レゴ(LEGO)暦6年の僕がおすすめしたいApple Watchスタンドの自作法!

Apple Watch (アップルウォッチ)のスタンド(自作編)+おすすめランキングを徹底検証。純正スタンドの他、人気のugreen・belkinの口コミレビューも。スタンド選びのコツ / 充電中のアクティビティ通知をOFFにする方法も紹介。

アップルウォッチ,レゴ

Apple Watch スタンドをレゴ( LEGO )で自作する方法がアツい!

レゴ,apple watch,自作スタンド

そもそも Apple Watch のスタンドとして必須の要素

  • Apple Watch が固定できること。
  • デザイン性があること。
  • 充電が楽しくできること!!

くらいのもの。

「レゴ歴6年の熟練の私なら、スタンド自作できる!もしや私パイオニア?!」と思いましたが、調査してみたところ LEGO (レゴ)で Apple Watch スタンドを自作している Apple Watch ユーザはかなりいました▼

LEGO (レゴ)でApple Watchスタンドを自作する方法【基本】

今回は LEGO (レゴ)を使って Apple Watch スタンドを自作する【基本編】として、私が試したシンプルなレシピを紹介します。

  1. 6×12のサイズで基盤を作る。
  2. 2×4のサイズの柱を2本、13程度の高さまで積む。
  3. 2本の柱をつなぐように天井部分を作成する。
  4. ケーブル固定用の人形+ケーブルを固定する。
  5. 完成!

ある程度の高さがないと、 Apple Watch のバンド部分が床についてしまうので、高さ(13程度)を目安に作成するのがポイントですね。

スタンドのカスタマイズの要素としては次のようなものがあります。

  • スターウォーズやハリーポッターなどのシリーズもので統一する。
  • 白×黒、赤×黒など好きなカラーをシンプルに組み合わせる。
  • 傾斜のあるブロックに両面テープで磁気面を貼るなどして斜め掛けタイプにする。

人気のシリーズとしてはやはり次世代感のあるパーツがあるスターウォーズでしょう。

アクセントのなるのはやはりケーブルを固定する人形なので、人形のみ購入し、ブロックは持ち前のもので作成するのもアリです。

スターウォーズ,LEGO

LEGO 以外の素材で Apple Watch スタンドを自作する方法

LEGO 以外の素材を使って、非常にカンタンにスタイリッシュな Apple Watch スタンドを作る方法もあります。

100均などに売っているスマホスタンドに両面テープでQi磁気面を貼るというシンプルなものであれば、激安の即席で完成します。

自分に合う! Apple Watch スタンドを選ぶポイント

アップルウォッチ,スタンド,選び方

アップルウォッチのスタンドを選ぶときのコツとして一番ポイントとなるのは「自分が何を優先するか」です。

充電時には必ず自分の手から外しておかなければならず、その間は充電中デバイスとして目に入ることになります。

充電中のスタイリッシュさ、エレガントさは自分だけのものであり、ほかの誰のためでもありません。

  • 自分好みのデザイン性を備えているか?
  • 急速充電が必要か?不要か?
  • どのくらいの充電スペースが必要か?
  • 時計を置いた時の安定性・重量感を重視するか?
  • 自分好みに変えられるDIY性を求めるか?
  • iPhoneと同時に充電できるものがよいか?

おすすめ!人気の Apple Watch スタンドランキング【Top10】

第1位1位 Klearlook|5,080円

Klearlook,apple watch,スタンド

  • 充電器を感じさせない次世代的なデザイン
  • AppleのすべてのQi搭載デバイスに対応
  • ケースをつけたままで充電可能
「Simple is the Best」とはこのこと。
Apple Watch スタンドとしてはやや高額にも関わらず、一番人気となっているのがKlearlookのスタンド。
省スペース / 高機能 / スタイリッシュ の3要素において評価が非常に高く、現時点で1位を獲得しています。

第2位2位 BNCHI|4,999円

コメントを残す




CAPTCHA