【iPhone】海外でWi-Fiを利用しよう!設定方法を徹底解説

ども、Apple Geekです!今回iPhoneを海外利用する際にWifiのみへ設定する方法をご紹介します。

海外wifiのみ

海外旅行や海外出張から返ってきたら妙に高い携帯料金の請求がきた!っていう経験はありませんか?

ちなみに僕はあります。

「向こうで使わなければ良いんでしょ?」くらいに思っていたら、なんとWifiのみに設定をちゃんとしておかないと勝手に通信されるということを知りましたww

キャリアからの高額請求に泣かされなくて良いように、海外へ行く前にWifiのみの設定を必ずしておきましょう!

海外でiPhoneを使うにはどうすればいい?

先に結論からいうと、海外でもWi-FiさえあればiPhoneを十分に使うことができるということになります。SMSメールアプリを使う人は、海外にいる間だけLINE%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-20-36-44やPCメールを使うようにすればOK。その他のほとんどのアプリはWi-Fiで利用できます。

海外から電話をかけたい時はLINEなど通話機能のあるアプリを経由してWi-Fi環境でかければ無料になるので海外でも問題ありません。

海外へ行くと携帯料金が上がる原因とは?

なぜ海外へ行くと携帯料金が高額になるのでしょうか?

それは海外でキャリア回線を使用することで膨大なデータ通信量が発生するため。

距離が離れている分、パケット通信料が莫大な請求になるというわけですね。

これは通話とSMSも同じです。

海外渡航前にやるべきWifiのみの設定とは?

次の設定をやっておけば、電話が来ることもなく勝手にキャリア回線で通信が行われることもありません。

ちなみにSoftbank/au/docomoすべて共通です。

1.データローミングと4G/LTEをオフにする

データローミンをオフにすることでキャリア回線である3G/4G/LTEのモバイルデータ通信を遮断することができます。

4G/LTE対応端末であれば「4G/LTE」もオフにしておきましょう。

  1. ホーム画面「設定アイコン」をタップする
  2. 「モバイルデータ通信」をタップする
  3. 「4G/LTE」をオフにする
  4. 「データローミング」をオフにする

これでパケット通信はできないようになりました。

でもまだSMSや電話は利用できるので次の設定が必要です!

2.機内モードにする

機内モードにすることでSMSと電話を遮断していきます。

  1. ホーム画面「設定アイコン」をタップする
  2. 「機内モード」をオンにする

これで高額請求がくる原因はすべて遮断しました。

次はWifiを設定しましょう!

3.Wifiの設定をする

キャリア回線が遮断されていてもWifiを設定すればネット利用のみ行うことが可能になります。

  1. ホーム画面「設定アイコン」をタップする
  2. 「Wi-Fi」をタップする
  3. 「Wi-Fi」をオンにする
  4. 表示されたお手持ちのWifi回線をタップする
  5. IDとパスワードを入力する

 

Wifiのパスワードを忘れた場合や詳しい設定方法が分からない場合はこちらをご参考ください。

以上の設定でWifiのみにすることが完了しました!

海外対応のポケットWi-Fiをレンタルする

海外でWIfiを使用するには海外対応のWIfiをレンタル、もしくは現地で調達する必要があります。

ただ、短期間の出張や旅行であれば日本でレンタルしていくのがベストです。

ポケットWiFiのレンタルサービスは空港にあるので出発の直前に借りられて便利!

おすすめのポケットWi-Fiレンタルサービス!

ポケットWiFiの中でもオススメなのがこちら。

3_l

公式サイトはコチラ

値段の目安はこんな感じです。

 海外用ポケットWiFiの借り方

 WiFi設定方法

※SSIDはモバイルWiFiの個別コードです。

⇒【格安】海外旅行や出張におすすめのiPhone Wifiレンタル先TOP5!

海外へiPhoneを持っていく場合Wi-Fiのみでなんとかなるの?

海外でiPhoneを使うのに必要なアイテムをまとめるとこうなります!↓

 海外でiPhoneを使うための必須アイテム!

☆WiFi環境(ポケットWiFiがあれば最強)

☆Apple純正充電ケーブル+アダプタ

☆コンセントアダプタ(国別)

SMS利用やキャリアの電話番号からかけたい時は?

海外で現地のモバイル回線に接続すれば、『ローミング』扱いでSMSや電話をかけることも可能です。国やiPhoneのモデルによって多少の違いがありますが、一例としてイタリア国内からiPhone6sで日本にSMSメールを送る場合は1通100円、日本に電話を掛ける場合は1分200程度です。

auやdocomoでは海外滞在時用のパケット定額サービス(980円/日)なども用意されています。

海外は無料Wi-Fiスポットが多いって本当?

海外でも日本と同様無料のWiFiスポットがあります。WiFiが飛んでいるのが空港やホテル、スタバ公共施設などですね。ただ、無料WiFiは接続できても回線速度がおそすぎて読み込みが異常に重かったりハッキングを受ける可能性もあるため、得体の知れないWiFiにむやみに接続するのは危険。

一番ベストなのは日本からポケットWiFiを借りていく方法ですが、無料WiFiを使いたいけれどデータのハッキングが心配、という人は無料のVPNサービスを同時活用すれば安心。

★VPNってなんや?という人はコチラの記事で解説しています!↓

⇒中国のネット規制とオススメVPNサービス

通話やメールの送受信はどうなる?

関連する記事

コメントを残す