iPhone

iPhoneのiOSアップデートによる不具合バグを解決する4つの方法とは?

2015年8月12日

ども、Apple Geekです!今回はiPhoneのiOSアップデートによる不具合バグを解決する4つの方法をご紹介します。

iphone bag

iPhoneの不具合で1番多い症状がiOSアップデートによる不具合バグです。

新しいiOSがリリースされたから最新にしようと思ってアップデートしたら、まさかの不具合バグ発生・・・!

なんて経験は1度くらいあるのではないでしょうか?

実は僕も最近iOSを8.4へアップデートしたんですが、以前に増して4Gネット接続が遅くなった感じです。

そこで今回は実際の経験をもとにiOSアップデートによる不具合バグの対処方法4つをご紹介していきます。

[the_ad id="12721"]

iOSアップデートによる不具合バグの事例

アップデートによる不具合バグの事例は、2015年だけでピックアップしてもこれだけあります。

  1. 一部キャリアでiPhone6の電波が圏外に
  2. 連絡先アプリからメールを送る時に送信ボタンがグレー表示で送信できない
  3. Safariが開かない
  4. 充電消耗がひどい
  5. GPSアクセサリから位置情報データが提供されない不具合
  6. Apple Watch Appを削除しても再インストールされる不具合

ちなみにこれはほんの一部です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したiOSバグ以外にもiPhoneに関する不具合の解決方法をまとめてみました。