「アップルウォッチがリンゴマークのまま変わらない時の対処法を解説

アップルウォッチが、リンゴマークのままの場合の対処法を紹介します。AppleWatchのアプリが使えない場合は再起動をすればいいか、ペアリングとは何か、WatchOSやLINE、Siicaについても、紹介をしていきます。

アップルウォッチ(AppleWatch)がリンゴマークのままの時の対処法

AppleWatch(アップルウォッチ)を再起動させてもリンゴマークのままになってしまってアプリが使えないと言う場合があります。

AppleWatch(アップルウォッチ)がリンゴマークのままになっている場合には再起動以外の方法があるのか、またアプリを起動させたいのにできないときの対処法も紹介していきますので、AppleWatch(アップルウォッチ)がリンゴマークのままになっているときは試しましょう。

リンゴマークのままの時は様々な原因が考えられる

AppleWatch(アップルウォッチ)がリンゴマークのままで、アプリが起動できないときは様々な原因があります。そのアプリ自体のバージョンが古く、再起動してもAppleWatch(アップルウォッチ)がリンゴマークのままという可能性もあります。

あるいはAppleWatch(アップルウォッチ)がリンゴマークで、再起動してもそのままになっている時はWatchOSが古い場合があります。確認をしてください。

再起動しても起動しない場合はOSが古い可能性が

再起動しても、アップルウォッチがリンゴマークのままでアプリが開けないという場合はWatchOSが古い場合があります。OSが古い場合はアプリを開きたくても、再起動してもアップルウォッチがリンゴマークのままです。OSが古くなっていないかどうかを確認してください。

OSが古くなっていたら、OSのバージョンを新しいものにしましょう。バージョンが古いとペアリングもすることができないので、必ず確認してください。

ペアリングをすることもできないので対応をしよう

アップルウォッチがリンゴマークのままだとペアリングもすることができません。アップルウォッチがリンゴマークのままだとLINEもSiicaも使えないので、LINEやSiicaを使いたい人もいます。

アップルウォッチがリンゴマークのままだという人はこれから紹介する、アップルウォッチがリンゴマークのままの時の対処法をぜひ参考にしてみてください。アップルウォッチがリンゴマークのままのときは対応しましょう。

アップルウォッチに不具合が起きた時の対処法紹介

アップルウォッチがリンゴマークのままのときのいくつかの対処法を実践してみましょう。アップルウォッチがリンゴマークのままだとペアリングもできないのでペアリングしたいときはペアリングができるように対処をする必要があるので、ペアリングしたいときは参考にしましょう。

対処法①アップルウォッチを強制的に再起動する

アップルウォッチ(AppleWatch)がリンゴマークのままの時の対処法の1つ目はアップルウォッチを強制的に再起動するというものです。ぜひ対処法として、再起動を試してみてください。

対処法②WatchOSを修復する

アップルウォッチ(AppleWatch)がリンゴマークのままの時の対処法の2つ目は、WatchOSを修復することです。WatchOSを修復することで、解決に繋がる可能性があります。

対処法③AppleWatchを探すを使って遠隔操作する

アップルウォッチ(AppleWatch)がリンゴマークのままの時の対処法の3つ目は、AppleWatchを探すを使って遠隔操作するというものですので、ぜひこの方法を試してください。

対処法④外部ツールでWatchOSを修復する

アップルウォッチ(AppleWatch)がリンゴマークのままの時の対処法の4つ目は、外部ツールでWatchOSを修復するというものです。外部ツールでWatchOSを修復しましょう。

対処法⑤修理に出す

アップルウォッチ(AppleWatch)がリンゴマークのままの時の対処法の5つ目は修理に出すというものです。修理に出すのが1番の近道なので修理に出すということを視野に入れましょう。

アップルウォッチ(AppleWatch)を再起動する方法