iOS 15、アプリ間の画像テキストがドラッグ&ドロップ可能に!

今年秋に公開される予定の「iOS 15」では、異なるアプリ間で画像やテキストをドラッグ&ドロップできる、コピペ機能が実装されるようになったと伝えられました。

iOS 15、アプリ間での画像やテキストがドラッグ&ドロップでコピペ可能に!

Apple社はこのほど公式サイトにて、次世代の「iOS 15」をプレビューしました。iOS 15は、今年秋の一般公開に先駆けて、開発者向けにベータ版が提供されています。

今回追加された機能は、iPhone上で異なるアプリ間において、画像やテキスト、ファイルなどをドラッグ&ドロップしてコピペすることができるという、大変便利な新機能です。

実際の動きをツイートで実演!

Apple製品レビューサイト「MacStories」の編集長、Federico Viticci氏は、この「iOS 15」の新機能をツイートで実演してみせています。

アプリ間のドラッグ&ドロップは、2017年からiPadで採用

異なるアプリ間のドラッグ&ドロップ機能は、2017年からiPadで利用できるようになっていました。

そしてApple社は「iOS 15」で、ついにiPhoneにもこの便利な機能を拡張しました。

アプリ間のドラッグ&ドロップは移動でなく「コピペ」!

アプリ間でのドラッグ&ドロップは、常にコンテンツの「移動」ではなくコピーになり、一般的言う「コピペ」機能になります。

ドラッグ&ドロップしたことによって、元データがそこからなくなる仕様ではありません。

iOS 15でドラッグ・アンド・ドロップを行う方法

「iOS 15」でドラッグ・アンド・ドロップを行うには、画像・テキスト・ファイルを長押しし、その指を離さずに2本目の指でアプリからスワイプして目的のアプリを開きます。

その後、画像・テキスト・ファイル手放すと、開いた別のアプリ先にドロップされます。

iOS 15でのドラッグ・アンド・ドロップは視覚的にわかりやすい!

コンテンツを長押しすると、コンテンツが指にくっついて浮き上がってくるように見えます。また、コンテンツをドラッグすると、視覚的効果によって、コンテンツのドロップ先の候補が表示されます。

iOS 15でのドラッグ・アンド・ドロップは「二本指」方式がやりやすい!