パスワード入力してもiPhoneとwifiが繋がらない時の設定

iPhoneのWiFi設定でパスワードが合ってるのに「パスワードが違います(正しくありません)」と表示される時の原因と対処法。基本的な項目の確認で解決法がみつかることも。パスワードを忘れた場合・Windowsの場合の解決法も解説

「パスワードが違います(正しくありません)」と表示される時のチェック項目【スマホ編】

wifiのパスワードを入力したら、「パスワードが違います(正しくありません)」と表示されてwifiに繋げない!

そんな方は以下の項目を確認してみてください。

「パスワードが正しくありません」

大文字・小文字・間違いやすいアルファベットを確認

wifiに接続するときに必要なものは、

  • SSID(wifi回線の名前)
  • パスワード

の2つです。

よくある間違いとして、SSIDとパスワードを間違えて入力しているパターンです。

「設定」>「Wi-Fi」>ネットワークを選択の項目に表示されている文字列がSSIDです。

WiFi SSID ネットワーク接続

自分が接続したいwifi回線のSSIDを選択すると、パスワードを入力する画面が表示されます。

wifi パスワード 入力

パスワードはqと9、bと6、0とOなど数字とアルファベットをよく間違えるので注意しておきましょう。

違うWiFi(SSID)を選択していないか

iPhoneのwifi選択画面は、接続できるwifi回線のSSIDがズラーっと表示されます。

そのため名前が似ている回線も表示されています。

自分が接続したいwifiのSSIDかどうか、しっかり確認してからタップするようにしましょう。

一文字でも違えば、別のSSIDになります。

iPhone・iPadなどを再起動する

「パスワードもSSIDも間違っていないし、合ってるのにつながらない」

という場合もあります。

これはiPhoneのシステムに不具合が起きている証拠。

この場合、iPhoneを再起動することで解消することが多くあります。

ルータの再起動をする

iPhoneを再起動しても改善しない場合、wifiルーターの調子が悪いことが考えられます。

そういう場合は、ルーターを一回再起動してみるといいですよ。

再起動ボタンが搭載されているルーターの場合は、そこから再起動。

搭載されていないルーターは、電源を落とし15秒ほどしてから再度電源を入れます。

これまでの改善方法をやって改善しなかった場合は、ぜひお試しください。

ネットワーク設定をリセットする

iPhoneを再起動しても、ルーターを再起動してもなおiPhoneでwifiに接続できない場合は、iPhoneのネットワーク設定が変更されている可能性があります。

慣れないうちに適当にいじって変更してしまったのか、それともバグで変更されてしまったのか。

それは定かではありませんが、ネットワーク設定をリセットすれば初期設定に戻せます。

「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順にタップします。

ネットワーク設定をリセット

これにより使っていた Wi-Fi ネットワークとパスワード、モバイルデータ通信設定、VPN や APN の設定もリセットされます。

これで、wifi回線やそれに関わるシステムのリフレッシュを行います。

WiFiを手動で設定する

コメントを残す