iOS14のアップデートで起こる不具合は?注意点と不具合も解説

iOS14にアップデートするおすすめのタイミング

ここまではiOS14や14.1にて起こっている不具合、そういった不具合に対する対処法をご紹介してきましたが、できることならアップデートによる不具合を事前に回避したいところです。そのためにはやはり、最新のiOSが実装されてからすぐにはアップデートを行わないことが有効な手段となります。しかし、iOSの新しいバージョンがあると通知がされることもあり、通知に従ってアップデートを実行してしまうケースも少なくありません。自分の中でアップデートを行うタイミングや基準のようなものを決めておくと、アップデートによる不具合に見舞われる事態の軽減に繋がります。アップデートをするおすすめのタイミングをご紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

普段使っているアプリが対応してから

アップデートによりよく使っているアプリが使えなくなったり、誤作動や強制終了が起こったりする事態は避けたいですよね。こういった不具合の報告がある場合や、常用しているアプリがiOS14に対応しているかが怪しい場合は、改善や対応を待ってからアップデートを行うと確実です。

リリースから1〜2ヶ月が目安

最新のiOSが実装された直後は、当然ながらアップデートによる不具合等が出やすい時期となっています。不具合が確認され、かつ改善されるまでできれば1か月以上の期間をあけてからアップデートをするのが理想と言えるでしょう。

まとめ

本記事では、iOS14や14.1で確認されている不具合、不具合への対処法、アップデート時の注意点と時期の目安をご紹介しました。アップデートでは新しい機能の追加やUIの変化によりiPhoneがさらに使いやすくなる半面、不具合によりアプリ等の利用が困難になるデメリットが潜んでいます。こういったデメリットにも目を向けて日ごろからバックアップを取っておくなどの対策をし、万が一のトラブルに備えましょう。