LINEモバイルは節約モードがなくても速度や制限に問題なし

格安SIMに搭載されている節約モード。

節約モードを利用すれば通信量を抑えることができるので非常に便利です。

しかしLINEモバイルは節約モードがなくても速度や制限に問題はありません。

今回はLINEモバイルにおける節約モードについて見ていきます。

LINEモバイルに節約モードはない

まずLINEモバイルに節約モードは事実上存在しません。

他のUQモバイルなどの格安SIMには節約モードはありますが、LINEモバイルには搭載されていません。

プランに関しては

月額料金データ容量
LINEフリープラン(データ通信専用SIM)500円1GB
コミュニケーションフリープラン(データSIM+SMS)1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
コミュニケーションフリープラン(データ+音声通話SIM)1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB

となっています。

これにはいろいろな理由がありますのでのちにご紹介します。

LINEモバイルはデータを使い切った時に節約モード

LINEモバイルにおいて節約モードはないと断言しました。

しかし節約モードのような状態になることはあります。

それは「データを使いきったとき」です。

LINEモバイルでは1か月の契約でデータ量が決まっていますが、そのデータ量を使いきってしまうと節約モードに入ります。

結果、低速モードになりいわゆる通信制限がかかったような状態になるようになっています。

LINEモバイルに節約モードが無くても困らない理由

しかしこれでは自由に節約モードに変更できないためLINEモバイルにおいては非常に不便と感じることがあるでしょう。

ただこれには理由があります。

まず、節約モードが役立つ場面です。

LINEモバイル以外の格安SIMにおいて節約モードが発動する場面は

  • テキストが中心のSNS
  • Webページ

を閲覧するときです。

所謂、動画や画像が無くテキストが中心になっている場合です。

しかしLINEモバイルで節約モードになるときは

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram

などのSNSを利用しているときです。

つまり他の格安SIMと違いデータフリー機能を使うことはできません。

なので唯一LINEモバイルに節約モードが無くて困ることはWebページを閲覧できないことでしょう。

最近ではSNSだけで事足りるのでWebページが閲覧できなくなるのは問題ないユーザーが多くなっています。

LINEモバイルの通常の速度と節約モードの速度

では実際に

  • LINEモバイルの通常速度
  • 節約モード時の速度

を比較してみましょう。

SNS上で掲載されていた一例ですが

  • 通常速度: 440Mbps
  • 節約モード: 200Kbps

となっていました。

一応節約モードでもLINEモバイルであれば普通に問題なくスマホを使えるようになっています。

そして、LINEモバイルにおいてデータ容量が0になっても利用することができます。

他の格安SIMでは0になってしまうとほとんど使い物になりません。

しかしLINEモバイルは

  • 通常 : 高速
  • 節約モード : 低速

となっており、使えないということではありません。

しかもLINEモバイル特有の

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Skype
  • radiko
  • Google Map
  • Google Navi
  • Yahoo Navi

などを普通に利用することができます。

LINEモバイルの節約モード200kbpsの速度制限は翌月1日に解除

しかし200kbpsでLINEモバイルを利用し続けるのは至難の業。

いつになればLINEモバイルの節約モードは解除されるのでしょうか。

結論、翌月1日です。

そのため万が一LINEモバイルで節約モードに入っても1か月間待っていれば通信量は回復しますのでご安心を。

さらにLINEモバイルには公式HPで掲載されている通信速度の数値に誤りがあるとの指摘もあります。

実はLINEモバイル公式HPでは200kbpsと表記されています。

しかし実際にSNSを見てみると500kbpsほど出ている人がほとんどです。

実際には2.5倍ほど早い速度を体験することができるようになっているでしょう。

だといって毎月毎月節約モードに入ってしまうのはあまりいい傾向ではありません。

LINEモバイルは適切なプランを提供してくれることが多いですが、毎月節約モードになるのであればプラン変更を検討しましょう。

節約モードを使用するならUQモバイルがおすすめ

今まではLINEモバイルの節約モードをご紹介してきました。

しかし節約モードを利用するのであればUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルでは

  • SNS
  • 音楽

アプリであればデータ消費が0になっています。

しかもUQモバイルであれば節約モードに入っていても

コンテンツ低速(節約モード(300kbps))高速(通常モード(225Mbps))
テキストコンテンツ(Twitter、Facebook、LINEなど)
Webページ閲覧
画像コンテンツ(Instagramなど)
音楽ストリーミング
動画(低画質)
動画(高画質)×

このようなコンテンツを楽しむことができるようになっています。

しかし以下のような注意点があります。

  • プラン : おしゃべり・ぴったり・スマホ・くりこしを契約していて「節約モード」を設定している時
  • スマホR・くりこしM・くりこしLプランを契約している時

は最大で1Mbps。

そして

  • MP3ビットレート : 128kbpsの場合

は最大で225Mbps。

そんなUQモバイルの料金プランは

料金プラン名称月額料金基本データ容量通話料
スマホプランM2,980円/月9GB/月20円/30秒
スマホプランL3,980円/月14GB/月20円/30秒

となっています。

またUQモバイルでは余ったデータを翌月に繰り越しさせることができます。

そのため1か月でデータ通信量を使いきる必要がありません。

余ったデータを次の月に持っていけるので思う存分UQモバイルを利用することができます。

これで

  • 音楽
  • SNS
  • 動画

などをUQモバイル上で視聴することに抵抗が無くなります。

そしてダウンロード速度に関しては46.2Mbps。

これは業界最高速度を更新しており、UQモバイルの強みになっています。

また日本全体の人口カバー率が99%を実現しています。

au回線を利用しているUQモバイルなので、全国どこでも利用することができるようになっています。

これにより格安SIMあるあるである昼間に速度が遅くなるなんてことがありません。

現在、UQモバイルでは15日間無料キャンペーンを開催しています。

UQモバイルで節約モードに切り替える方法