Apple WatchのLINE返信方法4つを解説

この記事は約 8 分で読むことができます。

Apple WatchでLINEに返信する4つの方法を解説しています。定型文の編集方法もこれを読めばすぐ分かる!返信できない時やメッセージが反映されない時に考えられる原因と対象方法を紹介します!

Apple WatchでLINEに返信する方法

Apple WatchはiPhoneに比べ、画面サイズがかなり小さくなっています。
そのため、LINEを返信するときは、iPhoneのようなキーボードを使うことはありません

では、どのようにLINEを返信すればいいのか。基本的には以下4つの方法を用いることになります。

では、これからそれぞれの使い方やメリットなどを詳しく見ていきたいと思います。

Apple WatchのLINEを定型文で返信する方法

定型文で返信する、とはLINEに登録してあるフレーズを送信する方法です。

例えば、

  • 「こんにちは」
  • 「ありがとう」
  • 「問題ありません。」
  • 「よろしくお願いいたします。」

というフレーズを登録していたとしましょう。

受信したLINEに対して、定型文で返信するを選択すると、登録してある4つのフレーズが表示されます。

「今日の会議12時で大丈夫でしょうか?」

というLINEに対しては、「問題ありません。」を選択するといいのではないでしょうか。

定型文は、iPhoneのLINEアプリの「設定」>「Apple Watch」でカスタマイズできます。

Apple Watch,LINEApple Watch,LINE

よく使うフレーズなどをここに登録しておけば、ワンタップで返信することができます。

筆者の私もよく使う返信方法で、これからご紹介するどの返信方法よりも

  • かんたん
  • 便利
  • プライバシー的に安心

というメリットがあります。

Apple Watchの音声入力でLINEに返信する方法

Apple Watchの文字入力方法の基本は、音声入力です。

Apple Watchに入力した言葉を話しかけ、それをApple Watchが読み取りテキストに変換してくれます。

音声入力で返信するためには、受信したLINEの返信をタップし、マイクのマークをタップするだけ。

Apple Watch,LINE

すると、Siriと同じ画面になり、あなたの声を聞き取ります。

Apple Watch,LINE

一昔前だと、この音声認識のクオリティーが低すぎて全く使い物になりませんでした

筆者もイライラしながら何度も同じフレーズを話しかけていました。

しかし現在のApple Watchの音声認識の精度は素晴らしく、かなり正確にテキスト化してくれます。

中でも感動を覚えるのは、漢字。

難しい漢字や誤用の多い漢字でなければ、適切な変換を施してくれるので大変読みやすい文章が作成されます。

また、声を聞き取る能力はかなり高く、割と雑音の多いところでも正確に聞き取ってくれることが多いです。

デメリットとしてあげられるのは、プライバシーの問題。

声で入力するということは、返信内容を周りの人に聞かれてしまうということ。

Apple Watchの音声入力でしっかりとした文章を作成しようとすると、ハッキリと大きな声で喋る必要もあるので、重要なLINEの返信には不適切でしょう。

Apple WatchのLINEに音声で返信する方法

音声で返信する、とはボイスメッセージを返信することです。

音声入力による返信ではないので、気をつけてください。

ボイスメッセージはApple Watchに向けて話したことを、そのまま録音・送信する方法です。

音声入力と違い、録音したものを送信するだけなので

  • 誤字脱字が入力されるといったトラブルが起きない
  • 自分の声を直接届けるため、自分の感情を文字よりも正確に伝えることができる

といったメリットがあります。

ボイスメッセージでメッセージを送る方法は、少しだけ面倒です。

受信したLINEに対して、「返信」をタップしてもボイスメッセージを送信することはできません。

ボイスメッセージを送信するためには、まずApple Watchのホーム画面からLINEを開く必要があります。

Apple Watch,LINE

LINEが開いたら、返信したいトークを選択します。

するとこのような画面が開きます。

Apple Watch,LINE

左から「スタンプ」「ボイスメッセージ」「音声入力」「定型文」となっています。

ボイスメッセージを選択すると、Apple Watchがレコード画面に切り替わり、あなたの声を録音します。

Apple Watch,LINE

デメリットは、音声入力と同じようにプライバシーの問題があるという点です。

加えてApple WatchはiPhoneに比べてノイズキャンセリング機能が乏しいので、騒音のある場所で利用するとあなたの声を聞き取れない場合や、突然の大きな音で受信した人に不快な思いをさせてしまうことがあります。

音声入力もボイスメッセージも、あまり周りに人がおらず騒音もあまりないところで利用することが望ましいと思われます。

Apple WatchのLINEにスタンプで返信する方法

最後にApple Watchで、LINEスタンプを入力する方法をご紹介します。

基本的に顔文字のアイコンをタップするとLINEスタンプの送信画面に遷移します。

Apple Watch,LINE

LINEアプリを開き、返信したいトークを選択し「返信」をタップするとこのような画面になります。

そして一番左に表示されている顔文字アイコンをタップすると、スタンプを選択する画面に移動します。

Apple Watch,LINE

受信したメッセージに対しては、「スタンプ」を選択することでスタンプ選択画面に移行することができます。

Apple Watch,LINE

ただし筆者は、あまりこの機能を利用しません。

その理由は、入力できるスタンプがかなり限られているからです。

購入したスタンプや、日頃よく使うスタンプを利用することはほとんどできず、決められたスタンプ以外は使用できません。

またスタンプというよりも、どちらかといえば絵文字に近いものが多く、スタンプをよく使う筆者の好みには合いませんでした。

Apple Watchで受信したLINEにスタンプで返信したい場合は、iPhoneをおとなしく開いて返信したほうがいいでしょう。

Apple Watchで返信できない時の原因と対処法

ここではApple WatchでLINEを使う際、よく遭遇するトラブルとその解決策についてご紹介します。

音声入力で英語に変換される時

音声入力で変換されるキーワードは、Apple Watchのほうで記憶しているわけでなく、実はiPhoneのアプリ側の設定が反映されます。

そのためiPhoneで英語キーボードを使っていると、そのままApple Watchでも音声入力が英語と判断されてしまいます。

最も簡単な解決方法はiPhone側のキーボード設定を英語から日本語にすること、ではありません。

もっと簡単に解決する方法が用意されています。

音声入力を選択すると、以下のような画面が表示されます。

Apple Watch,LINE

この画面が表示されたら、グッと画面を軽く力を込めて押し込んでみます。

すると「言語を選択」という画面が表示されます。

Apple Watch,LINE

この「言語を選択」をタップすると、日本語と英語を切り替えられる画面が登場します。

「日本語」をタップすることで、音声入力で日本語を利用できるようになります。

Apple Watch,LINE

チェックポイント!音声入力で英語が入力される問題を解決するためには、Apple Watchの音声入力画面でフォースタッチを利用し、言語切り替えを行えばOK!

LINEトークが通知されない時

Apple Watchには、実はLINEトークを反映・通知しない場面があることをご存知でしょうか。

なかなか通知がこない、という方は以下の条件に該当していないか確認・設定変更してみてください。

チェックポイント!

  •  iPhoneが手元にない(セルラーモデルはなくても大丈夫)
  • iPhoneでBluetooth「[設定]>[Bluetooth]」がオフになっている
  • AppleWatchを腕に装着していない
  • AppleWatchがロックされている
  • iPhoneでロックが解除されている(ホーム画面が表示されている・他のアプリを利用中など)
  • iPhoneでLINEの[通知を許可]の設定「[設定]>[通知]>LINE」がオフになっている
  • iPhoneアプリ「Apple Watch(マイウォッチ)」>[通知]>LINEの通知がオフになっている
  • 特定の相手で問題が発生している場合、iPhoneから 通知が届かないトークルーム名横にスピーカーに斜線マークがある

最後の条件であるトークルーム名横にスピーカーに斜線マークある場合は、トークルーム右上[v]で[通知オン]に設定を変更することで、改善することができます。

LINEに返信ができない時

Apple Watchのセルラーモデルは、iPhoneが近くになくてもLTEを受信し、メッセージを確認することができます。

しかし、受信したLINEに対して返信する機能には対応していません。

これはおそらくセキュリティー上の問題だと思われます。

LINE側としては1つのアカウントに送られたメッセージを、遠距離にある複数のデバイスで送信できることをなるべく阻止したいのだと思われます。

ベッキー事件以降、LINEはこういった小さなセキュリティの穴にも、厳しく制限をかけています。

もちろん今後、iPhoneが近くにない状況においてApple Watch単体でLINEを返信することはできるようになるとは思えません。

Apple WatchでLINEの返信を行いたい場合は、iPhoneが絶対に必要だということを覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はApple WatchでLINEのメッセージを送信、返信する方法をご紹介しました。

返信方法は「定型文」「音声入力」「ボイスメッセージ」「スタンプ」の4通り。

ただしどれも近くにiPhoneがない状況だと、不便に感じることがあるかもしれません。

それでもiPhoneをカバン、ポケットから取り出す必要がないというだけで利便性はかなり向上すると思います。

Apple Watchを使って快適なLINEライフをお過ごしください。

以上、「Apple WatchでLINEメッセージを送信しよう!」でした。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す