iPhone6s/PLUSのおすすめ画面割れ強化ガラス製液晶保護フィルムとは?

この記事は約 9 分で読むことができます。

どうも、Apple Geeks Laboです!機種変更したら、まず揃えておきたいのが画面の保護フィルムですよね。今回はiPhone6s向けガラス全面保護フィルムのオススメ商品をピックアップして紹介します!

iphone

機種変更で新しいiPhoneを手にしたら、まず何をしますか?

初期設定、ベーシックなアプリのインストール、バックアップの復旧…

やることはたくさんありますが、その前にやっておくべきなのがディスプレイの保護!

せっかく手にした新しいiPhone、何かの拍子でディスプレイをスリ傷だらけにしてしまったり、最悪の場合画面を粉々にしてしまっては悲しいですよね。

そんな時に使いたい全面保護タイプのガラスフィルムについて、オススメをピックアップしてきました!

Sponsored Links


液晶保護フィルムと強化ガラスどちらを選ぶ?

iPhone操作のカナメとなる画面保護をするのに役立つ保護フィルムと強化ガラス。目的は一緒ですがこの2つの一番の違いとなるのが素材の違いによる強度の差です。保護フィルムはPETやTPUなどやわらかい素材が使されているのに対し、強化ガラスは文字通りガラスが使用されています。保護フィルムはスマホ登場当初からあり、数年前までは画面保護用のアイテムとして主流でしたが最近は強化ガラス / ガラスフィルムの方が主流となっています。それぞれの特徴をまとめるとこのような感じ。

強化ガラスと保護フィルムの違い

  保護フィルム 強化ガラス
素材 PET  ガラス 
薄さ 0.1mm程度   0.1mm程度~0.3mm程度
価格  100円程度~2000円程度  500円程度~3000円程度
傷防止力  △  ◎
ケースへの干渉  なし  厚さによってあり
貼りやすさ  △  ○

 pyoko3-1_questionメリット・ディメリットはある?

ケースとの相性
以前は強化ガラスの場合、ガラスの厚みがケースに干渉するという問題がありましたが、最近では強化ガラスでもかなり薄いのもの(0.1mm程度!)もリリースされ、ケース干渉に関するディメリットは少なくなっていると言えるでしょう。
貼る時の割れやすさ
薄いガラスフィルムの場合には画面に貼るときの難易度が高くなる(すこし曲げただけで割れる)という問題があるのでその点がマイナスポイント。
引っ掻き系ダメージに対する強さ
引っ掻き系のダメージに強いのは断然ガラスフィルム。カギ、キーホルダーなど硬いものや尖ったものとiPhoneを一緒に入れることが多い人はガラスフィルムにしておいたほうが無難といえるでしょう。
PET素材のフィルムは画面表面の汚れをや反射を防ぐ効果はありますが引っ掻きダメージには弱いという特徴があります。

液晶保護フィルムの選び方

pyoko3-1_question主流はアンチグレア

保護フィルムを選ぶときに必ず出てくるワードが〝アンチグレア〟。グレアとは英語でGlare〝ぎらぎらまぶしい光〟を意味する単語。アンチグレアはスマホ画面を見るとき眩しさや反射を抑える効果を指しています。一方のグレアフィルムは特に眩しさを抑えるための加工をほどこしていないフィルムのこと。二つのフィルムの特徴をまとめると次のようになります。

  アンチグレア グレア
眩しさ  ◎  △
反射(映り込み)  ◎  △
サラサラ感  ◎  ◎
 画像の鮮明さ  ○  ◎

 pyoko3-1_questionエアーレスを選べば気泡によるストレスもナシ!

薄くてやわらかい保護フィルムは気泡が入りやすいのが一番の難点ですが、エアーレス・無気泡などの記載があるフィルムは接着面に特殊な層が施されているため、万が一気泡が入ってしまっても時間とともに気泡をなくしたり目立たなくすることができます。

貼り方記事サイトから導き出した最強のコツ。

pyoko3-1_questionハードタイプもある

保護フィルムは画面汚れや反射防止だけと思われがちですが、ハードタイプのプラスチック素材の層を組み合わせたハイブリッドタイプの保護フィルムもあります。このタイプなら引っ掻き系のダメージも防止できます。(次の項目に商品記載!)

おすすめ!人気の液晶保護フィルムTop3

  ラスタバナナ スーパーさらさら反射防止フィルム(アンチグレアタイプ)

%e7%84%a1%e9%a1%8c

アンチグレア・さらさら加工・エアーレス仕様・抗菌コートと必須項目を網羅した保護フィルムがこちら。なんとお値段108円

とくにガラスにする必要がないという人はこちらのフィルムが最強でしょう。(6sPlusの人はコチラ

amazon-bottan

  PowerSupport ハイブリッドアンチグレアフィルムセット

%e7%84%a1%e9%a1%8c

うすいフィルムはちょっと心配という人にオススメなのがこちら。強化プラスチック素材のフィルムで画面汚れだけでなく傷からもしっかりと守ってくれます。

さらに貼り付け前に埃をとるためのクリーナーやダストリムーバー付き+位置の調整がしやすい剥離フィルムなので貼り付け時に失敗したくない人にも◎少々お値段は高めですがクオリティにみあった商品といえるでしょう。

amazon-bottan

  ELECOM 保護フィルム(アンチグレアタイプ)

%e7%84%a1%e9%a1%8c

保護フィルムは曲がりやすい分貼り付け時に気泡が入りやすいのが難点ですが、こちらのフィルムは気泡が入っても時間とともに目立たなくなるエアーレス仕様なので貼り付けが苦手な人も安心。

決まったサイズにカットされたものも販売されていますがフリーカットタイプなら数回分カットできるのでコスパも◎

スーパースムースコーティングで指紋も付きにくくサラッとした触感です。

amazon-bottan

強化ガラス製保護フィルムの選び方

 「全面保護」が前提条件

iPhone6sのガラスフィルムには2種類のタイプがあります。

ディスプレイを中心にカバーし、本体の端までは覆わないフィルムと、本体の端まできっちりと覆う全面保護フィルムです。

これ、選ぶなら、断然「全面保護」がオススメです。

本体の端まで覆われていないタイプでは、本体が傷ついてしまう可能性があります。

また、小さなことですが、ディスプレイの端をタップしようとすると、ちょうど保護フィルムのエッジに触ることになり、これが微妙な違和感の原因にもなります。

 ディスプレイをしっかり保護!ガラスの強度も大切

一口にガラスフィルムといっても、各社さまざまな工夫をこらしていて、ガラスの強度アップが図られています!

そのため、保護フィルムの硬度は製品によってさまざま。

高硬度のガラスフィルムなら、カッターナイフでも傷が付かないほどの強度を誇りますから、ポケットの中で知らないうちに傷ついていた、なんてことも防げます。

ただし、強度の強いフィルムになるとどうしても厚みが出てしまいがちです。

全面保護タイプのフィルムで、厚め(0.4mm)のタイプのものになると、iPhoneケースによってはサイズが合わなくなってしまうものもあるので注意が必要です。

お気に入りのiPhoneケースがあるという場合は、0.2mmなど、薄さと強度のバランスの取れている商品を選ぶことも重要です。

 きちんとiPhone「6s」対応の製品を選ぼう

iPhone6とiPhone6sは同じく4.7インチディスプレイを搭載しています。

本体サイズもほぼ同一なので、iPhone6対応って書いてあればiPhone6sでも使えるんじゃない?

なんて思われがちですが、ディスプレイの保護フィルムだけは例外で、iPhone6s非対応の商品を選ぶのはリスクがあります。

iPhone6、iPhone6sでは本体に微妙な丸みを帯びた加工を施しており、操作性を向上させています。

そのため、ガラスフィルムも本体の微妙なカーブに合わせた設計になっています。

iPhone6とiPhone6sでは本体の丸みがごく微妙に異なっていて、iPhone6対応、iPhone6s非対応のガラスフィルムでは本体のカーブに合わず、フィルム端が微妙に浮いてしまうことがあります。

フィルムが浮いているとゴミがたまってしまったり、ここから剥離してしまう原因になってしまいますから、確実にiPhone6s対応のフィルムを選ぶべきです。

 不器用な人もバブルレスタイプで安心

ディスプレイの保護フィルムは、あまり頻繁に貼りかえるものではないですよね。

気泡を入れずにキレイに貼るにはちょっとしたコツが必要ですが、保護フィルムを貼る作業自体、そうそう何度も経験する作業ではありません。

そんな時は、気泡が自然と抜けて消えるタイプのフィルムを選んでおくと安心です。

Apple Geeks Laboオススメのガラス製保護フィルムTOP3

  Dragontrail X アイフォン 透明クリア 保護フィルム 強化ガラス

 

 国内の有名メーカー旭硝子の素材を使用したガラスフィルム。

品質は折り紙付きで、表面硬度もバッチリです。

通常の強化ガラスよりもさらに強い強度を誇るドラゴントレイルという素材を使用することで、日常での損傷を極限まで抑えてくれます。

それだけの強度を誇りながらも厚みはわずか0.21mmなので、対応するiPhoneケースも比較的多く、使いやすいです!

また、ホームボタン周辺をO型にくりぬいている保護フィルムって貴重なんですよね。

大半のメーカーがU型にくりぬいていて、ホームボタン下が露出している中、O型のくりぬき加工をしているこのフィルムは本当に死角がありません。

⇒ Amazonで値段を見てみる

amazon-bottan

  ELECOM iPhone 6s/6 液晶保護ガラスフィルム ゴリラガラス

 0.2mmと、厚みは押さえながらも表面硬度9Hを実現した、耐久性と薄さのバランスのとれたフィルムです。

エッジ部を丸くしてひっかかりを抑えたラウンドエッジ加工のため、ホコリや汚れがエッジにたまってしまうことも少ないです。

加えて、飛散防止設計のため、強い衝撃で割れてしまったときにも安全に張り替えができるようになっています。

⇒ Amazonで値段を見てみる

amazon-bottan

  OAproda Iphone6 Iphone6s対応 強化ガラス保護フィルム 

こちらも旭硝子の素材を使用している、安心のガラスフィルム。

表面硬度はこちらも9Hと、日常生活でのスリ傷対策としては十分すぎる性能をもっています。

指紋汚れが落ちやすく、気泡の入りにくい加工が施されているため、貼り付けやメンテナンスも楽々。

非常にコスパの高いガラスフィルムです!

⇒ Amazonで値段を見てみる

amazon-bottan

まとめ

いかがでしたか?

せっかくのiPhone6sですから、品質の良いガラス製全面保護フィルムでしっかりと守ってあげましょうね。

今回の記事が保護フィルム選びの参考になれば幸いです!

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す