Apple Watchリモートカメラ機能の基本的な使い方

この記事は約 8 分で読むことができます。

Apple Watchのリモートカメラアプリでできることと設定から撮影まで基本の操作方法を解説しています。映らない時の対処法、さらに使いこなすための便利なアプリも紹介。初心者におすすめのページです。

Apple Watchのカメラリモートでできること

「Apple Watchをせっかく購入したのだから、いろんなアプリを試してみたい」「Apple Watchのカメラアプリを使うとどのようなことができるのか知りたい」といったApple Watch初心者の方に向けて、Apple Watchの「カメラリモート」機能でできることや撮影方法、おすすめのアプリなどを解説していきます。

まずはじめに、Apple Watchの「カメラリモート」機能についてお話します。

Apple Watchにはリモートカメラアプリが標準搭載されています。

リモートカメラアプリのアイコンは、「カメラのシャッター部分を矢印で指しているものなの」で一目で分かると思います。

このリモートカメラアプリを使うことで、離れた場所にあるiPhoneのシャッターを切ることが可能となります。
iPhoneを固定の場所において、離れた場所から好きなタイミングでシャッターを切りたいときに非常に便利な機能です。

撮影前に準備が必要

Apple Watchのカメラリモート機能を使うためには、事前に準備をしておく必要があります。
その準備とは「ペアリング」のことです。

Apple Watchでリモート撮影する前に、Apple WatchとiPhoneをペアリングしておかないといけません。

といっても、Apple WatchとiPhoneのペアリング作業は非常に簡単で、Apple Watchの電源を入れて腕につけ、iPhoneをかざすだけでペアリングが完了します。

詳しい操作方法は「Apple Watchの機能一覧と使い方!基本から活用法まで」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

リモートカメラアプリでできること一覧

Apple Watchのリモートカメラアプリでは、以下に挙げているような操作が可能です。

【リモートカメラアプリでできること】

  1. 範囲の確認
  2. フィルターを使った撮影
  3. タイマー
  4. フォーカス位置を調整
  5. 拡大・縮小
  6. 写真の確認 など

離れた場所からシャッターを押すことができるだけでなく、iPhoneカメラで撮影できる範囲をApple Watch上で確認することができたり、撮影した写真をApple Watch上で確認したりすることが可能です。

その他、カメラのフォーカス位置を調整したり、フィルターを使った撮影に変更することもできます。

Apple Watchのカメラでリモート撮影する方法

ここからは、実際にApple Watchのカメラリモート機能を使って撮影する方法を説明していきます。

撮影手順①Apple Watchでリモートカメラアプリを起動する

②Apple Watchの画面を見て、撮影範囲やピントを確認する

③Apple Watchの画面上にある「シャッターボタン」あるいは本体側面の「サイドボタン(デジタルクラウンの下のボタン)」を押す

④撮影した写真をApple Watch上で確認する

①Apple Watchでリモートカメラアプリを起動する

撮影に使うiPhoneとApple Watchがペアリングされている状態であることを確認し、まずはApple Watchの「リモートカメラアプリ」をタップして起動しましょう。

両者がペアリングされていれば、Apple Watchのリモートカメラアプリが起動された時、自動的にiPhoneのカメラアプリも起動します。

iPhone側では、撮影モード(写真・スクエアなど)が適切かどうかの確認と、インカメラ・アウトカメラの切り替え作業などを行ってください。
撮影モードと「インカメラ・アウトカメラ」の変更は、Apple Watch上ではできないためです。

②Apple Watchの画面を見て、撮影範囲やピントを確認する

iPhone側で撮影モードの設定などを行ったら、Apple Watchの画面を見て、撮影範囲やピントが適切かを確認してください。

Apple Watchの画面上では、iPhoneのカメラがとらえている範囲の「ライブプレビュー」を確認できます。
それを確認して、カメラの向きが正しいか、はっきりと移したい物にピントを合わせたりする作業をします。

③Apple Watchの画面上にある「シャッターボタン」あるいは本体側面の「サイドボタン」を押す

納得のいく撮影状況が整ったら、Apple Watch画面上にある「シャッターボタン」を押すか、Apple Watch本体の側面にある「サイドボタン」を押すことで、遠隔操作でシャッターを切ることができます。

これでApple Watchのカメラリモート機能を使った撮影は完了です。

④撮影した写真をApple Watch上で確認する

ちなみに、撮影した写真はApple Watch上で確認ができます。

iPhoneでカメラ撮影するときと同様、シャッターを切った後、Apple Watch画面の左下にある「プレビュー」をタップすることで、先ほど撮影した写真の出来を確認することができます。

また、写真を左右にスワイプすれば、違う写真も確認可能です。

Apple Watchのカメラが映らない時の原因と対処法

Apple Watchのカメラが突然映らなくなってしまって困っている方はいませんか?

ここからは、Apple Watchのカメラが映らなくなった際に考えられる原因対処法について解説します。

「機内モード」になっている

考えられる原因の一つが、iPhoneかApple Watchが「機内モード」になっていることです。

何かの拍子に機内モードが起動していることによって、うまくApple WatchとiPhoneが接続できていない問題が発生している可能性があります。

iPhone・Apple Watchの両方を確認して、もし機内モードが起動しているようなら、機内モードをOFFにして、リモートカメラアプリを起動してみてください。

何らかの不具合が発生している

iPhoneまたはApple Watchに「何らかの不具合」が発生していることが原因で、Apple Watchのカメラが映らなくなるトラブルが起こっている可能性があります。

原因が分からないようなら、とりあえずiPhone・Apple Watchの両方を「再起動」してみてください。

機器を再起動することで、原因不明の不具合が解消されることはよくあります。

iPhoneの再起動方法【iPhone8以前のシリーズ】

iPhone本体の上部ボタン(またはサイドボタン)を「電源オフスライダー」が表示されるまで長押し

スライダーをドラッグして電源をOFFにする

上部ボタン(またはサイドボタン)を電源が点くまで長押し

【iPhoneX以降のシリーズ】

サイドボタンと音量調節ボタンのどれかを「電源オフスライダー」が表示されるまで長押し

スライダーをドラッグして電源をOFFにする

サイドボタンを電源が点くまで長押し

Apple Watchの再起動方法サイドボタンを「電源オフスライダー」が表示されるまで長押し

スライダーをドラッグして電源をOFFにする

サイドボタンを電源が点くまで長押し

「ペアリング」に不具合が発生している

Apple Watchのリモートカメラアプリで撮影できない時、「ペアリング」に何らかの不具合が発生している可能性があります。

一度ペアリングを解除して、再びペアリングし直す作業を試してみてください。

ペアリングし直す手順①iPhone側で「Watch」アプリを起動し、「マイウォッチ」→「(i)マーク」をタップ→「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップする

②Apple Watch側で「設定」を開き、「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップする

③Apple Watchの画面の指示に従って、再び両者をペアリングする

Apple Watchリモートカメラを使いこなす!おすすめアプリ

Apple Watchを使ってのリモート撮影は、標準アプリ以外でも可能です。

特におすすめのアプリが「ProCamera.」です。

Apple Watch,カメラアプリ,ProCamera.

こちらは、写真をプロ並みに綺麗に撮りたいiOSユーザーに非常におススメのカメラアプリで、Apple Watchを活用したリモート撮影にも対応しています。

撮影手順は、基本的に標準カメラを使う時と同様です。

ダウンロードは有料(960円)ですが、標準カメラアプリには無い「デジタル一眼レフ機能」「自動画像安定機能」などによって「ハイレベルな写真撮影が可能」な点が魅力的です。

 

  AppleWatchのカメラリモート機能でできること!おすすめアプリ6連発!

Apple Watchのカメラ付きバンドが便利!

カメラが内蔵されたApple Watch用バンドがあることをご存知でしょうか?

その名も「CMRA」で、写真・動画の撮影やビデオ通話が可能です。

Apple Watch,バンド,CMRA

出典:CMRA公式サイト

内蔵されている2つのカメラのうち、外向きのカメラは「800万画素」、内向きのカメラは「200万画素」のスペックとなっています。

「Watch OS 3」が搭載されている「Apple Watch」に対応していて、iOS10がインストールされているiPhone5以降のiPhoneシリーズとペアリングすることが可能です。

この動画は、CMRAを紹介しているものです。
どのような使い方が可能なのか、イメージできる動画となっています。

まとめ

今回は、Apple Watchカメラリモート機能について解説してきました。

Apple Watchのカメラリモート機能を活用すれば、様々な場面での写真撮影が非常に便利になります

まだApple Watchを使いこなせていない方や、これからリモートカメラアプリを使おうと思っていた方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

  Apple Watch2と前モデルの違いを比較レビュー!新機能はどう?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す