iOS

iOS16はいつリリースされる?対応機種と予想される新機能を紹介!

2022年にリリースされるのではと話題のiOS16ですが、リリースされるのはいつなのでしょうか。

今回はiOS16はいつリリースされるのか、解説していきます。また、対応機種や予想される新機能も紹介するので、iPhoneユーザーは是非参考にしてみてください。

iOS16はいつリリースされる?

では、iOS16のリリースはいつなのでしょうか。

iOS16のリリースはいつなのか、リリース日の予想を紹介していきます。

【iOS16】iPhone・iPadの対応機種は?

iOS16について紹介してきましたが、iOS16に対応していない機種も出てきてしまっています。

ということで、iOS16のiPhoneの対応機種・iPadの対応機種も紹介していきます。もし紹介した対応機種に自分のiPhoneがない場合は、買い替えを検討しましょう。

iPhoneの対応機種

iPhoneのiOS16の対応機種を紹介していきます。対応機種は以下の通りです。

  • iPhone14
  • iPhone14 Plus
  • iPhone14 Pro
  • iPhone14 Pro Max
  • iPhone13
  • iPhone13 mini
  • iPhone13 Pro
  • iPhone13 Pro Max
  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhone SE 2
  • iPhone SE 3

こちらで紹介したiPhoneにない場合は、iOS16にアップデートすることができません。iOS15では対応していた、iPhone7・iPhone6s・iPhone6s Plus・iPhone SE 1は対応していないので、注意しましょう。

また、iOS16は大幅なアップデートが行われるため、対応機種でも比較的古い機種は動作が重いなどの不具合が発生してしまうことがあります。気になる場合は買い替えを検討してみましょう。

iPadの対応機種

iPadのiOS16の対応機種を紹介していきます。対応機種は以下の通りです。

  • iPad mini(第6世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第5世代)
  • iPad Air (第5世代)
  • iPad mini(第6世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
  • iPad Pro 11インチ(第3世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第2世代)
  • iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第1世代)
  • iPad Pro 11インチ(第1世代)
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad(第9世代)
  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)

こちらで紹介したiPadにない場合は、iOS16にアップデートすることができません。

iPhone同様、iOS16は大幅なアップデートが行われるため、対応機種でも比較的古い機種は動作が重いなどの不具合が発生してしまうことがあります。気になる場合は買い替えを検討してみましょう。

iOS16で予想される新機能を紹介!

iOS16で予想されている新機能とは一体なんなのでしょうか。

iOS16で予想されている新機能は、新たなホーム画面とロック画面・写真の新機能・iCloudの写真共有が便利に・ヘルスケアに新たな機能・テキスト認識が動画でも可能に・メッセージ送信後の編集・マップの進化・通知機能の進化・音声入力の進化・集中モードのアップデートがあります。

それぞれ解説していきます。

【新機能①】新たなホーム画面とロック画面

まずは、新たなホーム画面とロック画面です。

iOS16ではホーム画面とロック画面が新しくなりました。

ホーム画面ではホームアプリが再設計され、スマートホームの設定を簡単にすることができます。ロック画面ではカスタマイズ度が増して、ウィジェクトを追加したりデザインやフォントを変えて自由にカスタマイズすることができます。

iOS16の大幅なアップデートということもあり、期待されている新機能です。

【新機能②】写真の新機能

続いて、写真の新機能です。

iOS16では写真に新機能が追加されました。

写真では画像から対象物を取り出すことができる新機能や、背景を削除したりできるようになりました。取り出すことができる対象は、写真やスクショ、ネットから拾った画像でも可能です。

【新機能③】iCloudの写真共有が便利に

続いて、iCloudの写真共有が便利になるということです。

iOS16ではiCloudの写真共有が便利になりました。

iCloudでは共有ライブラリを利用することで、カメラで撮った写真をすぐに共有できたり、共有したい人が近くにいた場合自動で写真共有を選べるほか、共有ライブラリのメンバーで自由に編集・追加・削除することができます。

【新機能④】ヘルスケアに新たな機能

続いて、ヘルスケアに新たな機能が追加されるということです。

iOS16ではヘルスケアに新たな機能が追加されました。

ヘルスケアでは服用している薬を管理できたり、リマインダー機能で薬の飲み忘れを防いでくれることや、ヘルスケアに登録している内容を共有できたりします。

【新機能⑤】テキスト認識が動画でも可能に

続いて、テキスト認識が動画でも可能になるということです。

iOS16ではテキスト認識が動画でも可能になりました。

画像のテキストを認識する機能であるOCR機能が、動画でも対応されます。iOS15では日本語の認識ができませんでしたが、iOS16では日本語の認識ができるようになりました。

【新機能⑥】メッセージの送信後の編集

続いて、メッセージ送信後の編集ができるということです。

iOS16ではメッセージの送信後の編集ができるようになりました。

メッセージを送った後15分以内であればメッセージの編集ができ、送った後2分以内であれば送信を取り消しできるようになりました。メッセージを未開封にする機能や、SherePlayで動画見ながらメッセージを利用できたりします。

【新機能⑦】マップの進化

続いて、マップの進化です。

iOS16ではマップが進化しました。

マップでは複数の経由地を追加することができるようになり、1度の設定で行きたいところを全て設定することが可能です。交通系ICの残高をマップで確認できたり、実際にかかる交通費も確認することができます。

【新機能⑧】ウォレットの進化

続いて、ウォレットの進化です。

iOS16ではウォレットが進化しました。

ウォレットでは注文の追跡をすることができるようになったり、Apple Payで注文した追跡可能な商品はすべて発送状況を確認することができます。日本では対象外ですが、Apple Pay 後払いサービスも追加されました。

【新機能⑨】音声入力の進化

続いて、音声入力の進化です。

iOS16では音声入力が進化しました。

音声入力でも句読点・疑問符や絵文字を入力できるようになり、話す通りに句読点・疑問符を入力してくれたり、「○○の絵文字」と話すことで絵文字の入力もしてくれるようになります。また、音声入力とキーボードを一緒に使って利用することができます。

【新機能⑩】集中モードのアップデート

続いて、集中モードのアップデートということです。

iOS16では集中モードの機能がアップデートされました。

集中モードでは受け取りたい通知だけ選ぶことができたり、フィルタを使うことで気になるコンテンツを隠すことができます。ロック画面と集中モードを連携させることもできます。

iOSのアップデート方法は?

iOS16が登場したときに、アップデートできるようにアップデート方法を紹介していきます。

アップデート方法は、バックアップをとる・WiFiや充電などの環境を整える・手動または自動でアップデートするという方法です。

それぞれ解説していきます。

バックアップをとる

まずは、バックアップをとるということです。

iOSのアップデート前に、万が一データが消えてしまったとき用にバックアップを取っておきましょう。バックアップを取る方法は、iCloudでバックアップを取る方法・iTunes(PC)でバックアップを取る方法があります。

バックアップを取る方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

WiFiや充電などの環境を整える

続いて、WiFiや充電などの環境を整えるということです。

iOSのアップデートは、長い時間がかかる場合があります。途中でインターネット接続が切れたり、充電が切れたりしたらアップデートできなくなるので、WiFiや充電などの環境を整えましょう。

手動または自動でアップデートする

続いて、手動または自動でアップデートしましょう。

手動でアップデートする方法は、設定→一般→ソフトフェア・アップデート→アップデートがある場合は表示→ダウンロードしてインストールでOKです。

自動でアップデートする方法は、設定→一般→ソフトウェア・アップデート→自動アップデート→iOSアップデートをダウンロードをオンでOKです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

iOS16は、6月のWWDCの開発者イベントで発表されベータ版がリリースされたことや、過去のリリース日から2022年の9月にリリースされるのではと予想されています。

iOS16では対応機種がiPhone8以降となっている他、iPhone SE 1が対象外となっているので、早めに買い替えをオススメします。

iOS16では様々な新機能が追加されるので、是非アップデートしてみましょう。