無制限ポケットWifiギガ放題WiMAX2+は速度制限がある?仕組みとは!

この記事は約 11 分で読むことができます。

無制限のポケットwifiでも速度制限がかかるって本当?WiMAX2+の3日で10GB制限はいつ解除される?速度が遅い理由・原因は?今回はデータ量確認でWiMAX速度制限を回避する方法や、速度制限にかかった時の対処法を紹介します。

無制限のWiMAX2+の速度制限は3日で10GB超えると実施

BroadWiMAX

WiMAXプロバイダのポケットWiFiは、

  • 月間データ量が7GB「通常プラン」
  • 月間データ量が無制限「ギガ放題プラン」

の2種類が用意されています。

ギガ放題プランを選択すればネットが使い放題になるため、スマホやPC、タブレットetc をよく利用する人にとってはコスパ高↑ 😀 なのが魅力。

しかし、月間データ使用量が「無制限」のギガ放題プランを使っていても、「速度制限」が適用される場合があります。

「ギガ放題プラン」と「通常プラン」の速度制限内容

ギガ放題プランは「3日間で10GB」を超えると、一時的な「通信速度制限」にかかります。

ギガ放題プランの速度制限

実は、2017年1月までは、ギガ放題プランで「3日間で3GB」を使用してしまうと「通信速度制限」が適用されていました。

その後、2017年2月からは速度制限の内容が緩和され、「3日間で10GB」を超えた場合に速度制限が適用されるという内容に変更されました。

ギガ放題プランで速度制限にかかると、通信速度は「1Mbps」に制限されてしまいます。

1Mbps=1000kbpsで、一般的なスマホでの速度制限(128kbps)と比較すると制限中もカナリ早いと言えます。

通常プランの速度制限

一方の通常プランは、もともと「月間7GB」の上限が設けられています。

その月の使用量が7GBを超えてしまうと、月末まで通信速度が「128Kbps」になってしまいます。

128kbpsという速度はdocomoやSoftBank、auなどの大手携帯キャリアの制限速度と同じ。

シンプルなWebページの読み込みもモッサリ・・・  😈 😈 😈 な速度は誰もが経験アリだと思います。

3日で10GBは8時間のみ!

無制限プランの「3日間で10GB」の制限ですが、対象となる期間はおよそ「8時間」(夜間のみ!)となっています。

これはギガ放題の大きな強みの1つ。

プロバイダのホームページにも注意記載されていますが、3日間で10GBを超えた場合、「翌日18時頃~翌々日2時頃」まで1Mbpsの速度制限となっています。

そのため、たとえ速度制限にかかっても8時間経過後は速度が復活し、再び高速通信が可能となります。
通常プランのように、「月末まで」遅い通信速度を我慢する必要はありません

 制限緩和前制限緩和後(現在)
速度制限が
適用される
データ量
3日間で3GB3日間で10GB
制限期間24時間制限混雑時間帯のみ
8時間制限
翌日18時頃~翌々日2時頃
制限後の
最大通信速度
YouTube動画の場合
標準画質で視聴可能
1Mbps

1MbpsはYouTube(標準画質)が止まらず読み込み・再生できる速度。

10GBってどのくらい?

「3日間で10GB」という制限ですが、「10GB」とは実際どのくらいインターネットを使用すると達するものなのでしょうか。

Broad WiMAXのホームページでは、パソコンでYouTubeを視聴する場合、10GBで視聴できる回数を以下のように紹介しています。

画質データ量/5分間10GBで視聴できる回数
超高画質約113MB約88回(約7時間)
高画質(HD)約60MB約166回(約13時間)
標準画質(SD)約17.5MB約570回(約47時間)
低画質約10MB約1,000回(約87時間)

スマホでYouTubeで見る場合だと標準画質で見ている人がほとんどかと思いますので、1日約15時間以上YouTube視聴をした場合3日で10GBを超えることになります。

・・・3日で10GBはかなりの容量だという事ですね 😯  😯  😯 

実は3日で10GBの制限中も1Mbps(1000Kbps)の速度が出る!

ギガ放題プランであれば、「3日間10GB」の制限にかかっても、最大通信速度「1Mbps」となっているので、通常プランの「128Kbps」と比べると、非常に速い速度が出ます

1Mbps程の速度が出れば、標準画質の動画はサクサク視聴することが可能です。
そのため、速度制限でストレスが溜まるということもあまりありません。

「3日で10GB」の制限にかかってもストレスなくネット接続ができるポケットWiFiを使いたい方は、「Broad WiMAX」に乗り換えることをおすすめします。

ポケットWiFi,Broad WiMAX

Broad WiMAXは、乗り換え時にかかる「解約違約金」を負担してくれるサービスを提供しているため、気軽に乗り換えすることが可能です。
また、月額料金も業界最安級で、お得にインターネットを楽しむことができます。

Broad WiMAXが気になる方は、お試し期間を利用して、ご自身に適したプロバイダか確かめることもできます。
  無制限ポケットWifi(WiMAX)を無料で15日間レンタルする裏技とは?

速度制限を回避する3つの方法

ギガ放題は通信制限中も1Mbpsの速度が出るという強みはあります。

が、出来ることなら、速度を回避してポケットWiFiを利用したいものですよね。
ここでは、速度制限を回避する方法をご紹介します。

ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター端末)でデータ量を確認する

まず意識しておきたいのが、自分が使用しているデータ量を把握しておくことです。
現在までに使用したデータ量を定期的に確認しておくことで、使いすぎを抑制することができます。

WiMAXプロバイダで使用できる端末では、設定することで、ディスプレイ上にこれまで使用しているデータ量をカンタンに表示することが可能です。
最新機種「W05」でディスプレイにデータ量を表示する方法は、以下のようになっています。

【W05のデータ量確認方法】

  1. ホーム画面トップから、画面を左にスライドする
  2. 「通信量カウンター」をタップする
  3. 「ホーム画面表示設定」項目の「一つ下の枠」をタップする
    ※初期値は「1ヶ月」に設定されています
  4. ホーム画面表示設定の画面が表示されるので、「1ヶ月」か「3日」どちらかをタップする

例えば、「3日」を選択すれば、端末のトップ画面で「直近3日間の使用データ量」を確認することができるようになります。

固定回線と合わせて使う

もし、ポケットWiFiとは別に、自宅で固定回線を使用している場合は、固定回線とポケットWiFiを併用することで通信制限を回避することができます。

当然といえば当然ですが、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスの場合、一度つないだWiFiは手動で変更するまで同じ回線に接続していることが多々あります。

自宅では自宅のWiFiに切り替えるという地味な作業一つで、WiMAXの通信制限をかなり回避できます。

au 4G/LTE(ハイスピードエリアプラスモード)の利用を控える

WiMAXプロバイダのポケットWiFiを利用するうえで気を付けておきたいポイントが、「ハイスピードエリアプラスエリアモード」の利用を控えることです。

 ハイスピードエリアプラスモードとは?

ハイスピードエリアプラスモードとは、使用する回線を「WiMAX回線」から「au 4G/LTE回線」に変更することで、WiMAX回線では通信が安定しない場所でも、高速で安定した通信を可能にする機能のことです。

WiMAX回線とLTE回線

ポケットWiFiが通信を行う時に使用する回線には、WiMAX回線LTE回線の2種類があります。

WiMAX回線は、もともと「データ通信用回線」として作られました。
そのため、LTE回線よりも速い通信速度が出ます
一方、場所によっては通信が安定しないという特徴を持っています。

LTE回線は、WiMAX回線よりも速度は遅くなりますが、常に通信状態が安定しているという特徴があります。

使用可能エリア自体はどちらもほぼ互角と言えます↓

【WiMAX回線の利用可能エリア(大阪府付近)】

WiMAX回線,利用可能エリア

【au 4G/LTE回線の利用可能エリア(大阪府付近)】

au 4G/LTE回線,利用可能エリア

ハイスピードエリアプラスモードはLTE回線を利用する

WiMAX端末は、通常「WiMAX2+回線」を使用しています。
WiMAX回線が安定しない場合にauLTE回線の「ハイスピードエリアプラスモード」に切り替えることで、通信を安定させることが可能になります。

いわばWiMAXポケットwifiの必殺技的な機能ですね。

しかし必殺技の使用には限度があるという事がWiMAX最大のネックとなっています↓

7GB制限に注意

「数日経過しても速度制限が解除されない!?」という時は、10GBでなく7GB制限にかかっている可能性が大きいです。

非常に便利なハイスピードエリアプラスモードですが、このモードを利用すると、たとえギガ放題プランでも月間データ量が「7GB」に制限され、速度が回復しません

つまり、ハイスピードエリアプラスモードを利用した時点で、ギガ放題プランは「無制限」ではなくなってしまいます

速度制限を回避するためには、出来るだけハイスピードエリアプラスモードを使うことを避け、WiMAX回線が良好なエリアでポケットWiFiを使用することがポイントとなります。

LTE回線のほうが相性が良い場合は「NEXT mobile」や「Y!mobile」がおすすめ!

もし、WiMAX回線よりもLTE回線を利用するポケットWiFiの方が自分に合っているという場合は、「NEXT mobile」「Y!mobile」をおすすめします。

両者はともに、ソフトバンクの「LTE回線」を利用してネット接続を行うため、安定した通信が可能になります。

【ソフトバンク LTE回線の利用可能エリア(大阪府付近)】

Softbank LTE回線,利用可能エリア

NEXT mobileについて詳しくはNEXT mobileを使ってみた口コミ評価!通信速度の制限はどう?、Y!mobileはソフトバンク無制限ポケットWifiのワイ(y)モバイル口コミ評判とは?をご覧ください。

WiMAX2+には速度制限が回避できる時間帯がある!

ギガ放題プランで「3日間で10GB」を超えてしまった場合でも、速度制限にかからない時間帯があります。

速度制限が実施されるのは、上限をオーバーした「翌日18時頃~翌々日2時頃」となっています。
それ以外の時間帯に通信速度が遅くなることは無く、通常通りネット接続することができます。

ポケットWiFi,WiMAX回線速度制限

※Broad WiMAXのサイトより引用

速度制限以外にWiMAXの通信速度が遅い・圏外になる原因

「速度制限にかかっていないはずなのに、通信速度が遅くなる・圏外になってしまう」という経験をしたことありませんか?

WiMAXのポケットWiFiが低速化・圏外になってしまう原因は、速度制限以外にも以下のようなものが挙げられます。

  1. 利用可能エリアの外にいる
  2. 電波の届きにくい場所に端末を設置している
  3. 複数台数を接続している
  4. 他の電波が干渉している

WiMAX回線の利用可能エリア外で端末を使用していたりすると、たとえ通信制限にかかっていなくても、電波が安定しないので注意です。
事前にWiMAX回線の利用可能エリアを確認しておくと良いです。

また、一つのWiFi端末に複数のデバイスを接続していることで、通信状態が悪くなってしまったり、カフェなどの周りにWiFi端末がたくさんある環境で使用することで、「電波干渉」が起こってしまったりしていることも原因の一つと考えられます。

もし、「最近WiFiの接続状態が良くない」「頻繁に圏外になる」といった問題を抱えている場合には、「無制限ポケットWifi(WiMAX)の使い方と圏外で繋がらない時の対処法!」をご覧ください。

速度制限なしで使えるポケットWiFiはレンタルに存在した

速度制限にかかる心配がなく、思う存分ポケットWiFiを利用したいと考えている方は、レンタルポケットWiFiの利用を検討してみましょう。

レンタルポケットWiFiプロバイダの一つである「グローバルモバイル」は、「国内用ソフトバンク回線ポケットWiFi」を提供しています。
このポケットWiFiなら、「3日で10GB」の通信制限をプロバイダ側が解除してくれるため、実質「完全無制限」でポケットWiFiを使うことが可能です。

 「ソフトバンクポケットWifiのレンタル月額料金が安い業者ランキング!」

格安SIMの『カウントフリー』を使うのも1つの手

カウントフリーデータ(容量)をカウントしないこと

つまり、カウントフリーの対象コンテンツ(アプリ)であればデータを気にせず使い放題になるということです。

「いつも特定のアプリの使いすぎで速度制限に・・ 😥 」という人は、格安SIMのカウントフリーを合わせて使えば無敵。

【カウントフリーのある格安SIM】

などに乗り換えすれば、よく使うアプリをデータカウント0GB(使い放題)で利用できてお得ですね。

まとめ

今回は、WiMAXプロバイダポケットWiFiの速度制限について解説してきました。
当記事で紹介した速度制限を回避するためのポイントを意識し、快適にポケットWiFiを利用していきましょう。

最後に、現在人気の高いプロバイダ3社をご紹介します。

POINT!
  1. 他社乗り換えの際に、解約違約金負担サービスあり!
  2. 端末到着後「8日以内」であれば「解約金無料」!実際に使えるか試すことができる!
  3. 「Web申込+オプション初回加入」で「初期費用18,857円割引」&「端末代金無料」!
POINT!
  1. 申し込み後「20日以内」なら無料で契約キャンセル可能!お試し期間あり!
  2. 最大39,450円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
  3. 「端末代金」「専用クレードル」「送料」がすべて無料!
POINT!
  1. 月額料金は業界最安値の「1,380円~」
  2. 「端末代金無料」&「月額料金割引」で「総額最大55,176円」もお得!
  3. 「 下り最大速度758Mbpsの端末「W05」を利用可能!

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

1件のコメント

  • 111

    撤廃はされないだろ

コメントを残す