格安SIMはLINEの年齢確認可能?キャリアなのにできない原因も

まずはホーム画面から設定を開きます。

LINEアプリを起動しホームタブから設定アイコンをタップしましょう。

年齢確認→年齢確認結果と進む

t食いは年齢確認→年齢確認結果と進みましょう。

設定アイコンをタップすると「年齢確認」をタップし「年齢確認結果」をタップ。

ここで年齢確認をする前では「未確認」と表示されています。

「(契約会社名)をご契約の方」をタップ

次は「(契約会社名)をご契約の方」をタップします。

「年齢確認を行いますか?」と表示されます。

そのため「(契約会社名)をご契約の方」をタップして契約サービスを選びましょう。

キャリア・格安SIM会社(MVNO)のアカウントでログイン

最後にキャリア・格安SIM会社(MVNO)のアカウントでログインします。

各携帯電話事業者マイページへのログインが要求されます。

これでキャリア・格安SIM会社(MVNO)のアカウントでログインが完了すると、現段階での契約状況に基づいて年齢判定が通知されます。

年齢判定が終了するとLINEの「年齢確認結果」の画面に変更されます。

そして18歳以上であることが年齢判定で確認できればLINEトップ画面で「ID検索可」と表示されます。

年齢確認が可能なキャリア・格安SIM会社(MVNO)と利用者登録の手順

では年齢確認が可能なキャリア・格安SIM会社(MVNO)と利用者登録の手順を見ていきます。

年齢確認が可能なキャリア・格安SIM会社(MVNO)と利用者登録の手順にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

①docomo

まずはdocomo。

docomoでは

  1. LINEアプリを起動し「ホーム」をタップ
  2. 歯車アイコンをタップ
  3. 設定画面から「年齢確認」をタップ
  4. 「年齢確認結果」をタップ
  5. 「NTT docomoをご契約の方」をタップ
  6. dアカウントでログインし認証を済ませる

でOK。

②au

次はau。

auは

  1. LINEアプリを起動し「ホーム」をタップ
  2. 歯車アイコンをタップ
  3. 設定画面から「年齢確認」をタップ
  4. 「年齢確認結果」をタップ
  5. 「auをご契約の方」をタップ
  6. au IDとパスワードを入力しログインし、認証を完了

でOK。

③SoftBank