AppleWatchのカメラリモート機能でできること!おすすめアプリ6連発!

この記事は約 5 分で読むことができます。

Apple Watchで非常に便利と言われているのが、カメラを遠隔コントロールする「カメラリモート」機能です。今回は初心者でも簡単にApple WatchマスターになれるApple Watchのカメラリモートでできること、Apple Watchに対応したカメラアプリを紹介します。

apple watch リモートカメラ

iPhone6で自撮りをする時、フロントカメラ(FaceTimeHDカメラ)で手軽に取れますが、画素数は1.2メガピクセル。

圧倒的に画質の良い8メガピクセルのバックカメラ(iSightカメラ)で撮ろうと思ったら、きちんとフレームに収めるのは難しいですよね。

10秒と3秒のタイマーが付いているので、集合写真も撮れないことはありませんが、画面を確認して10秒のうちに走ってフレームに入り込む…という昔ながらの撮影が必要です。

しかし!AppleWatchのカメラリモート機能では、AppleWatchを使ってカメラを操作することができます!

その基本の機能と、純正以外のカメラアプリの使い勝手について詳しく見て行きましょう。

あっ、大事なことなので、最初に言っておきます。

AppleWatch本体にはカメラ機能は付いていません!

あくまでBluetoothでペアリングしたiPhoneからの撮影ですのでお間違えなく!

→Apple Watchの基本的な機能や使い方をヒカキンTVで見る場合はこちら←

まずは純正の「カメラリモート機能」

リモート機能で出来ることをご紹介していきます。

ファインダーになる

AppleWatchからiPhoneのカメラを起動して、カメラの写り具合を確認して、シャッターを切ることができます。 ピントを合わせたり、タイマー撮影も可能。

撮った写真を確認できる

iPhone同様、左下のサムネイルから画像の確認ができます。

スクエア写真・フィルター写真も取れる

NewImage
出典元:シンプルガイド 

この写真の通り、iPhone側でスクエアに設定しておくと、Apple Watch側でもスクエア写真が撮れます。フィルターも同じように操作すればOKです。

サードパーティー製のカメラアプリは?

Apple純正のカメラリモート機能の他にも、サードパーティ製カメラアプリで質の良いものを厳選してご紹介していきます。

ProCamera 8

mzl rqwqzfle
記事執筆時の価格:600円
ProCamera 8のダウンロードはこちら

procamera8

上級者も喜ぶ細かい設定が可能な多機能カメラアプリ。

AppleWatchでは 、
・純正と同じく、ファインダー機能
・ProTimer 一定間隔でシャッターを切ることができる機能 があります。

ProCam2

mzl lvdcnmdn
記事執筆時の価格:400円
ProCam2のダウンロードはこちら

こちらも上級者向けに人気のカメラアプリ。
比較的シンプルに設定できるので筆者も使用しています。

AppleWatchでは
・ファインダー機能
・アスペクト比やフィルターの変更をAppleWatch側からできる
・撮影した写真のメタデータをAppleWatchで確認可能

procam2 
出典元:Apple Watch Journal

これはすごいですね!

Camera+

cameraplus
記事執筆時の価格:360円
Camera+のダウンロードはこちら

NewImage

詳細不明ながらもリモートシャッターは切れる模様。公式サイトにも特に言及はありませんが持っていて損はない有料カメラアプリの代表格。 

Camera Plus

qhvvarxx
記事執筆時の価格:240円
Camera Plusのダウンロードはこちら 

似たような名前が続きますが…こちらは ファインダーとフラッシュ、タイマーなどの設定が可能です。

もともと2つのデバイスがあればシャッターを切れるAirSnap機能が付いているので、「AppleWatchはない!iPadならある!」という方でも大丈夫。

HD双眼鏡

HD双眼鏡
記事執筆時の価格:360円

 デジタルズームで40倍までズーム可能なアプリ。ファインダー機能、もちろんズームも可能です。

DSLRCamera

pxqmhvbv
記事執筆時の価格:120円
DSLRCameraのダウンロードはこちら

 驚くほど高度な設定ができるアプリ。お手頃価格も魅力です。

・ファインダー機能
・シャッタースピードやISO感度なども変更可能

まとめ

普段自分が使っているカメラアプリがAppleWatchに対応していればいいのですが、各アプリそれぞれちょっとずつAppleWatch側でできる操作が違うので、細かい部分での使い勝手がアプリを選ぶ決め手になりそうですね。

2015年6月に行われたWWDC2015では、watchOS2も発表され今後どのように進化していくのか楽しみなAppleWatchです。

執筆者:サトウマナミ

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す