スマホ歴5年の私がMVNOとは何かをわかりやすく徹底解説してみた!

この記事は約 3 分で読むことができます。

ども、Apple Geek編集部のジョブズンです!今回はMVNOとは何かをスマホ歴5年の私が徹底調査したので誰でもわかりやすく解説していきます。

mvno sim 

Sponsored Links
Sponsored Links


MVNOとは?

結論から簡単に説明すると、携帯電話回線などの無線通信基盤(Softbank/au/docomo)を持っている他の通信事業者から借りてきて、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。

mvno
出典元:service.ocn.ne.jp

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体サービス事業者」と言います。

MVNOは、大手キャリアのような手厚いカスタマーサポートや店舗を構えておらず、WEB上でのやり取りやSIMカードを利用することでコストを最小限に抑えているため携帯電話会社との直接契約よりも割安なモバイル通信サービスを提供しています。

無線通信で利用できる電波の数には限りがあるので、日本に限らず世界的に無線通信サービスの免許を持つことのできる企業は数社しかいません。

有名どころでは、Softbank/NTT docomo/auがその数社の中に入ります。

つまり免許を持っていない企業が大手キャリアの通信基盤を借りることで事業展開ができるようになったというわけです。

MVNOを利用するメリット・デメリット

メリット

  1. 大手キャリアの月額料金より半分の価格で利用できる。
  2. SIMカードを入れ替えて自由にSIM対応端末を利用できる。
  3. 機種変更代金や新規購入の必要がない。

デメリット

  1. 割安の変わりに1ヶ月のデータ通信料規制が厳しい。
  2. 通信速度が大手キャリアに比べて遅い。
  3. 知名度が低い。
  4. カスタマーサポートがなくアフターケアが手薄。
  5. 修理保証プランがない。
  6. 通話料金が高い

まとめ

月額料金などは大手キャリアと比較して格別に安いものの、その分色んな面でデメリットの方が多いような気がします。

まだまだこれから開拓されていく必要のある業界なのではといった印象ですが、既存で1台持っていてデータ通信専用にもう1台+で持ちたい方、緊急時以外めったに使用しない方にはおススメかも。

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す