMカードが対応してなくて使えない面倒が発生しがちです。

SIMフリー端末とSIMカードをセットで提供するMVNO事業者もあるため、よほど欲しい端末が別途でないと購入できない場合を除いて、セット販売をしているMVNO事業者を選ぶことが簡単でオススメです!

 格安SIMスマホ・MVNOのオススメTOP3はコチラ

キャリアでSIMフリースマホを契約するよりMVNOが圧倒的に安い!

SIMカードの契約は、au・ドコモ・ソフトバンクのキャリアでも契約できます。

例えば、Softbank回線でSoftbankの「iPhone6 SIMフリー版端末」を購入などです。

しかし、MVNOの方が圧倒的に格安でシンプルです。

au・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリア3社はSIMロック解除に6ヶ月間の制限をかけており、手続きも面倒クサく、あまりオススメできません。

そこで、本記事ではMVNOが提供する格安SIMスマホに着目して、さらに詳しく解説していきます!

キャリアでスマホを購入・契約するメリット・デメリット

メリット

 端末料金を一括で支払わなくて良い!

 お金がなくても即日契約できる!

 実店舗や電話で手厚いサポート対応!

高額な端末料金と契約事務手数料は、毎月の通信費から回収されるので契約時にお金は一切必要ありません。つまり、無一文でも身分証さえ持っていて割賦審査に通ればその場でスマホをお持ち帰りすることが可能なのです!しかし、一見気軽に購入できると見せかけて毎月しっかり回収されていることをお忘れなく!

デメリット

 月額料金が高い

 2年縛り契約

 自動更新契約

2年以内に解約すると端末料金の残額+違約金(約1万円)を請求されます。また、 自動更新契約なので端末料金の支払いがおわっても2年区切りで解約しないと違約金が発生します。

とにかく短期解約や他社への乗り換えを回避する施策をとっているのがわかりますね!

格安SIMフリースマホを購入・契約するメリット・デメリット

メリット

 2年縛りがないので自由に他社へ乗り換え可能!

 月額料金が安い!

 海外でも現地SIMの入れ替えでそのまま利用可能!

 友達からゆずってもらったスマホを使用できる!

 家族で使い古しの機種を共有することができる!

MVNOなら、2年縛りがないため自由にいつでも他社へ乗り換えすることができます。また、友達や家族にもらったスマホ・中古で購入したスマホも利用することが可能です!

また海外出張や旅行先で現地のレンタルSIMカードを入手すれば日本で使用しているスマホがそのまま使えるため、通信コストが格安になります。なんといっても月額料金の安さが魅力的ですね!

デメリット

 キャリアのような実店舗での手厚いサポートがない

 混雑時に通信速度が遅い

 SIMの装着、通信設定を自分で行う

au・ドコモなどのキャリアから通信インフラを借りているため、ランチタイムなど回線の混雑時は優先的にau・ドコモのキャリア契約者に回線が割りられます。そのため、通信速度が遅くなりイライラすることも多々あります。

通信品質のコストを削って月額料金が安くなっている点もあるので納得ですが、今後改善してほしい点ですね!

 格安SIMスマホ・MVNOのオススメTOP3はコチラ

けっきょく、キャリアから格安SIMスマホにすると何がどう変わるの?

 プラス面

  1. 2年縛りがなく自由にいつでも他社に機種変更できる
  2. MVNOなら使い放題で月額料金が3,000円程度におさまる!
  3. 海外でも現地SIMのレンタルで持っているスマホが使える!

 マイナス面(リスク)

  1. 回線の混雑時に通信速度が遅くなる
  2. 実店舗の手厚いサポートがない
  3. SIMの装着、通信設定を自分で行う

※以前までは実店舗によるサポートはありませんでしたが、最近では家電量販店とMVNO業者が提携してブースを設置しているところもあります。有名大手では楽天モバイルなどですね!

キャリアから格安SIMに乗り換えた人の評判はどう?

イラスト事例①:40代男性 事務職

利用目的 乗り換えた理由
 スマホ料金の節約  以前のスマホ料金が高いため

 口コミ

契約したMVNO会社 購入した端末
 memo  ZenFone3
以前の契約プラン 以前のスマホ料金
 docomoカケホーダイプラン 月額 6,500円
現在の契約プラン 現在のスマホ料金
 memo(Dプラン)デゥアルタイプ 500MB 月額 1,400円
家族構成 1日の利用内容
 独身  サイトの観覧がメインであとはアプリゲームなどで利用しています。

イラスト事例②:30代女性 自営業

利用目的 乗り換えた理由
 通話以外の使用  データのみの利用だけで十分だったため

 口コミ

契約したMVNO会社 購入した端末
 ソニーネットコミュニケーションズ  iPhone SE
以前の契約プラン 以前のスマホ料金
 auパケホーダイ、60分電話パック 月額 6000円
現在の契約プラン 現在のスマホ料金
 Play-sim 音声通話+4.5GBプラン   月額 2500円
家族構成 1日の利用内容
 自分と両親の3人家族  通話はほとんどせず、データのみ使用

イラスト事例③:40代男性 自営業

利用目的 乗り換えた理由
 SNSやネット  使う機能が限られているため、必要最小限で十分だから

 口コミ

契約したMVNO会社 購入した端末
 LINEモバイル  priori4
以前の契約プラン 以前のスマホ料金
 ホワイトプラン 月額 3000円
現在の契約プラン 現在のスマホ料金
 LINEフリープラン1G 月額 2000円
家族構成 1日の利用内容
 1人暮らし  ツイッター、ライン、ネット

SIMフリースマホを使い始める方法・手順を解説!

SIMフリー端末を用意しよう!
icon 矢印
❷キャリアでMNP予約番号を取得しよう!
icon 矢印
❸MVNOと契約(SIMフリー端末とセット購入可能なMVNOがオススメ!)
icon 矢印
❹SIMカードが自宅に届く
icon 矢印
❺ネットワーク設定を行う

①SIMフリー端末を用意しよう

購入先 店舗・メーカー
ネットショップ Amazon、楽天ショップ、ヤフオクなど
家電量販店 ビックカメラ、ヨドバシカメラなど 
Apple Store(iPhone/iPad) 最寄りのショップまたはオンラインショップ
MVNO大手 mineo
ワイモバイル
楽天モバイル
OCNモバイルONE
U-mobile
BIGLOBE SIM
スマモバ

 注意!

上記の購入先からSIMフリー端末のみを購入することも可能ですが、購入した端末とMVNOが提供するSIMカードが対応していない場合があります。

すべての端末がMVNOに対応しているわけではないため、SIMフリースマホとSIMカードがセットになったMVNO事業者で申し込みする方法が1番安全でオススメです!

 SIMフリースマホとセット購入できる格安MVNOランキングはコチラ

②キャリアでMNP予約番号を取得しよう!

au docomo softbank

現在契約している携帯電話・スマホがあれば、キャリアに電話してMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号とは、今の電話番号をそのまま引き継ぎするための予約番号です。この予約番号は乗り換え先のMVNO事業者へ伝える際に必要になります。

各キャリアのMyページまたはサポートセンターに電話して取得することができます。

③MVNOと契約しよう!

希望のMVNO事業者に申し込みをします。

 格安SIMスマホ・MVNOのオススメTOP3はコチラ

【注意】MVNO(格安SIMスマホ)の申し込みにはクレジットカードが必要!

MVNOの申し込み時は基本的に本人名義のクレジットカード登録が必要になります。

クレカ登録が必要ないMVNO事業者もごく一部ありますが、格安スマホの選択肢がかなり減ってしまううえに、知名度がなく安心とはいえません。

 格安SIMスマホのお支払いなら楽天カードがお得!

楽天カード

 年会費永年無料無料!

 ポイント還元率が1%以上!

 楽天ポイントは有効期限なし!

 楽天市場でお買い物する人ならスマホ料金の支払いで貯めこんだポイントを再利用できるので特にオススメです!

5,000円分の楽天ポイントを今のうちにゲットしておこう!
楽天カード
公式ページはこちら

 口座振替ができる格安SIMスマホのオススメMVNO会社はコチラ

 デビットカードが使える格安SIMスマホのオススメMVNO会社はコチラ

④SIMカードが自宅に届く

mvno
出典元:dzone.blog

申し込み、契約が完了すると、指定した配送先にSIMカードとスマホ端末が届きます。

発送期間は会社によって異なりますが、遅くても1、2週間程度で届きます。

⑤SIMの装着・ネットワーク設定を行う

iphone-sim-replacement-300x224

 SIMフリースマホのセットが届いたら、まずSIMカードの装着と通信設定を行います。

会社によってチャットまたは電話にてサポートしているところがあるので、説明書をみてもわからない場合は問い合わせましょう!

【2017年最新版】格安SIMスマホのオススメMVNO事業者ランキング

 mineo(マイネオ)
mineo

 ココがポイント!

 docomoとauの回線を選べる!

 最低利用期間なし、解約金なし!

 IP電話アプリ『LaLa Call』が基本料無料に!

 特徴

マイネオは価格ドットコムが行なった満足度ランキングで、2016年格安SIM部門で顧客満足度1位になっています!

コスパがいいだけでなく、回線が安定していることが大きな特徴です。

 

また、SIMカードが届いた後開通手続きが行えるので1時間程度しか繋がらないという状況になりません。

他MVNOは3日程度切り替えに要してしまうので、コレオ大きな特徴と言えるでしょう。

mineo公式ページはこちら

 BIGLOBE SIM/スマホ
biglobe sim

 ココがポイント!

 人気の大容量プランが安い!

 「シェアSIM」でおトク!

 通話料業界最安値の『BIGLOBEでんわ』が使える!

 口座振替ができる!

 特徴

BIGLOBEは古くからMVNO事業をしていたので、契約シェア率も高く多くのユーザーが利用している格安SIMです。

これまでの経験値を活かした豊富な料金プランが用意されていますので、少ししか使わないユーザーも、ヘビーユーザーも満足できるプランが見つかります。

 

また、Wi-Fiスポットを全国83,000カ所に展開していることも大きな特徴です。

これはMVNOの中でも最大級です。

詳しい提供店舗などは公式アクセスポイント提携先一覧を見てみるといいでしょう。

BIGLOBE SIM

公式ページはこちら

 UQ mobile
uq mobile

 ココがポイント!

 データ容量『無制限プラン』がある!

 高速データ通信速度は業界No.1!

 【ぴったりプラン】がオススメ!

 特徴

格安SIMは大手キャリアと比べて料金が安ですが、その分通信速度が遅くなってしまいがちです。

しかし、UQモバイルは他の格安SIMの中でもかなりの通信品質で、大手キャリアにも負けないと言われています。

 

また、VoLTE対応のSIMも取り扱っています。

このSIMはLTE回線で通話ができるので音質も良く遅延もあまり起きません。

auのVoLTEシンク機能という機能を使うこともでき、これによって通話相手に自分のスマホの画面を共有したりすることができます。

百聞は一見にしかずという言葉の通り、通話相手に何かを教えたい場合や見せたい場合にとても便利な機能です。

UQ mobile

公式ページはこちら

 

TOP3社の特徴カンタン比較

項目 mineo BIGLOBE UQ mobile
初期費用(税抜) 3,000円 3,000円 3,000円
データSIM単品 auプラン ドコモプラン 3GB:900円/月
6GB:1,450円/月
12GB:2,700円/月
3GB:980円/月
無制限:1,980円/月
500MB:700円/月
1GB:800円/月
3GB:900円/月
5GB:1,580/月
10GB:2,520円/月
500MB:700円/月
1GB:800円/月
3GB:900円/月
5GB:1,580/月
10GB:2,520円/月
音声+データSIM 500MB:1,310円/月
1GB:1,410円/月
3GB:1,510円/月
5GB:2,190/月
10GB:3,130円/月
500MB:1,400円/月
1GB:1,500円/月
3GB:1,600円/月
5GB:2,280/月
10GB:3,220円/月
1GB:1,400円/月
3GB:1,600円/月
6GB:2,150円/月
12GB:3,400円/月
3GB/月:1,680円/月
無制限/月:2,680円/月
スマホセット 端末料金:19,200円~31,800円
(月々24回分割払い可能)
+ 上記プランいずれかの通信料
端末料金:19,800円~31,800円
(月々24回分割払い可能)
+ 上記プランいずれかの通信料
端末料金:1,150円/月 ~2,280円/月
+ 上記プランいずれかの通信料
(端末購入アシストの場合)
ぴったりプラン(2G):1,980/月
たっぷりプラン(6G):2,980円/月
※auから乗り換えの場合は
それぞれのプラン+1,000円/月
解約料 なし 音声通話プランは8,000円 通話プラン12ヶ月以内:9,500円
キャンペーン内容      
通信速度 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大25Mbps
利用回線 au/docomo docomo docomo
公式サイト コチラから コチラから コチラから

SIMフリースマホに関するQ&Aまとめ

現在のキャリアから格安SIMスマホに乗り換える場合の手数料はありますか?
質問の回答

大手キャリアからの移行だと以下の手数料が発生する可能性があります。

 

・「MNP転出手数料」

電話番号を変えずに乗り換える場合に発生する手数料。

ソフトバンク、auが3,000円、ドコモが2,000円となっています。

 

・「事務契約手数料」

SIMパッケージ料金とも言われるもので、多くの場合は3,000円前後です。  

 

・「2年契約の違約金」

現在使っているキャリアで2年契約をしている方が更新月以外に解約することで発生する違約金のことで9,500円も発生してしまいます。

厄介なのは解約しない限り、契約が自動更新されるのでいつの間にかすぎているということもよくあります。

更新月は契約満終了後の2ヶ月間。

このタイミングを逃さないようにしましょう。

LINEのID検索が使えないって本当ですか?
質問の回答

LINEのID検索ができるようにするには、年齢認証が必要です。

この年齢認証には契約キャリアでの年齢認証が必要になります。

しかし、格安SIMだとこの年齢認証が取れないので「LINEのID検索」だけでなく、「電話番号検索」も使えません。

 

友人や家族から大手キャリアのSIMカードを借りて、1度でも年齢認証をすれば使うことはできるようになります。

しかしかなりグレーな裏技なので、実践するかは自己判断でお願いします。

デビットカードが使える格安SIMはどこですか?
質問の回答

OCNモバイルONE、DTI SIM、楽天モバイルは使うことができます。

そのほかは対応していないようですが、各MVNO公式ページやQ &Aなどで確認してみるといいでしょう。

「デビットカードの利用はできません。」

と明記されている場合、使うことはできません。

口座振替ができる格安SIMはどこですか?
質問の回答

・UQモバイル

・BIGLOBEモバイル

・OCNモバイルONE

・@モバイルくん。

・楽天モバイル

・mineo

は使うことができます(一部プランによる)。

それ以外のMVNOは対応していません。

格安SIMスマホの大体の月額料金はどれくらいですか?
質問の回答

大手キャリアでは平均で月6,300円の利用料がかかっていますが、MVNOだと平均で月に約3,400円程度で利用しているそうです。

引用:NTTコミュニケーションズ『格安SIMは本当にみんなやすく使えているの?』

格安SIMに変更するリスクはありますか?
質問の回答

大手キャリアからMVNOに乗り換える際のリスクなども含めて考えると、

・数日使えない期間が出ることがある。

・キャリアメール(~@docomo.neや@softbank.ne.jpなど)が使えなくなる。

・LINE ID検索や電話番号検索が利用できない。

・通話定額プランが少なく、結局大手キャリアと利用料が変わらなかったということがある。

・一部機種ではデザリングが使えない。

・通信速度が遅い。

・初心者には難しい場面や、サポートが不十分なところがある。

などが挙げられます。

格安SIMスマホはどこで契約するの?
質問の回答

格安SIMはオンラインショップ(AMAZONなど)から購入するのが一般的ですが、MVNOの実店舗や大手家電量販店で取り扱っている場合もあります。

格安SIMスマホが故障したらどこで見てもらいますか?
質問の回答

大手キャリアから乗り換えたときと同じスマホであれば、大手キャリアに相談する方がベストです。

保証対象外のため費用はかかりますが、しっかりとした対応が受けられます。

 

一方格安SIM契約と同時に新しいスマホを買ったのであれば各MVNOでの対応になります。

契約時にMVNOが用意した保証プランに加入していれば交換や修理が受けられます。

また新しいスマホにした方であればメーカー保証期間内の可能性もあります。その場合はメーカーに問い合わせましょう。

格安SIMスマホでキャリアメールは使えますか?
質問の回答

格安スマホではキャリアメールを使うことはできません。

Gmailアカウント「@gmail.com」やiCloudアカウント「@icloud.com」などのフリーのメールサービスを使うことになります。

 

 

 

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

▼アクセス急上昇TOP5▼

【有名DJも認める!】
超高音質保証のiPhoneスピーカーTOP3
2015-10-14_121852 【メール通知が消えない!】
完全に消す6つの方法とは?
2015-10-14_122013 【メール通知が来ない!】
簡単に解決する3つの方法を各キャリアで解説
2015-10-14_122013 【第2世代最新情報!】
Apple Watch2の発売日と新機能7連発が凄い!
2015-10-14_122013 【Apple社員が教える!】
iOSアップデート不具合バグの4つの解決法とは?

▼注目記事ベスト10▼

iPhone6s手帳型ブランドケース
おしゃれな人気ランキングTOP3!
2015-10-14_121852 iPhoneアプリがインストールできない!
iOS99つの不具合解決法とは?
2015-10-14_122013 新型iPhone6c最新情報!
2016年1月発売説は嘘だった?!
iPhone画面割れの修理値段
Softbank/au/docomoまとめ
2015-10-14_122013 iPhone/iPad編!
パスワードを忘れた時の初期化方法と対策法
2016年最新版!
LINEツムツムのコインチート方法
新型Macbook Proの発売日はいつ?
新機能ベスト5とは
女子に流行中!
おしゃれなiPhoneケースショップTOP4
2015-10-14_122013 iPad mini4編!
人気のキーボードTOP5
2015-10-14_122013 元Apple社員に学ぶ!iPad mini4の使い方マニュアル本

▼人気記事ペスト10▼

Softbank/au/docomo編
iPhoneメール通知を消す6つの方法
2015-10-14_121852 Softbank/au/docomo
iPhoneメール通知が来ない時に試す3つの解決法
2015-10-14_122013 水深5m完全防水!?
iPhone6の最強ケースが凄すぎる
LINE既読を付けずにトーク履歴削除!
相手にどう表示されるの?
2015-10-14_122013 iPhone6s編
おしゃれな手帳型ブランドケースTOP3!
iPhone上でウイルス感染を検出!
スキャンしろって本当なの?
iPhone6s/Plus編
ディズニー手帳型&クリアケースTOP5!
新型Macbook Air2016
発売と発表日はいつ?
腹筋崩壊!
iPhone Siriの面白い質問&会話21連発
iPhoneイヤホンジャックが故障!音が聞こえない原因と7つの対処法

▼【最新】iPhone不具合情報▼

え、なんで!?
iPhone6/5のタッチパネルが反応しない不具合について
2015-10-14_121852 アップデートはちょっと待った!
iOS9の不具合まとめと解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhoneが充電できない!
iOS9不具合による解決方法とは
iPhoneホームボタンが故障!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 意外と知らない!
iOSバグを解決する4つの方法とは
Appleスタッフに学ぶ!
カメラアプリが動かない時の4つの復元方法
iPhone画面が急に拡大?!
不具合の原因と5つの解決方法とは
iPhoneスイッチが故障!
サイレントマナーモードにできない時の対処方法
2015-10-14_122013 iPhoneタッチパネルが反応しない!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhone/iPodTouchタッチパネルの反応がズレる原因と解決方法とは

▼【最新】LINE不具合情報▼

2015-10-14_121852 LINEをインストールできない、開かない
理由と解決方法は超簡単だった!?
2015-10-14_122013 LINEを最新版にアップデートできない!
不具合の原因と解決方法
元LINE社員に学ぶ!
ツムツム不具合時に試す5つの対処方法
2015-10-14_122013 恐怖のiOSアップデート
LINEが開かない、消える不具合発生!
LINEスタンプに異変!
開かずに見れない3つの原因と対処方法
絵文字がダウンロードできない!
解決方法は意外と簡単だった件
なぜか友達追加できない?!
理由と5つの解決方法とは
2015-10-14_122013 MVNOのLINE年齢制限がウザい!認証を突破する方法とは?

話題のiPhoneケース特集


話題のiPadケース特集


話題のMacbookカバー特集


コメントを残す