速度制限無しの無制限ポケットWifiの速度比較ランキング2018

この記事は約 19 分で読むことができます。

ポケットwifiを使うならデータ上限のないプラン(無制限)がいい!と思っている人は多いです。とはいっても、速度制限無しをうたっている業者はピンキリ。今回は人気のポケットwifiを徹底比較。おすすめの理由ベストなプロバイダをまとめました!

無制限ポケットWifiおすすめ人気ランキングはこちら

BroadWiMAX,ポケットwifi,通信速度

ポケットWiFiの常識から通信速度を見る

現在は、「格安SIM×スマホ×ポケットWiFi」という組み合わせで、より安く高速データ通信を行おうとする方が増えてきています。
問題は、魅力的なサービスを提供するポケットWiFiが数多く存在するため、どこが安いプロバイダか分かりにくいこと。

今回の記事では、ポケットWiFi選びで必須の基礎知識をまとめた上で、自分に合うプロバイダをチョイスできるようにしています。

通信制限ナシ安く!ネットを使いたいという人は是非参考にしてみてくださいね!

ポケットWiFi選びに必須の常識

 ポケットWiFiの回線には、WiMAXとLTEがある

 データ無制限ならWiMAXが安い

 WiMAXの契約は代理店経由が断然安い

 WiMAXならポケットWiFi端末が無料

※注:「ポケットWiFi」とは、「Y!mobile」(ワイモバイル)が提供するモバイルWiFiルーターの商標のことです。

つまり、すべてのモバイルWiFiルーターのことを「ポケットWiFi」と表現することは、厳密には誤りになります。

ただ、記事を読んでいる方の混乱を避けるため、当記事内では、すべてのモバイルWiFiルーターを「ポケットWiFi」と表現させていただきます。

 ポケットWiFiの回線には、WiMAXとLTEがある

ポケットWiFiで使用される回線には、「WiMAX回線」「LTE回線」の2種類があります。
WiMAX回線はもともと「データ通信用」回線で、LTE回線は「通話用回線」として作られたものです。

au・docomo・Softbankの大手通信キャリアが提供するポケットWiFiは、通信会社独自の「LTE回線」を利用しています。
一方、「○○WiMAX」という名前の「WiMAXプロバイダ」が提供するポケットWiFiは、「WiMAX回線」を利用しています。

WiMAX回線は「UQコミュニケーションズ」が提供しており、各WiMAXプロバイダは、UQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りて、ポケットWiFiサービスを展開しています。

ちなみに、UQコミュニケーションズはKDDIの子会社であるため、「auのポケットWiFi」と「WiMAXプロバイダのポケットWiFi」は、「WiMAX回線」と「auのLTE回線」両方を利用することができるという特徴があります。
SoftbankとdocomoのポケットWiFiは、自社のLTE回線のみです。

LTEとWiMAX回線の違いについてもっと詳しく知りたい人は↓の記事を参考にしてくださいね!

 無制限ポケットWifiのWiMAXとLTEの違いとは?徹底比較2018年版!

 WiMAXの契約は代理店経由が断然安い

検索してみると分かると思いますが、WiMAXの代理店は非常にたくさんあります。

競争相手が多いことから、WiMAXプロバイダは、顧客獲得のための「価格競争」が非常に激しく行われています。
そのため、競争の少ない大手通信キャリアと比較して、WiMAXプロバイダのポケットWiFiは、価格が安く設定されています

各プロバイダ比較
 月間データ通信量の上限月額料金
au
「WiMAX2+ フラット for DATA EX」
無制限4,380円/月
docomo
「ウルトラデータLLパック」
30GB9,400円/月
Softbank
「4G・LTEデータし放題フラット」
7GB5,196円/月
Broad WiMAX
「ギガ放題プラン」
無制限【1~2カ月目】
2,726円
【3~24カ月目】
3,411円
【25カ月目~】
4,011円
カシモWiMAX
「ギガ放題プラン」
無制限【1~2カ月目】
1,380円
【3~24カ月目】
3,380円
【25カ月目~】
4,079円

上記の表は、大手通信キャリアのau・docomo・SoftbankのポケットWiFiと、WiMAXプロバイダの「Broad WiMAX」「カシモWiMAX」それぞれの、「一番データ通信量が多いプラン」を比較した表です。

見て分かるように、WiMAXプロバイダは、月間データ通信量が無制限にもかかわらず、大手通信キャリアのポケットWiFiよりも月額料金が安く設定されています。

WiMAXプロバイダのほうが、コストパフォーマンスが高いことが分かります。

 ソフトバンク無制限ポケットWifiのワイモバイル口コミ評判とは?

 WiMAXならポケットWiFi端末が無料

WiMAXプロバイダでポケットWiFiを契約すると、格安の月額料金で、「WiMAX回線」も「LTE回線」も両方利用できる端末を使うことができます。

また、WiMAXプロバイダは、専用端末の料金を無料にするキャンペーンを行っています。

大手通信キャリアの場合、月額料金とは別に、端末代金がかかってしまうので注意です。

 データ無制限ならWiMAXが安い

WiMAXプロバイダでは、どこでも「ギガ放題プラン」が用意されています。
ギガ放題プランとは、月間の使用データ量が「無制限」の料金プランのことです。

ギガ放題プランは、大手通信キャリアの「一番データ量が多いプラン」よりも値段が安いため、データ上限を気にせずインターネットを利用したい方に、非常におすすめです。

選ぶならLTE系?WiMAX系?違いで選ぶ!

上記で、ポケットWiFiで利用されている回線には、「WiMAX回線」「LTE回線」の二つがあると解説しました。
それでは、実際に選ぶならどちらが良いのでしょうか。

WiMAX回線とLTE回線の通信速度

WiMAX回線は、もともと「データ通信用回線」を目的として作られたため、光回線やLTE回線よりも、データ通信の通信速度が速いという特徴があります。
一方で、利用するエリアによっては、通信状態が不安定になる場合があります。

LTE回線は、「通話用回線」を目的に作られたので、通信状態がいつも安定しているという特徴があります。
その代わり、データ通信の速度はWiMAX回線と比べて遅い傾向にあります。

回線特徴
LTE回線・通信速度は中速
・使用場所に影響を受けにくい
WiMAX回線・通信速度が速い
・室内や地下だと通信が弱くなりがち
WiMAX回線とLTE回線の下り最高速度(理論値)
WiMAX回線最高220Mbps
LTE回線最高150Mbps

上記の通信スピードの最高速度や、各モバイルWiFiルーター端末の最高速度などは、複数の回線を束ねて利用した場合の最大速度であり、実際に測定すると、このスピードが出るわけではありません。

ポケットWiFiの通信速度は、使用するエリア条件によって変化があるため、実測値と理論値は異なります

ちなみに、ポケットWiFiを契約する前に、自分の住んでいるエリアで、電波がしっかり繋がるかどうかを確認してから、契約することをおすすめします。(→WiMAX公式エリア判定へ)
利用可能エリアは、各プロバイダのホームページから確認することができます。

ただし、自分の住む地域が利用可能エリアに入っていても、建物の構造が、通信速度が遅い原因になったり、電波が繋がらない原因になることがあります。
そのような場合に備えて、指定期間内であれば、解約違約金が0円になるサービスを提供している「Broad WiMAX」がおすすめです。

 無制限ポケットWifiのWiMAXとLTEの違いとは?徹底比較2018年版!

WiMAX回線とLTE回線の使用可能エリア

ポケットWiFi,WiMAXエリアマップ

【WiMAXのエリアマップ】

ポケットWiFi,LTEエリアマップ

【LTEのエリアマップ】

WiMAXプロバイダのポケットWiFiを利用すれば、WiMAX回線とau LTE回線の両方を使うことができるので、非常におすすめです。

WiMAXならLTE+WiMAXが使えて最強!

ここで、「WiMAX回線+LTE回線」を利用するプロバイダと、「LTE回線のみ」を利用するプロバイダを表にまとめていきます。

WiMAX回線+LTE回線

・au
Broad WiMAX
GMOとくとくBB
3WiMAX
カシモWiMAX
DTI WiMAX
UQ WiMAX
BIGLOBE
so-net
・nifty など

LTE回線・Y!mobile(ワイモバイル)
・docomo
・Softbank
・NEXT mobile(Softbank LTE) など

 au/ソフトバンク/ドコモポケットWifで月額料金と機能の違いを比較!

通信速度の速いポケットWiFi端末はどれ?

ここからは、各ポケットWiFiプロバイダで利用できる専用端末について、それぞれの基本スペックを確認していきます。
今回は、au・Softbank・docomoのポケットWiFiと、最安価格を叩き出している「Broad WiMAX」「カシモWiMAX」モバイルWiFiルーター端末を比較していきます。

ちなみに、それぞれの端末の「最高通信速度」として紹介されているスピードは、あくまでも「理論値」としての最高スピードのことであり、「実測値」ではない点に注意が必要です。

おススメのモバイルWiFiルーターの機種は、WiMAXプロバイダで提供されているものです。
WiMAXプロバイダの機種であれば、端末代無料WiMAX回線とLTE回線の両方が使えます。

 

端末名端末画像利用できるプロバイダ
W05ポケットWiFi,W05最新×最速!!
Broad WiMAX
カシモWiMAX
GMOとくとくBB
・au etc…
W04ポケットWiFi,W04・カシモWiMAX
・au 
WX04ポケットWiFi,WX04・Broad WiMAX
U01ポケットWiFi,U01au「法人・ビジネス向け」
N-01ポケットWiFi,N-01docomo
601HWポケットWiFi,601HWSoftbank
スペック表【利用できる回線】
最高速度
(下り最大/上り最大)
連続通信時間サイズ
重量
W05【WiMAX2+】
558Mbps/30Mbps
【au 4G・LTE】
758Mbps/112.5Mbps
約540分約130×55×12.6mm
約131g
W04【WiMAX2+】
558Mbps/30Mbps
【au 4G・LTE】
758Mbps/37.5Mbps
約540分約130×53×14.2mm
約140g
WX04【WiMAX2+/au 4G・LTE】
440Mbps/30Mbps
約700分約111×62×13.3mm
約128g
U01【WiMAX2+】
220Mbps/10Mbps
約32×94×13.5mm
約38g
N-01【docomo LTE】
200Mbps/50Mbps
【docomo 4G】
788Mbps/50Mbps
約840分約62×98×13.6mm
約110g
601HW【Softbank 4G・LTE】
350Mbps/37.5Mbps
【Softbank 4G】
612Mbps/13Mbps
約510分約109.9×65.1×15.5mm
約135g

それぞれのモバイルWiFiルーター端末には、以下のような特徴があるので、確認しておきましょう。

 特徴
W05現時点で最新×最速×最軽量の端末。使いやすさもアップし、電池もちもGood!! 公式サイトでチェックする
W04「ハイパフォーマンス」「ノーマル」「バッテリーセーブ」の3つのモードを選択することができる
WX04大容量バッテリーを搭載しており、切り忘れ防止機能もあることから、動作時間がアップしている
U01USBスティックタイプのポケットWiFiで、パソコンに直接接続して利用する
N-01本体をクレードルにセットすることで、ホームルーターとしても利用できる
601HW電源を入れて約5秒で高速起動するため、すぐにWiFiの使用を開始できる

最安のポケットWiFi選び~使うまでの手順

ポケットWiFiの利用を検討しているとき、自分に適したポケットWiFiを選び、それを利用するまでの手順は以下の通りになっています。

 ポケットWiFi選び~利用するまでの手順

①料金やメリットでプロバイダを一つ選ぶ

②スペックや特徴などから、自分に適した端末を選ぶ

③インターネットを利用して、申込をする(10分程度)

④端末の初期設定をする(10分程度)

①プロバイダを選ぶ

まずは、料金やキャンペーンなどのサービスを比較検討して、自分に適したポケットWiFiプロバイダを探しましょう。
利用するプロバイダを選ぶ際に重量なポイントは、「月間データ通信量はどのくらいか」「自分の住む地域は電波が繋がっているか」「付加サービスにはどのようなものがあるか」という点を確認するようにしましょう。

UQ WiMAXBroad WiMAXGMOとくとくBB には「8~14日間の無料お試しの期間」があるので、1度申し込みをしてから無料期間で判断するのもオススメ。

月間データ通信量

そのプロバイダで用意されているプランの「月間データ通信量上限」をしっかり確認しましょう。

SoftbankdocomoのポケットWiFiでは、「一番データ通信量が多いプラン」でも、月に使えるデータ使用料に「7GB」「30GB」のように「上限」が設定されています
特に、SoftbankポケットWiFiには「データし放題」という名前がつくプランが用意されていますが、実質は「上限7GB」となっているので、注意が必要です。

一方、「Broad WiMAX」「カシモWiMAX」などのWiMAXプロバイダでは、データ通信量が無制限プランである「ギガ放題プラン」が用意されています。

ギガ放題プランを選べば、月間のデータ通信量上限を気にすることなくインターネットを利用することができます。

利用可能エリア

各プロバイダのホームページから、ポケットWiFiの利用可能エリアを確認することができます。(コチラで確認

ポケットWiFiを利用しようと考えている場所で、しっかり電波が繋がるのか、事前に確認しておくことが大切です。

付加サービス

各WiMAXプロバイダは、様々な「付加サービス」を提供しています。

「解約違約金0円サービス」「端末代全額無料サービス」「乗り換え時にかかる費用を負担するサービス」「キャッシュバックキャンペーン」など、各社魅力的なサービスを提供しているので、ご自身の状況に適したサービスがあるかを確認することも、プロバイダ選びに重要なポイントです。

②端末を選ぶ

プロバイダを決めると同時に、利用したいモバイルWiFiルーター端末を決めておきましょう。

端末比較の部分で解説している通り、各プロバイダごとに、利用できるモバイルWiFiルーター端末が異なります。

現在、通信スピードが速くWiMAX回線・LTE回線の両方を使用できるのが、最新端末の「W05」です。
W05を利用できるのは、「Broad WiMAX」「カシモWiMAX」「au」であり、Softbankとdocomoではつかうことができません。

→端末のスペックをもう一度見る

③インターネットで申し込む

利用するプロバイダと端末を決めたら、インターネットから申し込み手続きを行いましょう。
インターネット申込であれば、10分程度で手続きが完了するので、非常に便利です。

Broad WiMAXでは、インターネットから申込することで、「初期費用18,857円」が無料になるサービスが用意されているので、インターネットから手続きすることをおすすめします。

また、申込内容に不備がなければ、最短で当日中に端末が郵送されてくるので、すぐにインターネットを利用することもできます。

④端末の初期設定

契約が完了し、端末が自宅に届いたら、端末の初期設定をしましょう。

初期設定の流れは、一般的に以下のようになっています。

①初期設定をするために、最初に端末の電源をONにしましょう。

②パソコンやスマートフォンなど、ポケットWiFiと接続したい機器「無線LAN設定」を開き、「アクセスポイント」を検索しましょう。

「SSID」の選択「KEY」の入力が求められるので、入力しましょう。

 「SSID」と「KEY」とは?

「SSID」とは、アクセスポイントの名前のことです。
「NAD」、「HWD」または「Aterm」、「Uroad」といった名称から始まる「12桁」の文字列が一般的です。

「KEY」とは、SSIDごとに用意されている、「暗号キー・パスワード」のことです。

「SSID」・「KEY」ともに、ポケットWiFiの裏側などに記載されているので、確認して入力しましょう。

この作業をすれば、端末の初期設定は完了です。
およそ10分ほどで、ポケットWiFi経由でインターネットを楽しむことができます。

人気上昇中・オススメのポケットWiFiプロバイダ

最後に、ここまで説明してきた内容をもとに、おすすめのポケットWiFiプロバイダを、ランキング形式でご紹介します。

「ポケットWiFiを契約したいけれど、どのプロバイダを選べばいいのか分からない」という方は、ぜひこのランキングと、各プロバイダの「おすすめポイント・特徴」などを参考にしてみてください。

POINT!
  1. 他社乗り換えの際に、解約違約金負担サービスあり!
  2. 月額料金「2,726円~」利用できる!
  3. 「Web申込+オプション初回加入」で「初期費用18,857円割引」&「端末代金無料」!
Broad WiMAXの特徴

Broad WiMAXは、月間データ容量が無制限のプランである「ギガ放題プラン」を2,726円~利用することができます。

Broad WiMAX最大の特徴は、付加サービスの豊富さです。
すでに他社のポケットWiFiを利用している人が、コストパフォーマンスを上げるために、Broad WiMAXに乗り換えすると、乗り換え時にかかる「解約金」などの費用を、最大19,000円分まで負担してくれるサービスを用意しています。

さらに、「実際にポケットWiFiを使用し始めたら、圏外だった」などを理由に解約を検討する際に、端末到着後「8日以内」であれば、無料で解約できるサービスもあるので、安心です。

インターネットで申し込みをすれば、「初期費用18,857円」が割引され、端末代金が無料になるキャンペーンも行っているため、非常にお得にポケットWiFiを始めることができます。

こんな方にオススメ!

すでに他社のポケットWiFiを利用していて、より良いポケットWiFiへ乗り換えを検討している方にオススメです。
また、最新機種の「W05」を、お得な月額料金で利用したい方にもオススメできます。 

POINT!
  1. 「端末代金無料」&「月額料金割引」で「総額最大55,176円」もお得!
  2. 月額料金は業界最安値の「1,380円~」!
  3. 下り最大速度758Mbpsの端末「W05」を利用可能!
カシモWiMAXの特徴

カシモWiMAX最大の特徴は、「月額料金の安さ」です。
無制限プランの「ギガ放題プラン」でも、契約から2カ月目までは「1,380円」、その後2年間は「3,380円」で利用できるので、業界最安値の料金設定になっています。

また、端末代金「20,000円相当」が無料になるキャンペーンも行っています。

モバイルWiFiルーター端末は、「W05」「W04」が用意されており、通信スピードが速い機種を利用することができるので、スムーズなインターネット利用が可能です。

こんな方にオススメ!

カシモWiMAXは、とにかく月額料金が安いポケットWiFiを利用したい方にオススメのプロバイダです。
使い始めは、たった1,380円で、月間データ使用量を気にすることなくインターネットを利用することが可能です。 

POINT!
  1. 最大39,450円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
  2. 申込後20日以内であれば、解約違約金0円!
  3. 「端末代金」「専用クレードル」「送料」がすべて無料!
GMOとくとくBBの特徴

GMOとくとくBBでは、最大「39,450円」のキャッシュバック特典が用意されています。
キャッシュバック内容は、利用する端末や契約プランによって異なるので、確認しておきましょう。

「利用端末」W05 最新×最速
プラン名キャッシュバック料金
2年31,200円
2年(クレードルセット)28,200円
LTEオプション無料プラン(3年)39,450円
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット)36,150円
「利用端末」WX04
プラン名キャッシュバック料金
2年
2年(クレードルセット)
LTEオプション無料プラン(3年)39,450円
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット)36,150円
「利用端末」W05 
プラン名キャッシュバック料金
2年32,050円
2年(クレードルセット)29,050円
LTEオプション無料プラン(3年)32,050円
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット)29,050円

また、GMOとくとくBBなら、契約から20日以内であれば「解約金無料」で解約できるサービスが提供されています。

さらに、初期費用がお得で、端末代金が無料で、ポケットWiFiを利用することができます。

こんな方にオススメ!

GMOとくとくBBは、キャッシュバック特典が非常に魅力的なので、お得にWiMAXプロバイダを利用したい方にオススメです。
また、契約から20日以内であれば、違約金無しで契約解除ができるので、なるべくリスクを小さくしてポケットWiFiを契約したい方にもおススメできます。

 【最新】月額料金が1番安いおすすめポケットWifi比較ランキング!

1位のプロバイダにもどる

まとめ

今回は、ポケットWiFiの基礎知識・WiMAX回線とLTE回線の比較・モバイルWiFiルーター端末のスペック比較などをしてきました。

各プロバイダの比較などを通して、ポケットWiFiを利用するなら「WiMAXプロバイダ」を選んだほうが、コストパフォーマンスが良いことがお分かり頂けたと思います。

また、最もパフォーマンスが高い、最新端末の「W05」を利用できるというポイントも、「Broad WiMAX」「カシモWiMAX」などのWiMAXプロバイダをおすすめする理由です。

ぜひ、今回の記事を参考にして、自分に適したポケットWiFiを選ぶようにしてください。

ちなみに、ポケットWiFiはレンタルして使うことも可能です。
海外旅行や国内の短期出張など、期間限定でポケットWiFiを利用したい方は、レンタルポケットWiFiを検討してみましょう。

以下が、レンタルポケットWiFiについての記事になります。
参考にしてみてください。

 無制限ポケットwifi(WiMAX)のレンタル月額料金比較と安いランキング!

 無制限ポケットWifi(WiMAX)を無料で15日間レンタルする裏技とは?

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す