GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題プランの評判とメリットデメリット!

この記事は約 15 分で読むことができます。

GMOとくとくBBキャッシュバックが高額実質料金が安いことが魅力!でも悪い口コミや評判で溢れていることも事実?!今回はGMOとくとくBBで損をしないための注意点を紹介。キャッシュバックやサポート問い合わせのコツをまとめました。

GMOとくとくBBってどんな会社?

GMOとくとくBB申し込み

ポケットWiFiを提供するプロバイダの一つに「GMOとくとくBB」があります。
高額のキャッシュバックが売りのプロバイダですが、このGMOとくとくBBの「悪評」を目にした方もいるのではないでしょうか。

結論から言って、GMOとくとくBB決して信頼できない会社ではありません。

GMOとくとくBBを運営するのは、インターネット関連事業を行う大手企業「GMOインターネット株式会社」です。
ネット事業大手としてセキュリティ対策も万全で、安心・信頼できるプロバイダと言うことができます。

GMOとくとくBBのポケットWiFi

GMOとくとくBBのポケットWiFi(モバイルWiFiルータ)には通常プラン(7GB)とギガ放題の2種類があります。

  通常プラン ギガ放題プラン
月額料金 「1ヶ月目~2ヶ月目」
3,609円/月
「25ヶ月目以降」
3,609円/月
「1ヶ月目~2ヶ月目」
3,609円/月
「3ヶ月目~24ヶ月目」
4,263円/月
「25ヶ月目以降」
4,263円/月

GMOとくとくBBでは、最初の2ヶ月目まで月額3,609円で利用することができます。
この金額は、他のWiMAXプロバイダと比べて少し高めですが、高額なキャッシュバック特典を受け取ることで、実質料金が最安になるというのが、とくとくBBのメリットです。

GMOとくとくBBの口コミ・評判

GMOとくとくBBを実際に利用している人の口コミ評判はどう???」

と気になる人は多いと思います。
ここでは、実際のGMOとくとくBBユーザの「良い評判」「悪い評判」それぞれまとめていきます。

GMOとくとくBBの良い口コミ・評判

まずはGMOとくとくBB良い評判・口コミを見ていきましょう。

GMOとくとくBBの好評の代表例としては、「実質料金が安い」ことが挙げられます。

キャッシュバック特典をしっかり受け取った場合、「実質料金」は他のポケットWiFiプロバイダよりも安くなります

もう一つ、GMOとくとくBBを利用している人が挙げる「良い点」は、「通信速度が速く、安定している」という点です。

インターネット回線を利用するとき、しっかりとした通信スピードが出ていることが非常に重要です。
通信速度が遅いと、動画の視聴やマップ検索で遅延が発生したりしてしまい、ストレスが溜まります

GMOとくとくBBでは、高速な通信速度が実現しているので、ストレスにかかることなくインターネットを利用することが可能です。

→公式サイトで確認する

GMOとくとくBBの悪い口コミ・評判

次に、GMOとくとくBB悪い評判・口コミを見ていきましょう。

GMOとくとくBBの悪い口コミとして多いのが、「キャッシュバックの受け取りが難しい」「電話サポートが繋がりにくい」という点です。

GMOとくとくBBの魅力は、高額のキャッシュバック特典ですが、キャッシュバックを受け取るまでの流れが難しかったり、キャッシュバック受け取り可能になるまで「長い期間」が空いてしまったりするため、キャッシュバックを受け取れない・受け取ることを忘れてしまう人が多くいます。

問い合わせをするために「電話サポート」を利用した際、電話がなかなか繋がらない接続されないという問題もあるようです。

キャッシュバックの受け取りのコツを見る

GMOとくとくBBのポケットWiFiは一番安い

GMOとくとくBBのポケットWiFiの料金は、他のプロバイダと比べてどのくらい安いのでしょうか。
ここでは、GMOとくとくBBのポケットWiFiを、「Broad WiMAX」「Y!mobile」の2社と比較していきます。

  GMOとくとくBB
(ギガ放題プラン:LTEオプション無料プラン)
Broad WiMAX
(ギガ放題プラン)
Y!mobile
(ポケットWiFiプラン2-さんねん)
キャッシュバックの
有無
有り 無し 無し 
キャッシュバック
適用前・適用時の
月額料金
利用端末が「W05」の場合
【キャッシュバック適用前】
「1ヶ月目~2ヶ月目」
3,609円/月
「3ヶ月目~」
4,263円/月
【キャッシュバック適用時】
実質3,129円/月
(112,660円÷36ヶ月)
「1ヶ月目~2ヶ月目」
2,726円/月
「3ヶ月目~24ヶ月目」
3,411円/月
「25ヶ月目~」
4,011円
3,696円/月
3年間の
実質金額合計
112,660円
キャッシュバック額39,500円の場合
(152,160円-39,500円=112,660円)
134,078円 133,056円

Broad WiMAXとY!mobileのポケットWiFiには、そもそもキャッシュバックが用意されていません。
一方、GMOとくとくBBは、高額なキャッシュバックキャンペーンを提供しています。

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は、利用する端末や選ぶプランによって異なってきます。

【端末機種】W05
2年 31,300円
2年(クレードル) 28,300円
LTEオプション無料プラン(3年) 39,500円
LTEオプション無料プラン(3年)
(クレードルセット)
36,000円
【端末機種】WX04
2年
2年(クレードル)
LTEオプション無料プラン(3年) 39,500円
LTEオプション無料プラン(3年)
(クレードルセット)
36,000円
【端末機種】W04
2年 33,100円
2年(クレードル) 30,100円
LTEオプション無料プラン(3年) 33,600円
LTEオプション無料プラン(3年)
(クレードルセット)
30,600円

GMOとくとくBBの「LTEオプション無料プラン(3年)」を契約した場合、3年間で「152,160円」かかります。

ただし、キャッシュバック額「39,500円」を受け取った場合、実質金額は112,660円となり3社の中で最安値になることが分かります。

大手キャリアのポケットwifiとWimaxの料金比較については関連記事を参考にしてください↓

 au/ソフトバンク/ドコモポケットWifiで月額料金と機能の違いを比較!

GMOとくとくBBで損をしないコツ

ここでは、GMOとくとくBBでポケットWiFiを利用する際に、損をしないために気を付けるべきポイントについて解説していきます。

事前に対策・注意しておけば、より便利にGMOとくとくBBを利用することができるので、是非チェックしてみてください。

GMOとくとくBBを利用する際に気を付けたいポイント

 サポートにはメールで問い合わせる!

 キャッシュバック手続きを忘れない!

 解約は20日以内に!

 BBnaviメールの広告受け取りはOFFに!

 サポートにはメールで問い合わせる!

GMOとくとくBBの悪い評判の一つに、「サポート窓口への電話が繋がりにくい」というものがあります。

もし、何か困ったことや、疑問に思ったことがあり、サポートセンターに確認したい場合には、電話ではなく「メール」で問い合わせするようにしましょう。

GMOとくとくBBのメール対応は、比較的早くて便利です。

Twitter上でも、メール対応についての口コミがあったので、以下に引用させていただきます。

 キャッシュバック手続きを忘れない!

GMOとくとくBBの最大の魅力は、非常に高額な「キャッシュバック特典」です。
キャッシュバックを受け取ることで、他のポケットWiFiプロバイダよりも、実質料金を安く抑えることが可能です。

ただし、キャッシュバックの受け取りを忘れてしまう人が多くいます。
なぜなら、キャッシュバック特典に関する「重要メール」が、モバイルWiFiルーター端末の発送月から「11ヶ月目」に届くようになっているためです。

およそ契約から1年後にキャッシュバック特典に関するメールが送信されてくるため、そもそもキャッシュバック特典について忘れてしまっている方も多くいます。

そのため、忘れずに「キャッシュバック特典に関するメール」を受け取り、確認する必要があります。

キャッシュバックの受け取り忘れを防ぐためのポイント

 11ヶ月目をマークしておく

 キャッシュバック手続きのメールを見逃さない

とにかくキャッシュバック特典に関するメールを見逃さないことが大切なので、注意しておきましょう。
詳細は、「キャッシュバック受け取り方法」の部分で解説します。

 解約は20日以内に!

GMOとくとくBBに限らず、ポケットWiFiを利用する際に注意したいのが、「解約」です。
ポケットWiFiを解約すると、一般的に高額な「解約違約金」が請求されてしまいます

ただし、GMOとくとくBBの場合、申し込みから「20日以内」であれば、解約違約金を全額負担してくれるサービスが提供されています。
このサービスを利用すれば、高額な解約金を支払う必要がありません。

解約違約金負担サービス

ポケットWiFiを契約する前に、各プロバイダのホームページより「利用可能エリア」を確認することができます。
しっかり利用可能エリアに入っていれば、通常は、問題なくポケットWiFiを使用することができます。

しかし、住居の構造や周辺の建物の立地条件などによって、電波がうまく繋がらず、利用可能エリアなのにポケットWiFiを利用することができない場合があります。
このようなケースで「解約違約金負担サービス」を利用することになります。

 解約違約金負担サービスの注意点

GMOとくとくBBで「解約違約金全額負担サービス」を利用する場合には、事前に自分が住むエリア・ポケットWiFiの利用を検討している場所において、電波がしっかり通っているのかを確認しておく必要があります

もともと「利用可能エリア外」であるにもかかわらず、ポケットWiFiを契約してしまった場合には、解約違約金負担サービスを申請しても断られてしまいます

契約前に、GMOとくとくBBのホームページで、利用可能エリア判定を確認しておくようにしましょう。

 GMOとくとくBBの利用可能エリア

解約違約金の比較

ここで、GMOとくとくBBBroad WiMAXY!mobileそれぞれで3年契約したとき、半年で解約した場合の解約違約金は以下のようになっています。

  GMOとくとくBB Broad WiMAX Y!mobile
解約違約金
(6ヶ月で解約)
24,800円 19,000円 9,500円

上記の表からも分かる通り、GMOとくとくBBの解約違約金は非常に高額です。
「契約してみたら電波が通らなかった」などが原因で解約を検討している方は、「20日以内」に解約申請を行い、解約違約金負担サービスを利用することをおすすめします。

 BBnaviメールの広告受け取りはOFFに!

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取り忘れてしまう原因の一つが、たくさんの広告メールが届いてしまい、キャッシュバック特典に関するメールが、広告メールに埋もれてしまうことです。

GMOとくとくBBには、「BBnavi」という、オンラインで様々な手続きを行える会員専用ページが用意されています。
キャッシュバックについてのメールが広告メールに埋もれてしまわないように、BBnaviの加入手続きの段階で、メール受け取り設定を変更しておきましょう。

 メール受信設定変更の流れ

①BBnavi申込時、「お客様情報入力」を確認

「メール受信設定」

「GMOとくとくポイントからのお知らせメールを受け取る」チェックを外す

上記の流れで、受信メールの設定を行うことで、広告メールの数を減らすことができるため、キャッシュバック特典に関するメールを見逃してしまう可能性を下げることができます。

ちなみに、「GMOとくとくポイントからのお知らせメールを受け取る」のチェックを外しても、キャッシュバックのメールは受け取ることができるので、問題ありません。

→GMOの公式ページで現在のキャッシュバックを見る

GMOとくとくBBのキャッシュバック受取方法

ここからは、GMOとくとくBBキャッシュバック特典を受け取る方法について解説していきます。
受け取り方法を事前に確認しておけば、実際の手続きをスムーズに進めることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシュバックを受け取るまでの流れは、「①会員サイトのメールをチェック→②振込口座の入力→③翌月キャッシュバックを受け取り完了」となります。

①会員サイトのメールをチェック

まずは、会員サイトに届く「キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認のご案内メール」をチェックし、返信しましょう。
返信した翌月末日(営業日)に、②で指定する振込口座宛に、キャッシュバック金額が振り込まれます。

キャッシュバックのご案内メールは、モバイルWiFiルーター端末の発送月を含む「11ヶ月目」に届きます。
11ヶ月目にメールが届くことを忘れないようにしましょう。
また、キャッシュバックの案内メールは、広告メールに埋もれがちなので、上記で説明した「受信メール設定」をして、広告メールの数をあらかじめ減らしておきましょう。

また、キャッシュバックの案内メールを、受信した翌月末までに返信をしなかった場合、キャッシュバックの受け取りが「無効」となってしまうため、注意が必要です。

②振込口座の入力

キャッシュバック額の振込口座を指定します。
案内メールを返信した翌月末日に、ここで入力した口座にキャッシュバックが振り込まれます。

③翌月キャッシュバックを受け取り完了

「キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認のご案内メール」に返信をした翌月に、キャッシュバックを受け取ることができます。

→公式サイトでプラン詳細を確認する

GMOとくとくBB申し込み

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB申し込み

  1. 最大39,450円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
  2. 申込後「20日以内」であれば、解約違約金が0円になるサービスあり!
  3. 「端末代金」「専用クレードル」「送料」がすべて無料!
通信スピード・データ量ともに満足しています!【30代男性】
通信スピードに関しては、キャリア通信に感じられた通信回線の混雑を感じることは無く、非常に高速でスムーズに行われているので、便利に活用させてもらっています。
データ量に関しても、僕は無制限プラン(ギガ放題プラン)に加入しているので、どんなにデータ通信を行っても問題ありませんし、通信やダウンロードに関しても、常に高速で行われています。
月額料金は、2000円程度とそれほど家計に負担のかかることがない料金設定で、満足しています。
キャッシュバック特典に関しては、25000円程度の金額をもらうことができ、総合的に計算すると、お得に利用できているのではないかと思います。
キャッシュバック特典でお得に使えます!【30代男性】
実際に「GMOとくとくBB WiMAX 2+」を使用してみて、通信スピードは3日で10GB制限にならなければ、10Mbpsから30Mbpsほどの実測値が計測されていたので、速度制限にならなければ大きな不満はなかったです。
またデータ量についてはギガ放題だったので、月の通信量は無制限で良かったです。
そして肝心の月額料金ですが、キャッシュバックを含めるとGMOとくとくBBが、一番お得にポケットWiFiを利用できたので、その点は満足です。
またキャンペーンは、端末代が0円であったのと、キャッシュバック額が高額だったので、非常に満足しています。
動画視聴もスムーズで速度に満足!【40代男性】
「GMOとくとくBB Wimax2+」の最大のウリは、キャッシュバックキャンペーンだと思います。
私がGMOとくとくBBを選んだ理由もこのキャッシュバックでしたし、他社と比べてもGMOとくとくBBが最も高額だと思います。
通信スピードは、他社と比較していないので何とも言えませんが、私の自宅で10m/bps程度の通信速度が出ています。
これだけの速度があると、フルHD高画質の動画視聴でもスムーズに見れますし、PCとスマホの二台でそれぞれ動画視聴してもカクつくことはなく、かなり余裕があるようです。
よほどヘビーな使い方をしない限り、速度制限にはならないですし気に入ってます。
データ量に関してですが、私はギガ放題に加入してるのでまったく気になりません。
月額料金はADSLより高いが光回線より安いという立ち位置です。
ただ通信速度もADSLより速いが光回線より遅いという感じなので、料金相応の速さだと納得して利用しています。

まとめ

ここまでGMOとくとくBBのポケットWiFiの概要や、メリット・デメリットなどについて説明してきました。

GMOとくとくBBには、高額なキャッシュバック特典が用意されており、無事にキャッシュバックを受け取ることができれば、他のポケットWiFiプロバイダよりも、実質料金を安く抑えることができると説明しました。

一方、GMOとくとくBBで酷評されている「電話サポートの遅さ」「キャッシュバック手続きの問題」に関しても、今回解説した対策をとることで、解決することができます。

GMOとくとくBBのポケットWiFiの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

→公式サイトを確認する

 無制限ポケットWifiのWiMAXとLTEの違いとは?徹底比較2018年版!

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す