auでSIMロック解除するには?料金から期間などの条件も解説

こんにちは!Apple Geek LABOです!今回は au で SIM ロック解除 SIM ロック解除する方法・手順を紹介します。格安 SIM (MVNO)ヘの乗り換えや、海外旅行のために SIM ロック解除をしたい方向けに、 SIM ロック解除できるようになるまでの期間や機種(iPhone6s等)、必要な条件をわかりやすく解説していきます!

 今更聞けない!そもそも SIM ロックとは?

SIM ロックとは何のことかわからない、という人もいるかもしれません。

SIM ロックを解除するとは、具体的にどういうことなのか見ていきましょう。

SIM カード、 SIM ロックの仕組みについて解説

SIM というのは『 SIM カード』のこと。

携帯電話でモバイル回線を利用するにはこの『 SIM カード』が必須で、これは世界のどの国にいっても変わりません。

しかしながら、日本独自のシステムとして普及したのが、この『 SIM カード』と端末との組み合わせに制限をかけるロックシステム= SIM ロックです。これによって『 au の端末は au の SIM カードを挿さないと使えない』という状態になります。例えば、 au で買った端末にSoftBankやdocomoの SIM カードを挿しても動作しません。

au 契約中でも SIM ロック解除はできる?

au を契約中でも、 SIM ロックの解除だけを行うことが可能です。現在、具体的に格安 SIM に乗り換える予定が決まっているわけではない、という人も大丈夫です。

SIM ロック解除に関するガイドラインは総務省によって打ち出されたもので、『通信事業者間の競争』を促進し、ユーザが自由に SIM 市場を行き来できるようにする事を目的としたものです。

SIM ロック解除しても月々の割引・機種分割払いなどは継続できる?

SIM ロックを解除しても、月々の割引・機種分割払いは継続できます。

上に書いた通り、 au を契約中、つまり機種の分割払いがすべて終わっていない場合でも、 SIM ロック解除をすることが可能です。

月々の割引も SIM ロックの前後で変わることはありません。( SIM ロック解除によって発生する契約上の変化はありません。)分割の支払いを終える前に他 SIM に乗り換える場合には、ロック解除をおこなった後、端末料金の支払いのみを継続することが可能です

au を解約した後の端末でも SIM ロック解除ができる?

以前に au で購入したスマホ( au の SIM ロックがかかっているスマホ)で、すでに解約済の端末も SIM ロック解除をすることが可能です。

2015年5月以前に販売された機種の場合には『 SIM 下駄』などを使用して自力で SIM ロック解除を行うか、専門業者に依頼する方法でロック解除を行う方法もあります。

au で SIM ロックを解除するための条件は?

では、 au で SIM ロックを解除するには、どのような条件が必要なのでしょうか?

au のスマホで SIM ロック解除できる条件

購入方法支払い完了 or 未完了 SIM 解除できるタイミング
分割購入端末料金を払い終えていない→端末購入から180日経過後~
端末料金を払い終えた→端末購入から180日経過後~
一括購入端末料金を払い終えた→端末購入から180日経過後~

au の場合、支払い方法の種類(分割・一括)に関係なく、 SIM ロック解除は端末購入から180日経過後(購入日を1日目として181日目~)となっており、これを短縮する方法はありません。

SIM ロック解除ができる端末は?

au で SIM ロック解除ができるのは、2015年5月以降に発売された端末。

iPhoneでいうと、6s / 6s Plus / iPhone SE / iPhone 7 / iPhone 7 Plusが該当します。SIMロック解除できるかどうかを調べるにはau『SIMロック解除可否判定』のページからIMEI番号を入力すると確認できます。

au で SIM ロック解除する方法と手順

実際に au で SIM ロックを解除するには、自分でする方法と、 au ショップでしてもらう方法があるようです。

【無料】PC・スマホで SIM ロック解除する方法

  1.  スマホの設定からIMEI情報を確認(設定>一般>情報>IMEI)
  2. SIMロック解除のサイトにアクセス。
  3. ログインし、端末番号・機種名を選択。
  4. 『この内容で申し込む』をタップ。

au ショップで SIM ロック解除する方法

一番確実で手っ取り早いのは、 au ショップに端末を持っていき店員さんに SIM ロック解除してもらう方法が手軽です。

しかし、この場合手数料として3000円取られてしまいます。 au のサポートページから自分で手続きを完了する場合は無料で SIM ロックの解除をすることが可能です。

必要なものはこちら

  • SIM ロック解除に対応している端末。
  • 契約者本人
  • 運転免許証または健康保険証。

SIM ロック解除できたか確認する方法

操作が終わったら、 SIM ロックを解除できたか確認してみましょう。

≪ au 以外の SIM がある(借りられる)場合≫

家族・友人などの au 以外の SIM カードを借りられるという場合には、 SIM カードを差し替え>キャリア情報の確認で SIM ロックが解除されているか確認できます。

  • iPhoneの場合: SIM 差し替え後、設定>一般>情報>キャリア名が表示されていれば SIM ロックが解除されています。
  • Androidの場合: SIM 差し替え後、設定> SIM カード>モバイルデータにキャリア名が表示されていれば SIM ロックが解除されています。

≪ au 以外の SIM が手元にない場合≫

au ショップにスマホを持っていくと、その場で SIM ロック解除された状態かを確認してもらえます。

au で SIM ロック解除できない原因と対処方法

au で SIM ロック解除を行うことができない場合、以下のような原因が考えられます。

対象機種なのに SIM ロック解除できない

SIM ロック解除対応の機種なのに、ロック解除ができないことがあります。

これは、〝端末の交換・修理に出したことがある場合〟です。初期不良などで端末そのものを交換した場合には、IMEI番号が変わります。それと、同時に端末購入日の情報などがキャリア側に反映されなくなるため、 SIM ロック解除でエラーになる可能性も。

この場合にはサポート窓口からエラー内容報告>購入日情報(またはIMEI番号)を再設定してもらうことで SIM ロック解除が行える状態になります。

破損があると SIM ロック解除できない

画面割れ / 水濡れなどの損傷がある場合には、 SIM ロック解除の前に修理手続きをする必要があります。修理後 SIM ロック解除を申し込むことが可能です。

しかし、画面割れがあっても自分で操作ができる状態であれば自分でロック解除を行うことはできます。

再ロックがかかる

普通に SIM ロック解除をしていれば起きませんが、以下のような操作を行った時に、再ロックというトラブルが発生します。

au など公式なキャリアで SIM ロック解除を行う方法以外の方法として〝ファクトリーアンロック〟( SIM ロック解除を非正式に行う専門業者に依頼する方法)があります。この場合にはデバイス販売元(iPhoneの場合はApple)側の対策によって再びロック状態に書き換えられる可能性があります。

ファクトリーアンロックは海外のサイトが多く、再ロック時の対応はほとんどありません。再ロックを避けるために、なるべく au 公式の SIM ロック解除手続きを行うのが無難です。

まとめ

au の SIM ロック解除ができる条件は、購入してから180日(つまり半年!)という日数の制限があることがわかりました。

2015年以降に発売された端末ということですから、現在は、ほとんどの人が日数を経過すれば SIM ロックを解除できるということです。自宅にあるPCからでも、 SIM ロック解除の手続きはできます。わからなければ、3000円で au のショップで SIM ロック解除ができます。

SIM ロックを解除できないトラブルを考慮すると、 au ショップで SIM ロックの解除をする方がいいかもしれません。

コメントを残す