Macbook Pro 2011のSSD交換方法と価格や相性について。

この記事は約 4 分で読むことができます。

今のMacBook Proの2011モデルを快適に使いたい!そんな方にオススメのSSD交換方法と価格や相性についてご紹介します。

macbook 2011

 

 この記事と一緒によく読まれる記事 

 

▶︎MacBook Pro Retina/Airの外付けハードディスク(hdd)おすすめ2016年!

SSDはHDに代わるメモリとして最近のモデルではほとんどのPCでSSDが搭載されるようになっています。

SSDのメリットとしては、処理速度が速いこと、処理が静かで発熱が少ないことなどがあり、HD搭載モデルのMacBookユーザの中にもHDからSSDに交換する人が多いのはそのためです。

メモリのスピードや容量はもちろん最新モデルに買い替えることでも解決できますが、今持っているMacBookのメモリをSSDに換装して長く使いたいという人もいると思います。

今回はそんな人のために耳より情報を集めてみました。

Sponsored Links


SSDのメリットまとめ

ssd

SSDはフラッシュメモリというチップに電気信号を送ることによって情報をインプットする仕組みで、磁気とディスクの回転によって機能するHDと比較すると圧倒的に情報を処理する速度が早いのが特徴です。

重量もHDの1/3ほどなのでSDDに換装することでデバイスそのものを軽くすることできます。

また、HD特有の〝カリカリ〟音がなく静かな動作で、暖房並み(!)の発熱もなくクールに動作するのがSSDのメリットといえるでしょう。

HDで必須となるディスクの回転がSSDでは必要なくなるため、それによって消費電力を抑えることができます。

SSD交換はどこでできる?

SSDへの交換は基本的にAppleStoreの公式な修理サービスとしては行っていないため、方法としてはApple以外の修理サービスに依頼するか、自力で行う、またはSSDを購入し交換作業だけを業者に依頼するという3通りの方法があります。

Apple以外の修理サービスとしては次のようなサービスがあり、料金は次のようになっています。

PCエキスパート:26,000円~(SSD部品料金込み)
Dr.Home Net:17,000円~(SSD部品料金別途)

上記のサービスは少し割高ですが自分で部品を調達する手間がなく、即日で交換をしてくれるため手間なくSDDに交換したいという人にオススメです。

2011MacBookと相性のいいSSDは?

女性2

Appleデバイス全般の修理やメモリ交換をとりあつかっているkibakanではMacBook2011年earlyモデル、lateモデルのHDDから換装することのできるSSDとして以下のSSDを推奨しています。

・Transcend:9,600円
DDR3 SO-DIMM 1333MHz 8GB Transcend製 [204-1333-8192-TR]
・Transcend:5,524円
DDR3 SO-DIMM 1333MHz 4GB Transcend製 [204-1333-4096-TR]

こちらで推奨しているSSDはMacBookでの動作確認を行い問題のないものだけを推奨しているため、安心ですね。

2011年のMacBookで標準搭載されているメモリ容量としては4GBですが、上記のSDDへ換装することで最大16GBまでメモリを増やすことができます。

また、AkibakanでSDDを持ち込み、交換だけをしてもらう場合は4,320円で行うことができます。

コストも全体的にやすく、魅力的ですね。

引用:akibakan

自力で交換する場合

専門の修理業者に依頼すれば5000円程度から付け替えをしてもらうことができますが、コストを抑えるためにSSDメモリだけを購入し、自分で換装作業をするひとも結構いるようです。

ウェブで紹介されている一般的な交換方法が次の方法です。

材料/工具

・精密ドライバーその1
・精密ドライバーその2

・SSD(容量などはお好みで選択)

交換手順

①TimeMachineにバックアップをとり、電源をOFFにする。
②MacBookを裏返し、10カ所のビスを精密ドライバーで取り外す。
③HDDを固定しているパーツ(2カ所のビスと固定パーツ)を取り外す。
④HDDを持ち上げ、本体につないでいるコネクタから外す。
⑤取り外したHDDの側面に付いている4つのビスと透明のタブをSSDに付け替える。
⑥本体コネクタをSSDにつなぎ、手前のビスから本体に装着する。
⑦裏蓋を閉じ、固定用ビスを取り付けて完成。

引用サイトはコチラ

SSD交換する場合の注意

案内・女性

SSDの交換はMacBookを分解しての作業となるため、自分で行う場合は細心の注意を払って作業を行う必要があります。(作業に自信がない場合は専門業者に依頼するのがオススメです。)

また、SSD換装後は〝改造モデル〟と認識されAppleStoreでの公式の修理が一部受けられなくなる可能性があります。

まとめ

HDDをSSDに換装すればお気に入りのモデルを長く使うことができてコスパもよく魅力的ですね。

SSD部品単体としては1万未満からあり、交換費用も2万ほどですので、MacBookを買い替えるよりもずっと安いコストでPCの能力をアップすることができます。

マシン本体に問題はなくても処理速度やメモリ不足で買い替えを考えているひとはSSDの交換を検討してみる余地アリでしょう。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎▶︎MacBook Pro Retina/Airの外付けハードディスク(hdd)おすすめ2016年!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す