iPhoneを完全初期化する方法!初期化できない原因や対処法も紹介

iPhone を譲渡・売却する時に必須のデータ消去(初期化)の簡単な方法を解説しています。パソコンなしでも iPhone のみで簡単にバックアップ+データ消去が可能!サインアウトやデータ消去できないときの解決方法もまとめています。

譲渡・売却時に iPhone のデータ消去が必要な理由

「新しく iPhone を購入する」「端末自体の状態が劣化してきた」などの理由で、これまで使用していた iPhone が不要になることがあります。
iPhone が不要になったら、「中古スマホ販売店に売却・オークションサイトに出品・下取りプログラムに出す・友人や家族に渡す」といった、端末の譲渡・売却を検討する方も多いのではないでしょうか。

iPhone を譲渡・売却する際には、必ず iPhone 端末内の「データ消去」を行うようにしてください
iPhone のデータ消去が必要な理由として、特に以下の2点が挙げられます。

  1. 個人情報(プライバシー)を保護するため
  2. 新しい使用者が端末を使えるようにするため

個人情報(プライバシー)を保護するため

iPhone 端末の中には、あなたの個人情報はもちろんのこと、電話番号メールアドレスといった、多くの人の「連絡先」がデータとして保存されています。

この個人情報を削除せずに譲渡・売却してしまえば、もしそれらが悪用された時に、多くの人に多大な迷惑をかけてしまうことになります。

個人情報保護の目的のためにも、 iPhone を譲渡・売却する前に、必ずデータ消去を行うようにしてください。

新しい使用者が端末を使えるようにするため

そもそも、あなたが譲渡・売却した端末にデータが残ったままでは、それを新しく使用する人にとっても非常に迷惑なことです。

自分には関係のない・知らない人の個人情報が入っている状態の場合、そのデータを自分で消去する作業が必要になります

また、データ消去をして「アクティベーションロック」OFFにしておかない、新しい使用者はその iPhone を使えない可能性があります。

アクティベーションロックとは?

iPhone などのデバイスを紛失したり、盗難されたりしても、第三者にデバイスを使われないよう保護する仕組みのこと。

相手に手間をかけさせないためにも、譲渡・売却する前に、データ消去が必要です。

家族内の譲渡もデータ消去が必要?

家族内で iPhone を譲渡し合う場合でも、データの消去は必ず行うようにしてください

いくら家族とはいえ、他人の個人情報が入った iPhone を渡すというのは、プライバシー保護の観点からあまり良くないです。

他人に迷惑をかけないためにも、必ずデータ消去するようにしてください。

今回の記事は、 iPhone を譲渡・売却する前に必須の「データ消去」をパソコンなしで行う方法について解説していきます。

初期化前のバックアップ&ペアリング解除&サインアウト【必須】

iPhone の譲渡・売却の前に、必ずしておくべきなのが「 iPhone のデータ消去(初期化)」です。

ここでは、 iPhone を初期化する前に確認・実行するべきことを解説していきます。

iPhone の初期化前にすべきこと!

 iPhone /iPadのデータをバックアップ

 Apple Watchのペアリングを解除

 iCloud ( AppleID ・ iTunes )からサインアウト

 LINE のトークデータをバックアップ【 LINE ユーザー】

 iPhone /iPadのデータをバックアップ

iPhone 内のデータを消去する前に、データを iCloud (パソコンを使う場合は iTunes )にバックアップしておきましょう。

バックアップしておくことは非常に重要で、もしバックアップし忘れると、新しい iPhone にこれまで使用していた端末のデータを復元することができなくなります

バックアップされるデータ内容

iPhone やiPadのデバイスのみでバックアップをする際には、「 iCloud 」を使用してバックアップを作成します。
iCloud では、WiFiが接続されていれば、いつでもパソコンなしでデータのバックアップが可能です。

iCloud でバックアップした場合、 iPhone やiPadに保存されているほとんどすべてのデータと設定情報がバックアップされます。
ただし、「すでに iCloud に保存されているデータ」や「Apple Payの情報・設定内容」「Touch IDの設定内容」「 iCloud ミュージックライブラリ/Apple Storeのコンテンツ」は、バックアップの対象ではないので注意です。

「 iCloud バックアップ」と「 iTunes バックアップ」の違い

 iCloud バックアップ

  • バックアップは iCloud に保管される
  • 最大2TB分のストレージを利用可能
  • バックアップは常に暗号化される
  • WiFiを使ってどこからでもバックアップを作成・使用できる

 iTunes バックアップ

  • バックアップをMac/Windowsのパソコンに保存する
  • 使用できるストレージは、Mac/Windowsパソコンの容量によって決まる
  • バックアップを暗号化できる(デフォルトでは暗号化無し)
  • Mac/Windowsパソコンでバックアップを作成・使用できる

バックアップ手順

ここでは、パソコンは使わず、デバイスのみで iCloud にバックアップを作成する手順を説明します。

iCloud バックアップ手順

① iPhone ・iPadをWiFiに接続する

 

②デバイスの「設定」→「ユーザー名」→「 iCloud 」をタップする

 

 

③「 iCloud バックアップ」をタップする

 

④「今すぐバックアップを作成」をタップする
※バックアップが完了するまで、WiFiは接続したままにしてください。

 

⑤「今すぐバックアップを作成」の下にある「作成日時」を見て、バックアップが完了したか確認する

iPhoneのバックアップについてもっと詳しく知りたい方は、「iPhoneへの機種変更時に行うデータ移行(バックアップ・復元方法)を徹底解説!」をご覧ください。

 Apple Watchのペアリングを解除

2件のコメント

  • なき

    iCloudからサインアウトしてないと、どうなるのでしょうか?

  • 名無し

    知らない人のiCloudのIDが入った状態でiPhoneを探すをoffにするとき、パスワードを入力しないといけませんが、なにもわかりません。一応idの持ち主には連絡できたのですが、idもパスワードもわからないと答えられました。パスワードを変更、リセットもできないのですが、何か方法はありませんか?
    場違いですみません。

コメントを残す




CAPTCHA