Apple Watchで体調管理!|アプリの使い方もご紹介

Apple Watchで行う体調管理の方法を解説!ヘルスケアの使い方からワークアウト、アクティビテリングの使い方まで、初心者でも分かりやすく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

Apple Watch-体調管理

Apple Watch を使って体調管理をしよう!

Apple Watchでは運動や健康管理に役立つ昨日がたくさん備わっています。

また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出を自粛したり在宅勤務に切り替わった影響などで運動不足になりがちです。

そんなときにApple Watchを上手く活用すれば体調管理を簡単にわかりやすく行うことができます。

Apple Watch でできる体調管理サポート機能とは?

それではApple Watchでできる体調管理サポート機能を紹介していきます。

体調や健康管理は「ヘルスケア」から!

「ヘルスケア」アプリを使うことで自分の健康状態を総合的に管理することが可能です。

健康診断の結果が気になる方や、運動不足になりがちの方にはApple Watchでの体調管理がおすすめです。

あなたの「心臓の動き」をモニタリング

Apple Watchでは自分の心臓の動きまで把握することができます。

心拍数を常に計測し「ヘルスケア」アプリから日々の心拍数を確認することもできます。

また、緊急の際は日頃の計測情報が医師のサポートとして役立つこともあります。

あなたの「呼吸の乱れ」が分かります

呼吸による身体への影響は大きく、十分な酸素を取り入れる呼吸をすることで、集中力を向上させたり、気分を落ち着かせたりもできます。

Apple Watchではこうした呼吸をコントロールすることによって心身の健康管理まで行うことができます。

有酸素運動は「ワークアウト」から!

健康を維持するには運動は必要不可欠です。運動不足解消のためのランニング、水泳、ヨガなどの有酸素運動の記録を「ワークアウト」で行うことができます。

有酸素運動に欠かせないパートナーに

「ワークアウト」を使うと運動時間、走った距離、消費カロリーなどを記録してくれるので、運動に対するモチベーションが上がります。

こうした運動のモチベーションを上げることで、継続して運動を行いやすくなります。

日々の活動は「アクティビティ」をチェック

日々の運動や、健康状態は「アクティビティ」で管理することができます。

また、運動量やカロリー消費量、時間などの目標設置もできるので、自分がどのぐらい達成しているかわかりやすく管理することができます。

日々の通勤・通学・お仕事も活動のうち

「アクティビティ」では通勤や通学など日常的な運動量も記録してくれるので、1日あたりの生活でどのぐらいカロリーを消費しているかなどもわかります。

ほかにもApple Watchはあなたを見守り支えます!

Apple Watchには他にも自分の緊急事態や健康状態をお知らせしてくれる機能が備わっています。

もしあなたが転んでも大丈夫

Apple Watch Series4以降では着用者が転倒した場合その転倒を検知し手首を叩いたり、警告音を鳴らしてくれます。

また画面に緊急通報サービスへ連絡するかメッセージを表示してくれます。

騒音検知機能でお耳をケア

Apple Watch Series4以降の「ノイズ」アプリでは周囲の音データを計測し聴覚に影響がある音を検知すると手首をタップして警告してくれます。

月経周期を把握しお知らせします

「ヘルスケア」アプリを使用すれば月経周期を記録でき、次の月経や妊娠可能期間をお知らせしてくれます。

【まとめ】Apple Watchでしっかり健康管理!

今回はApple Watchを使うとどんな健康管理をしてくれるのかご紹介してきました。

自分の緊急時にも役立つ機能なども備わっているので、自分の命をまもるためにもApple Watchを活用してみるのはいかがでしょうか。

お家にいながらApple Watchを手に入れられます

Apple Watch Series 5(GPSモデル)