AppleIDやパスワードが合っているのに通らない原因と対処法とは

appleidやパスワードは合ってるのにログインできないときの原因や対処方法や、確認コードを使ってのログイン方法、2ファクタ認証を使ってのログイン方法を解説していきますので、ログインできないという問題が発生したら参考にしてみてください。

 

AppleIDのパスワード合っているのにはじかれる原因

iPhoneなどのapple製品を購入すると、必ずappleidとパスワードを設定します。このappleidとパスワードは、アプリをインストールするときに必要だったり、音楽を購入するとき、そして自分のデータ通信量を確認するときにappleidとパスワードは必要になります。appleidとパスワードは忘れないでください。まれにappleidとパスワードが合ってるのにログインできないことがあります。

appleidやパスワードはきちんと確認

なぜappleidとパスワードが合ってるのにログインできないのでしょうか。appleidが間違っている、パスワードが間違っている、あるいはappleidは合っているのにパスワードが間違っているなど、様々な原因が考えられます。appleidやパスワードが合ってるのにログインできないというときは、appleidやパスワードが間違ってないかよく確認してから他の原因を考えてみるのをおすすめします。

使おうとしているAppleID自体が違う

appleidとパスワードは合ってるのにログインできないときは、使おうとしているappleidやパスワードがそもそも違うところに使うappleidやパスワードという原因が考えられます。特にApple StoreとiCloudとで違うappleidとパスワードを使っている人は、多いミスと言えます。appleidとパスワードは合ってるのに、ログインできない人はそれがiCloudのものか確認しましょう。

それぞれ違うのを使っていたらメモして保管

安全にiPhoneを使うために、iCloudとApple Storeで違うappleidと、パスワードを使っている人もいます。iCloudとApple Storeとで使っているappleidとパスワードが違うという人は、iCloudのappleidとパスワード、Apple Storeのappleidとパスワードをそれぞれ分かりやすいようにメモをしておいて、他人の目に触れない場所に保管しておいてください。

パスワードの大文字小文字などが間違っている

appleidとパスワードが合ってるのにログインできない原因は、パスワードの大文字と小文字が間違っている可能性があります。正確に打ち込める方法として、コピーアンドペーストをする方法がありますが、この方法はパスワードを覚えられないので効果的ではありません。メモしたパスワードを正確に打ち込む方法のほうがパスワードを覚えやすくなりますし、忘れないように刻みつけておくことができるのでおすすめの方法です。

2ファクタ認証の確認コードが通らない

appleidとパスワードが合っているのにログインできない原因は、2ファクタ認証になっている可能性があります。2ファクタ認証とは確認コードという専用のコードによる認証のことで、これを設定しているとセキュリティがより強固になります。確認コードは電話番号で受け取るか、同じappleidでログインしているデバイスで受け取れるようになっているので、2ファクタ認証にしている人は確認コードで認証してください。

デバイスの一時的な不具合

デバイスの一時的な不具合で、appleidとパスワードが合っているにも関わらずログインできないことがあります。そのようなときは一度再起動してみてください。なんらかの不具合の原因がデバイス側に起きているときは、再起動をするとその不具合が直って、appleidとパスワードを打ち込めばログインができるようになることがあるので、appleidとパスワードが合ってるのにログインできないときは、試してください。

AppleIDの確認方法

appleidやパスワードが合っているはずなのにログインできないというときは、appleidを確認してみてください。しかし、自分のappleidをどのように確認すればいいのか、分からないという人はたくさんいます。自分のappleidの確認方法を紹介していきますので、appleidは分かるけど大文字か小文字かよく分かっていないという人は、打ち込むappleidが、正確かどうかを確認してみてください。

iCloudとStoreでのIDが違う場合があるので注意