Broad WiMAXの解約方法!解約金を無料にするサポートもご紹介

Broad WiMAXの契約を解除したいけれど違約金はどうなる!?公式ページからは見つけにくい解約手続きですが、方法さえわかれば面倒なことはありません。今回は更新月以外で違約金を無料にする方法や、解約時の注意点も紹介していきます!

Broad WiMAXの解約は面倒?

GMOとくとくBB WiMAX2+

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の解約は、どのような流れで行われるのでしょうか。
また、Broad WiMAXの解約をする際に、注意しておきたい点や、解約にかかる違約金について、詳しく解説していきます

もし、現在Broad WiMAXのポケットWiFiを利用していて、「解約を希望しているけれどやり方が分からない」という方は、参考にしてみてください。

ちなみに、Broad WiMAXの解約方法は非常にシンプルで、「退会のため証明書の用意が必要」といった面倒なことはありません。
なぜなら、サポートセンターに電話を一本入れるだけだからです。

 Broad WiMAXを解約する流れ

①Broad サポートセンターの「解約専用ダイヤル(050-5212-7322)」に連絡を入れる

②担当オペレーターに、解約を希望していることを伝える

③お客様情報の確認が完了後、解約のための処理手続きが行われる

Broad WiMAXの違約金はどれくらい?

ポケットWiFiでは、解約をすると違約金を支払わなければいけません。
Broad WiMAXの解約違約金(契約解除料)は、現在契約中の「契約プラン」と、利用している「期間」によって金額が変動するので、ここで確認しておきましょう。

2年契約プラン・一年一括プラン
契約期間解約違約金
【契約開始月】
0~12ヶ月目
19,000円(税抜)
13~24ヶ月目14,000円(税抜)
【更新月】
25ヶ月目
0円
26~48ヶ月目9,500円(税抜)
【更新月】
49ヶ月目
0円
50~72ヶ月目9,500円(税抜)
3年契約プラン・一年一括プラン(3年)
契約期間解約違約金
【契約開始月】
0~12ヶ月目
19,000円(税抜)
13~24ヶ月目14,000円(税抜)
25~36ヶ月目9,500円(税抜)
【更新月】
37ヶ月目
0円
38~72ヶ月目9,500円(税抜)
【更新月】
73ヶ月目
0円

上記の表を見て分かるように、契約更新月に解約をすれば、解約違約金を払う必要はありません
ただし、契約更新月以外の月に解約をすると、高額な違約金を支払わなければいけないので、解約する際には十分注意しましょう。

もし、更新月ではないのに、端末トラブルなどが原因で解約を検討している方は、解約する前に「安心サポートプラス」「My Broadサポート」などのオプションサービスの利用を考えてみましょう。
問題を解決させることができるかもしれません。

Broad WiMAXの違約金を無料にする方法

実は、Broad WiMAXの解約にかかる解約違約金を「無料」にする方法がいくつか存在するので、ここでまとめていきます。

違約金を無料にする方法を知っていれば、お得に解約手続きができるので、ご自身が利用できる方法がないか確認してみてください。

解約違約金を無料にする方法

 「初期契約解除」を使う

 更新月に解約する

 「いつでも解約サポート」を使う

 キャッシュバックのあるプロバイダに乗り換える

 「初期契約解除」を使う

Broad WiMAXでは、「初期契約解除」というサービスを提供しています。

初期契約解除を使う

出典:Broad WiMAX

多くの人が、ポケットWiFiを契約する前に、自分の住む地域やWiFiの利用が多い地域が、しっかり電波がつながる場所であるかを確認します。
ポケットWiFiの利用可能エリアは、Broad WiMAXのwebページから確認することが可能です。

>>エリアを確認する!

しかし、利用可能エリアに入っているからといって、必ず電波がつながるというわけではありません
建物の構造によっては、利用可能エリアでも「圏外」となってしまい、ポケットWiFiが利用できなかったということも起こりえます。

電波がどうしても通らなければ、解約するしかありません。
このようなケースで、Broad WiMAXの「初期契約解除」を利用すると、とてもお得です。

初期契約解除の内容と申請方法

初期契約解除は、Broad WiMAXの「モバイルWiFiルーター端末」が自宅に届いてから「8日以内」に申請すれば、解約金を無料にすることができます。

申請方法

①Broadサポートセンターへ電話をする
電話番号:050-5212-7322
営業時間:月~土 11:00~18:00

②申請書を記入・送付
「送付先」
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F (株)LinkLife

「記入必要事項」
契約ID/契約者名/契約者電話番号/契約者住所

(Broad WiMAXのホームページから申請書をダウンロードする必要があります)

申請期限専用端末が自宅に到着後、「8日以内」「電話」または「申請書の送付」をする必要があります。
端末返却期限初期契約解除申請日から「7日以内」

「返却先」
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F (株)LinkLife

請求金額・事務手数料
機器損害金「20,000円(税抜)」
上記の端末返却期限内に端末を返却しなかった場合、機器損害金を支払う必要があります。

 更新月に解約する

最も一般的な解約違約金を無料にする方法は、「契約更新月に解約をする」ことです。
ただし、契約月のカウント方法には注意が必要です。

Broad WiMAXでは、利用開始月「0ヶ月目」とカウントされます。
例えば、「8月」にポケットWiFiの利用をスタートした場合、「11月」は2ヶ月目に当たります。
ちなみに、「0ヶ月目」の料金は、「2,726円」の日割り料金となります。

また、システムの都合上、解約受付は毎月「25日」までとなっている点にも注意が必要です。
26日以降の解約申請は、翌月扱いになってしまいます。

つまり、「更新月の25日」を過ぎた段階で解約申請をした場合、更新月の翌月に申請したことになってしまうため、解約違約金が発生してしまいます

更新月に解約をしようと考えている場合は、25日になる前に解約申請するようにしましょう。

 「いつでも解約サポート」を使う

Broad WiMAXには、「いつでも解約サポート」というサービスがあります。

出典:Broad WiMAX

 「いつでも解約サポート」とは?

Broad WiMAXの通信速度やサービスに不満を感じ、解約を希望する契約者に対して、解約違約金の負担なしで、Broad WiMAXの運営会社である「リンクライフ」が紹介する下記のインターネット回線へ乗り換えできるサービスがのことです。

出典:Broad WiMAX

Broad WiMAXの窓口経由で、他のインターネット回線へ乗り換えした場合は、解約違約金が0円になります。
この「いつでも解約サポート」は、Broad WiMAXのユーザーであれば誰でも・いつでも利用することができます。詳しくは以下の動画でも紹介されています!

 

乗り換え可能なインターネット回線

「ソフトバンク光」「auひかり」「so-net光」「YAHOO!BB」 など

 キャッシュバックのあるプロバイダに乗り換える

関連する記事

コメントを残す