ポケットWifiの海外レンタル料金が安い業者比較ランキング2018

この記事は約 19 分で読むことができます。

海外旅行国内旅行出張でポケットwifiをレンタルする時に悩むのが、レンタル業者選び。今回は人気のポケットwifiを総合的に比較してまとめました。料金がなるべく安いポケットwifiを探している人は必見です!

無制限で使えるポケットWifiを徹底比較!おすすめ人気ランキングはこちら

この記事の目次

旅慣れた人がレンタルポケットWiFiを持参する理由

レンタルポケットWiFi,グローバルWiFi

海外旅行長期の出張時必ず頭に思い浮かぶのが

  • 「海外で家族や友人とLINEなどで連絡が取れなくなるのが困る」
  • 「現地でGoogleMapを使えないと困る」
  • 「旅中のネットでデータ通信量が高額になると困る」
  • 「旅中にスマホが通信制限になると困る」

というような不安ですよね。

空港やホテルには無料のFreeWiFiがあることも多いですが、街中では使えません

スマホをそのまま「海外ローミング」で使用してパケ死(高額請求)に遭う人もいます。

そんな不安を解決してくれるのがレンタルポケットWiFi(国内用・海外用)です。

旅先でどれだけネットを使うことになるかなんて、正直わかりません。

旅前にネットをどうするか悩んでいる人は是非参考にしてみてくださいね!

 レンタルポケットWiFiを持参する理由

 複数の人数・端末でインターネットを利用することができる

 借りた日数分だけの支払いでOK

 受け取り・返却方法が多くて便利

→急いでいる人は今すぐランキングにジャンプ

 複数の人数・端末でインターネットを利用することができる

レンタルポケットWiFiを使えば、海外旅行先や出張先などで、複数の人数や複数の端末でインターネットを利用することが可能になります。

例として、海外用のレンタルポケットWiFiである「グローバルWiFi」「イモトのWiFi」「Wi-Ho」の3社それぞれの、同時接続可能数を表にまとめます。

  グローバルWiFi イモトのWiFi Wi-Ho
同時接続数 5台まで対応 5台まで対応の端末
10台まで対応の端末
10台まで対応
価格 670円~/日 680円~/日 590円~/日

 借りた日数分だけの支払いでOK

レンタルポケットWiFiは、借りた日数分だけの支払いでOKという特徴があります。

レンタルポケットWiFiであれば、旅行・出張期間のみのレンタルが可能で、料金も安く抑えることができるので、非常に便利なんですね!

 受け取り・返却方法が多くて便利

基本的に、レンタルポケットWiFiの受け取り・返却方法には、「空港での受け取り・返却」「宅配での受け取り・返却」「現地での受け取り・返却」「プロバイダ本社での受け取り・返却」といったものがあります。

自分の都合にあった方法を選ぶことができて、非常に便利です。

docomo・Softbank・auの海外パケットサービスとレンタルポケットWiFiを比較してみた

海外でネットを利用する方法として、携帯電話会社の「海外パケットサービスを使用する方法」もあります。

お使いのスマートフォンやタブレットの「データローミング」をオンにすることで、海外でメールの送信ウェブの利用をする方法ですね。

しかし、スマホを「データローミングON」の状態で海外に行くことは正直おすすめできません

(-“-) 理由はとにかく①高い②パケ死の可能性大だから・・↓で詳しく解説します。

「海外パケットサービス」と「レンタルポケットWiFi」の料金表

スマホの「データローミングON」がおすすめできない理由は2つあります。

1つめはデータ量に対する料金の高さ

au・docomo・Softbankから提供されている海外でのネット定額料金(1日単位)は次の通り。

※比較するレンタルポケットWiFiは、「Wi-Ho」「グローバルWiFi」「イモトのWiFi」の3社です。

料金比較表
au「世界データ定額」 980円/24時間
Softbank「海外パッケトし放題」 【利用バイト数:25MBまで
1,980円/日
【利用バイト数:25MB以上
2,980円/日
docomo「パケットパック定額オプション」 980円/24時間
docomo「海外パケ・ホーダイ」 【利用バイト数:24.4MBまで
最大1,980円/日
【利用バイト数:24.4MB以上
最大2,980円/日
Wi-Ho 【ハワイの場合】
750円/日(250MB)
グローバルWiFi 【ハワイの場合】
970円/日(通常:250MB)
イモトのWiFi 【ハワイの場合】
1,580円/日(大容量500MB)

※レンタルポケットWiFiの料金は、「渡航する国」「利用したい通信量」によって異なります。
※ここでは、ハワイ旅行で「最も少ない通信量のプラン」を利用する場合の料金を表記しました。

au「世界データ定額」とdocomo「パケットパック定額オプション」の落とし穴

「世界データ定額」「パケットパック定額オプション」は、「24時間980円」となっていますが、これはあくまでも「海外でネット接続できるようにする」ためのもので、「データ使用量」自体は、自分の普段の契約データから消費することになるので注意が必要です。

例えば、普段「3GB」のデータ量契約でスマホを利用している場合、海外・国内問わず「3GB」の通信料をオーバーすると、月末まで低スピードの「128Kbps」という通信速度制限にかかってしまいます。

Softbank「海外パケットし放題」とdocomo「海外パケ・ホーダイ」の落とし穴

「海外パケットし放題」「海外パケ・ホーダイ」は、「25MB」まで「1,980円/日」「25MB」を超えてしまうと、「2,980円/日」という料金になっています。

「25MB」というデータ量は、動画を視聴した場合は「数十秒」程度で消費してしまうほど小さいです。

そのため、基本的には、1日「2,980円」でデータ通信を利用することになります。
海外レンタルポケットWiFiの3社と比較すると、非常に高額です。

海外ローミングを使うとパケ死の可能性大!

ローミングOnでの海外渡航をおすすめできない理由の2つ目は、「バックグラウンド通信」自分で気づかない間のネット接続)による「パケ死」(高額請求)の可能性があるためです。

国際ローミングを使用すると、国内と同様に、契約している大手通信キャリアのサービスを受けることができます。

ただし、iPhoneAndroidのスマホ・タブレットには、「バックグラウンドデータ通信」を行っているアプリがあります。
この「バックグラウンドデータ通信」オンにしたままにすると、アプリのアップデートや同期などが自動で行われ、意図しないデータ通信が発生します

それが原因で、気づかないうちにデータを大量に消費してしまう危険性があります。

さらに、データローミングをオンにした状態でいると、現地の携帯会社にアクセスしてしまい、「海外パケット定額サービス」の対象外となり、十万円を超えるような高額な請求が届いてしまう可能性があるのです。

オススメのポケットWiFiランキング

結論として、データ通信量や料金、安全性などの観点から、海外でインターネットを利用する方法として、レンタルポケットwifiを利用するのがベスト!!だということになります。

私自身、海外旅行ではポケットWiFiはなくてはならない必需品となっているので、迷っている人には是非ためしてほしいところです。

現時点で大手で人気のある海外用レンタルWiFiは下の3社。

POINT!
  1. 受け取り・返却できる空港が最多の15箇所。地方空港も網羅!
  2. 1日大容量500MB・1GBプラン+高速のLTE回線が基本!
  3. 韓国・香港・ベトナムはグローバルWiFiが最安!
POINT!
  1. 大容量(500MB)以上のプランが割安!
  2. 30日以上の長期プランが割安!
  3. 5台・10台まで同時接続できる機種を選べる!
POINT!
  1. 無制限プランがあるので、複数人の割り勘利用でもケンカにならない!
  2. 安心保障やモバイルバッテリーなどオプションが充実!
  3. 台湾・タイ・シンガポールなど東南アジアエリアは最安!

各社の口コミや評判が知りたい方は、「人気の海外用Wi-Fiレンタルおすすめランキング!失敗しない選び方を紹介」をご覧ください。

料金まとめ表(1か国の場合)

  Global WiFi
「4G/LTEプラン」
※表示価格は
「早割」

適用時の価格です
イモトのWiFi
「4G/LTEプラン」
Wi–Ho!
「速度4G」
  レンタルポケットWiFi,グローバルWiFi レンタルポケットWiFi,イモトのWiFi レンタルポケットWiFi,Wi-Ho
アメリカ周辺
アメリカ 【通常:250MB】
970円/日
【大容量:500MB】
1,270円/日
【超大容量:1GB】
1,470円/日
【大容量:500MB】
1,580円/日 
【ギガ:1GB】
1,880円/日 
【30日:500MB】
28,000円/30日
【250MB】
750円/日 
【500MB】
1,050円/日
【1GB】
1,250円/日 
【無制限】
1,850円/日
ハワイ 【通常】970円 
【大容量】1,270円 
【超大容量】1,470円
【大容量】1,580円
【ギガ】1,880円
【30日】28,000円
【250MB】750円
【500MB】1,050円
【1GB】1,250円
【無制限】1,850円
カナダ 【通常】770円
【大容量】970円
【超大容量】1,270円
【大容量】1,580円
【30日】8,000円
【250MB】850円
【500MB】1,150円
【1GB】1,350円
【無制限】1,950円
グアム 【通常】970円
【大容量】1,170円
【大容量】1,580円
【ギガ】1,880円
【30日】28,000円
【250MB】980円
【500MB】1,280円
【1GB】1,480円
アジア周辺
韓国 【通常】670円
【大容量】970円
【超大容量】1,170円
【大容量】680円
【ギガ】1,580円
【30日】14,200円
【300MB】750円
【500MB】1,050円
【1GB】1,250円
【無制限】1,750円
台湾 【通常】970円
【大容量】1,170円
【超大容量】1,370円
【大容量】1,280円
【ギガ】1,580円
【30日】23,000円
【250MB】590円
【500MB】890円
【1GB】1,090円
【無制限】1,590円
中国 【通常】970円
【大容量】1,170円
【超大容量】1,370円
【大容量】1,280円
【ギガ】1,580円
【30日】23,000円
【250MB】680円
【500MB】980円
【1GB】1,180円
【無制限】1,780円
香港 【通常】670円
【大容量】1,170円
【超大容量】1,370円
【大容量】1,280円
【ギガ】1,580円
【30日】23,000円
【250MB】680円
【500MB】980円
【1GB】1,180円
タイ 【通常】970円
【大容量】1,170円
【超大容量】1,370円
【大容量】1,280円
【ギガ】1,580円
【30日】23,000円
【250MB】680円
【500MB】980円
【1GB】1,180円
【無制限】1,780円
シンガポール 【通常】970円
【大容量】1,170円
【超大容量】1,370円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【250MB】680円
【500MB】980円
【1GB】1,280円
バリ島 【通常】970円
【大容量】1,170円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【500MB】980円
【1GB】1,280円
フィリピン 【通常】970円
【大容量】1,170円
【超大容量】1,370円
【大容量】1,280円
【30日】23,000円
【250MB】680円
【500MB】980円
【1GB】1,280円
【無制限】1,880円
ベトナム 【通常】770円
【大容量】970円
【超大容量】1,170円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【250MB】850円
【500MB】1,150円
【1GB】1,350円
【無制限】1,950円
ヨーロッパ周辺   
フランス 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【250MB】850円
【500MB】1,150円
【1GB】1,350円
【無制限】1,950円
イギリス 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【250MB】850円
【500MB】1,150円
【1GB】1,350円
【無制限】1,950円
スペイン 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円 【250MB】850円
【500MB】1,150円
【1GB】1,350円
ドイツ 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円

【250MB】850円
【500MB】1,150円
【1GB】1,350円

イタリア 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【250MB】970円
【500MB】1,270円
【1GB】1,470円
【無制限】2,070円
オーストリア 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円 【250MB】980円
【500MB】1,280円
【1GB】1,480円
ポルトガル 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円  【250MB】980円
【500MB】1,280円
【1GB】1,480円
ハンガリー 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円 【250MB】980円
【500MB】1,280円
【1GB】1,480円
オーストラリア周辺
オーストラリア 【通常】1,270円
【大容量】1,470円
【超大容量】1,670円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【250MB】850円
【500MB】1,150円
【1GB】1,350円
ニュージーランド 【通常】970円
【大容量】1,270円
【超大容量】1,570円
【大容量】1,580円
【30日】28,000円
【250MB】980円
【500MB】1,280円
【1GB】1,750円

→まとめ表TOPに戻る

料金まとめ表(周遊プランの場合)

グローバルWiFi
「4G」
※「早割」適用時の価格
イモトのWiFi Wi-Ho
【ヨーロッパ周遊】
1,480円
【世界周遊3G】
1,580円
【アジア周遊】
「通常プラン:300MB」
980円
「大容量プラン:500MB」
1,280円
「ギガプラン:1GB」
1,580円
【アジア周遊】
1,480円
【ヨーロッパ周遊4G/LTE】
1,880円
【ヨーロッパ周遊】
「通常プラン:300MB」
1,180円
「大容量プラン:500MB」
1,480円
「ギガプラン:1GB」
1,680円
【アメリカ特別エリア】
970円
【アジア周遊4G/LTE】
1,280円
【世界周遊】
「通常プラン:300MB」
1,380円
「大容量プラン:500MB」
1,680円
「ギガプラン:1GB」
1,880円
「無制限プラン」
2,980円
【世界周遊】
~1,980円
【香港・マカオ周遊4G/LTE】
「大容量500MB」
1,260円
「ギガ1GB」
1,880円

→まとめ表TOPに戻る

国内旅行で使えるポケットWiFiランキング

日本国内の短期出張一時帰国入院中などにネット環境が必要な場合は、「国内専用」レンタルポケットWiFiを検討しましょう。

国内WiFiを選ぶ時にはLTE回線のポケットWiFi・WiMAX回線のポケットWiFiどちらを選ぶかをポイントにしておくと良いでしょう。

なぜなら「LTEは建物内や障害物に強い速度はソコソコWiMAXは障害物には弱い速度は速い」という特徴があるからです。

屋外や開けた場所で使うならWiMAX、屋内やビルの多い場所で使うならLTEのほうが良いということになります。

詳しい説明を見たい人は過去の記事を参考にしてください↓

無制限ポケットWifiのWiMAXとLTEの違いとは?徹底比較2018年版!

↓のランキング内で601HW・501HWLTE回線のポケットWiFiW05・W04などはWiMAX回線(+auLTE回線)のポケットWiFです。

国内用レンタルWiFi業者 ランキング

  1位:WiFiレンタル
どっとこむ
2位:WiFiレンタルJAPAN 3位:どこでもネット
  レンタルポケットWiFi,WiFiレンタルどっとこむ レンタルポケットWiFi,WiFiレンタルJAPAN レンタルポケットWiFi,どこでもネット
1日当たりの
レンタル料金
最安!!
127円~1,500円/日
128円~240円/日 450円/日
利用できる
端末
・601HW
・501HW
・E5383 など
・601HW
・W05
・W04 など
・501HW
・GL06P
・305ZT など

→まとめ表TOPに戻る

 【2017】ポケットWifiの1か月レンタル料金が安い業者比較ランキング!

海外用ポケットWiFiの申し込み方法

海外用のポケットWiFiの借り方はどの業者もほぼ同じです。

一番手軽なのは自宅で受け取り、空港か近所のポストで返却する方法です。

申し込みはすべてインターネット(スマホ・PC)から5分程度の入力で完了します! (^^♪

レンタルポケットWiFiの利用手順

レンタルポケットWiFiの利用の大きな流れは、シンプルな4ステップ。

  1. レンタルポケットWiFiを申し込む
  2. 端末を受け取る
  3. 渡航先で利用する
  4. 端末を返済する

①レンタルポケットWiFiを申し込む

「Web申し込み」が可能です。
手続きでは、「渡航日程」「利用プラン」「受け取り・返却方法の選択」などを入力していきます。

渡航日前日の申込は危険なので、余裕をもって申込するようにしましょう。

②端末を受け取る

基本的な受け取り方法は「空港での受け取り」「宅配での受け取り」「現地での受け取り」の3種類です。

宅配での受け取りを希望する場合は、「出発日2日前/3日前」のように「申し込み期限」が設定されています。

③渡航先で利用する

端末を受け取れば、渡航先でWiFiを利用することができます。
メールやSNS、マップなども、ストレスなく使用することができます。

④端末を返済する

各ポケットWiFi会社は、成田空港や関空などの空港カウンターに「返却BOX」を用意しています。
この「返却BOX」を利用すれば、いつでも・楽に返却できるので、とても便利です。

受け取り方法が一番多いのは「グローバルWiFi」

上記ランキングで登場した3社のうち、最も多くの空港で「受け取り・返却」を受け付けているのが「グローバルWiFi」です。

  空港 空港での
受取手数料
空港での
返却手数料
グローバルWiFi 最多!!
・旭川空港 ・新千歳空港
・仙台空港 ・新潟空港
・羽田空港 ・成田国際空港
・小松空港 ・静岡空港
・中部国際空港 ・伊丹空港
・関西国際空港 ・福岡空港
・宮崎空港 ・鹿児島空港
・那覇空港
500円(税抜) 無料
イモトのWiFi ・千歳空港
・成田空港
・羽田空港
・中部国際空港
・関西国際空港
・福岡空港
500円/台
(税抜)
無料
Wi-Ho ・千歳空港
・成田空港
・羽田空港
・中部国際空港
・関西国際空港
・福岡空港
無料 無料

レンタルポケットWiFiのキャンペーンまとめ

ここまでご紹介したレンタルポケットWiFiで、現在行われているキャンペーンについてまとめていきます。

キャンペーン
グローバルWiFi 「早割」
【対象者】
WEB規定申込期間内に申し込みをした方
【キャンペーン内容】
WiFiルーター通信料金を特別価格にて提供
(例)アメリカ4G/LTE:1,170円/日→970円/日
イモトのWiFi 「クリスタルサマーキャンペーン」
(2018年8月31日まで)
【キャンペーン内容】
WEBから申込した方の中から、抽選で720名の方に「特製オリジナルグラス」が当たる
また、72名に「クリスタルガラス」が当たる

ポケットWiFiを使う時のコツと注意点

最後に、レンタルポケットWiFiを使用するときの「コツ」についてまとめていきます。

 公衆WiFi・無料WiFiが現地で使えるかを調べる

 速度を気にしないなら3G接続端末を選ぶ

 旧端末の見分け方

 公衆WiFi・無料WiFiの普及具合を調べる

渡航先のホテルやカフェに無料WiFiがあるか事前に調べておきましょう。

ホテルの場合、通常はホームページで無料WiFiを備えているか確認できます。

無料WiFiや公衆WiFiが充実していれば、データ量が少なめのレンタルポケットWiFiを選ぶことで、料金も抑えることができます。

 速度を気にしないなら3G接続端末を選ぶ

国内レンタルポケットWiFiなどでは、「3G接続端末」を提供しているケースがあります。

3Gは、LTEWiMAX回線に比べ通信スピードが遅いですが、レンタル料金が安いという違いがあります。
ただ、通信速度が遅いといっても、低画質の動画であれば、特に問題なく視聴することが可能です。

地図表示やLINEなどメールのやり取りだけで十分なのであれば、3Gでも十分でしょう。

 旧端末の見分け方

古い端末を見分ける方法は、端末の名前が「アルファベットから始まるかどうか」を確認することです。
ちなみに、「Softbank」「WiMAX」といったプロバイダ名やサービス名が付く場合は、該当しません。

「WiFiレンタルどっとこむ」で利用できる端末のうち、E5383」が旧端末に該当します。

まとめ

ここまで、レンタルポケットWiFiについて、詳しく解説してきました。

現時点ではau・docomo・SoftBankの海外ネットサービスを利用するよりも、レンタルポケットWiFiを利用したほうが格安だということになります。

端末がスマホとポケットWiFiの2つになるというディメリットを除いては、メリットしかないと言えるでしょう。

海外旅行、国内旅行でのネット環境について悩んでいる人は、一度公式ページを覗いてみてくださいね!

【海外用ポケットWiFi】

【国内用ポケットWiFi】

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

▼アクセス急上昇TOP5▼

【有名DJも認める!】
超高音質保証のiPhoneスピーカーTOP3
2015-10-14_121852 【メール通知が消えない!】
完全に消す6つの方法とは?
2015-10-14_122013 【メール通知が来ない!】
簡単に解決する3つの方法を各キャリアで解説
2015-10-14_122013 【第2世代最新情報!】
Apple Watch2の発売日と新機能7連発が凄い!
2015-10-14_122013 【Apple社員が教える!】
iOSアップデート不具合バグの4つの解決法とは?

▼注目記事ベスト10▼

iPhone6s手帳型ブランドケース
おしゃれな人気ランキングTOP3!
2015-10-14_121852 iPhoneアプリがインストールできない!
iOS99つの不具合解決法とは?
2015-10-14_122013 新型iPhone6c最新情報!
2016年1月発売説は嘘だった?!
iPhone画面割れの修理値段
Softbank/au/docomoまとめ
2015-10-14_122013 iPhone/iPad編!
パスワードを忘れた時の初期化方法と対策法
2016年最新版!
LINEツムツムのコインチート方法
新型Macbook Proの発売日はいつ?
新機能ベスト5とは
女子に流行中!
おしゃれなiPhoneケースショップTOP4
2015-10-14_122013 iPad mini4編!
人気のキーボードTOP5
2015-10-14_122013 元Apple社員に学ぶ!iPad mini4の使い方マニュアル本

▼人気記事ペスト10▼

Softbank/au/docomo編
iPhoneメール通知を消す6つの方法
2015-10-14_121852 Softbank/au/docomo
iPhoneメール通知が来ない時に試す3つの解決法
2015-10-14_122013 水深5m完全防水!?
iPhone6の最強ケースが凄すぎる
LINE既読を付けずにトーク履歴削除!
相手にどう表示されるの?
2015-10-14_122013 iPhone6s編
おしゃれな手帳型ブランドケースTOP3!
iPhone上でウイルス感染を検出!
スキャンしろって本当なの?
iPhone6s/Plus編
ディズニー手帳型&クリアケースTOP5!
新型Macbook Air2016
発売と発表日はいつ?
腹筋崩壊!
iPhone Siriの面白い質問&会話21連発
iPhoneイヤホンジャックが故障!音が聞こえない原因と7つの対処法

▼【最新】iPhone不具合情報▼

え、なんで!?
iPhone6/5のタッチパネルが反応しない不具合について
2015-10-14_121852 アップデートはちょっと待った!
iOS9の不具合まとめと解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhoneが充電できない!
iOS9不具合による解決方法とは
iPhoneホームボタンが故障!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 意外と知らない!
iOSバグを解決する4つの方法とは
Appleスタッフに学ぶ!
カメラアプリが動かない時の4つの復元方法
iPhone画面が急に拡大?!
不具合の原因と5つの解決方法とは
iPhoneスイッチが故障!
サイレントマナーモードにできない時の対処方法
2015-10-14_122013 iPhoneタッチパネルが反応しない!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhone/iPodTouchタッチパネルの反応がズレる原因と解決方法とは

▼【最新】LINE不具合情報▼

2015-10-14_121852 LINEをインストールできない、開かない
理由と解決方法は超簡単だった!?
2015-10-14_122013 LINEを最新版にアップデートできない!
不具合の原因と解決方法
元LINE社員に学ぶ!
ツムツム不具合時に試す5つの対処方法
2015-10-14_122013 恐怖のiOSアップデート
LINEが開かない、消える不具合発生!
LINEスタンプに異変!
開かずに見れない3つの原因と対処方法
絵文字がダウンロードできない!
解決方法は意外と簡単だった件
なぜか友達追加できない?!
理由と5つの解決方法とは
2015-10-14_122013 MVNOのLINE年齢制限がウザい!認証を突破する方法とは?

話題のiPhoneケース特集


話題のiPadケース特集


話題のMacbookカバー特集


コメントを残す